ダイハツ・キャスト アクティバGターボ“SA II”(FF/CVT)

軽に対する認識が変わる 2015.12.04 試乗記 仕様やデザインの違いにより、「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」の3つのモデルを取りそろえる「ダイハツ・キャスト」。今回は、SUVライクなスタイリングが特徴のアクティバに試乗。ダイハツが誇る最新モデルの実力を確かめた。

【総評】ダイハツの“気合”を感じる……★★★★☆<4>

少子高齢化が進む一方で、軽自動車のニーズが高まっているということは、その顧客層はエントリーレベルや買い物ユーザーにはとどまらず、登録車からのダウンサイジングによる伸びも大きいということだ。とあらば、登録車のフィーリングを知る向きにとっても、違和感のない品質が確保できていなければ目を向けてもらえない。何より、乗ってナンボのあれこれはクルマの根源的な魅力ではないか――。

昨今のニューモデルをみるに、ダイハツはそういうクルマ作りにシフトしつつある。もちろん、運動性能をどうにか高めたいという思いは以前から抱いていたはずだ。しかし軽自動車はそれ以前にかなえなければならないもの――つまり、広さや安さといったところのプライオリティーが非常に高い。一方で、長年のライバルであるスズキのみならず、ホンダや日産、三菱が商品群を刷新し、各社が売れ筋をそろえることになり優劣が不鮮明化する中、利益率確保のためにも商品の差別化をどこに託すかは大きな課題になりつつある。

大胆な軽量化によって燃費と動力性能の両取りにリーチを掛けたスズキに対して、ダイハツはシャシーダイナミクスの向上による上質感の追求に注力している。そんな彼らの最新モデルとなるキャストは、主に意匠的なところで購入を考える方が多いと思われるクルマだ。が、他社銘柄に対して何が決定的に違うかといえば、それは間違いなく「走り」だ。ユーザーが「軽だから」と諦めていたことやさげすんでいたことも、メーカーの気合いかんでここまで変えられる。軽の認識を改めるに、店頭で試乗する価値が大いにある一台といえるだろう。

<編集部注>各項目の採点は5点(★★★★★)が満点です。

「キャスト」は、現行型「ムーヴ」のプラットフォームをベースに開発された、スペシャリティー系の軽乗用車である。
「キャスト」は、現行型「ムーヴ」のプラットフォームをベースに開発された、スペシャリティー系の軽乗用車である。
キャストには「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」の3種類のモデルが用意されている。今回は、SUVライクなスタイリングが特徴のアクティバに試乗した。
キャストには「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」の3種類のモデルが用意されている。今回は、SUVライクなスタイリングが特徴のアクティバに試乗した。
カラーバリエーションは「アクティバ」だけでも13種類と多彩。白のフィルムラッピングを用いたツートンカラー仕様も用意される。
カラーバリエーションは「アクティバ」だけでも13種類と多彩。白のフィルムラッピングを用いたツートンカラー仕様も用意される。
外観では、ボディー下部の樹脂ガーニッシュやサイドドアモールなどが「アクティバ」の特徴。専用デザインの前後バンパーには、大きなフォグランプが装備されている。
外観では、ボディー下部の樹脂ガーニッシュやサイドドアモールなどが「アクティバ」の特徴。専用デザインの前後バンパーには、大きなフォグランプが装備されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャスト アクティバの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る