プジョー208アリュール シエロパッケージ(FF/6AT)

乗ったら、ぜったい好きになる 2015.12.03 試乗記 大がかりなマイナーチェンジを受けた「プジョー208」に試乗。1.2リッター直3エンジンにターボが付いた「アリュール」は、町なかを流しても、山道を飛ばしても楽しいプレミアムコンパクトに仕上がっていた。

1.2直3ターボ+トルコンATへ

プジョーのベストセラー、208が登場から3年半で大がかりなフェイスリフトを受けた。

一見してフロントグリル内のデザインが変わり、質感が向上した。これまでは失敗してベロ出しているみたいだったのが、今度は成功したと思う。文字通りのフェイスリフトである。

中身も大きく変わった。2015エンジン・オブ・ザ・イヤーに輝いた1.2リッターの3気筒ターボが搭載されたのだ。従来の1.2リッター3気筒を直噴に変え、ターボ化したもので、変速機も5段セミオートマからアイシン製の6段ATにアップグレードした。

このエンジンと変速機の組み合わせは「DS 3」にもこのほど搭載されたが、これで日本仕様のフツーの208はすべて3気筒エンジンになった。「206」のころから日本のプジョーはMT派にやさしいが、最廉価グレードの「208スタイル」(199万円)には、ポート噴射の自然吸気3気筒+5段MTモデルがこれまでどおり用意される。

今回試乗したのは、新型パワーユニットを積む上級グレード「アリュール シエロパッケージ」(256万円)である。

 

フェイスリフトで新デザインのフロントグリルを得た「プジョー208」。試乗車は上級グレードの「アリュール シエロパッケージ」(車両価格256万円)。

1.2リッター直3エンジンは自然吸気からターボ付きへ(82ps→110ps)。JC08モード燃費は18.2km/リッター。
テールランプも3DタイプのLED式に変わった。デザインのモチーフは「ライオンの爪跡」とか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

208の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
ホームへ戻る