プジョー208アリュール シエロパッケージ(FF/6AT)

乗ったら、ぜったい好きになる 2015.12.03 試乗記 大がかりなマイナーチェンジを受けた「プジョー208」に試乗。1.2リッター直3エンジンにターボが付いた「アリュール」は、町なかを流しても、山道を飛ばしても楽しいプレミアムコンパクトに仕上がっていた。

1.2直3ターボ+トルコンATへ

プジョーのベストセラー、208が登場から3年半で大がかりなフェイスリフトを受けた。

一見してフロントグリル内のデザインが変わり、質感が向上した。これまでは失敗してベロ出しているみたいだったのが、今度は成功したと思う。文字通りのフェイスリフトである。

中身も大きく変わった。2015エンジン・オブ・ザ・イヤーに輝いた1.2リッターの3気筒ターボが搭載されたのだ。従来の1.2リッター3気筒を直噴に変え、ターボ化したもので、変速機も5段セミオートマからアイシン製の6段ATにアップグレードした。

このエンジンと変速機の組み合わせは「DS 3」にもこのほど搭載されたが、これで日本仕様のフツーの208はすべて3気筒エンジンになった。「206」のころから日本のプジョーはMT派にやさしいが、最廉価グレードの「208スタイル」(199万円)には、ポート噴射の自然吸気3気筒+5段MTモデルがこれまでどおり用意される。

今回試乗したのは、新型パワーユニットを積む上級グレード「アリュール シエロパッケージ」(256万円)である。

 

フェイスリフトで新デザインのフロントグリルを得た「プジョー208」。試乗車は上級グレードの「アリュール シエロパッケージ」(車両価格256万円)。


	フェイスリフトで新デザインのフロントグリルを得た「プジョー208」。試乗車は上級グレードの「アリュール シエロパッケージ」(車両価格256万円)。
1.2リッター直3エンジンは自然吸気からターボ付きへ(82ps→110ps)。JC08モード燃費は18.2km/リッター。
1.2リッター直3エンジンは自然吸気からターボ付きへ(82ps→110ps)。JC08モード燃費は18.2km/リッター。
テールランプも3DタイプのLED式に変わった。デザインのモチーフは「ライオンの爪跡」とか。
テールランプも3DタイプのLED式に変わった。デザインのモチーフは「ライオンの爪跡」とか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

208の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・アルテオン 2017.3.7 画像・写真 独フォルクスワーゲンは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型5ドアハッチバック車「アルテオン」を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る