プジョー208アリュール シエロパッケージ(FF/6AT)

乗ったら、ぜったい好きになる 2015.12.03 試乗記 大がかりなマイナーチェンジを受けた「プジョー208」に試乗。1.2リッター直3エンジンにターボが付いた「アリュール」は、町なかを流しても、山道を飛ばしても楽しいプレミアムコンパクトに仕上がっていた。

1.2直3ターボ+トルコンATへ

プジョーのベストセラー、208が登場から3年半で大がかりなフェイスリフトを受けた。

一見してフロントグリル内のデザインが変わり、質感が向上した。これまでは失敗してベロ出しているみたいだったのが、今度は成功したと思う。文字通りのフェイスリフトである。

中身も大きく変わった。2015エンジン・オブ・ザ・イヤーに輝いた1.2リッターの3気筒ターボが搭載されたのだ。従来の1.2リッター3気筒を直噴に変え、ターボ化したもので、変速機も5段セミオートマからアイシン製の6段ATにアップグレードした。

このエンジンと変速機の組み合わせは「DS 3」にもこのほど搭載されたが、これで日本仕様のフツーの208はすべて3気筒エンジンになった。「206」のころから日本のプジョーはMT派にやさしいが、最廉価グレードの「208スタイル」(199万円)には、ポート噴射の自然吸気3気筒+5段MTモデルがこれまでどおり用意される。

今回試乗したのは、新型パワーユニットを積む上級グレード「アリュール シエロパッケージ」(256万円)である。

 

フェイスリフトで新デザインのフロントグリルを得た「プジョー208」。試乗車は上級グレードの「アリュール シエロパッケージ」(車両価格256万円)。


	フェイスリフトで新デザインのフロントグリルを得た「プジョー208」。試乗車は上級グレードの「アリュール シエロパッケージ」(車両価格256万円)。
1.2リッター直3エンジンは自然吸気からターボ付きへ(82ps→110ps)。JC08モード燃費は18.2km/リッター。
1.2リッター直3エンジンは自然吸気からターボ付きへ(82ps→110ps)。JC08モード燃費は18.2km/リッター。
テールランプも3DタイプのLED式に変わった。デザインのモチーフは「ライオンの爪跡」とか。
テールランプも3DタイプのLED式に変わった。デザインのモチーフは「ライオンの爪跡」とか。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

208の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る