第130回:大切なのは、想像力 「三菱コンセプトPX-MiEV II」試乗会で見た自動車の未来像

2011.11.17 エッセイ

第130回:大切なのは、想像力「三菱コンセプトPX-MiEV II」試乗会で見た自動車の未来像

三菱自動車が第42回東京モーターショーに出品するプラグインハイブリッド車の取材会が愛知県岡崎市のテストコースで行われた。


第130回:大切なのは、想像力−「三菱コンセプトPX-MiEV II」試乗会で見た自動車の未来像
こちらが、東京モーターショーに出展するプラグインハイブリッド車「コンセプトPX-MiEV II」。
第130回:大切なのは、想像力−「三菱コンセプトPX-MiEV II」試乗会で見た自動車の未来像
第130回:大切なのは、想像力−「三菱コンセプトPX-MiEV II」試乗会で見た自動車の未来像

概念には乗れないからアバターを用意

ちょっとややこしい試乗会だったのだ。東京モーターショーで披露される「コンセプトPX-MiEV II」に乗れるというので、愛知県岡崎市にある三菱自動車のテストコースを訪れた。でも、そこにあったのは見慣れた形の「アウトランダー」。どういうことか?

それは、PX-MiEV IIのアバターだったのだ。コンセプトカーというのは日本語に直訳すれば、概念車。概念に乗るのは無理でしょう。それで、開発中の技術をすでにクルマとしての骨格がある既存のクルマに載せ、動かすことができるようにしたというわけ。アウトランダーに乗っているようでも、実はPX-MiEV IIをテストしていることになる仕掛けである。乗る人間は、最大限に想像力を発揮しなければいけない。写真で見たコンセプトPX-MiEV IIの姿を思い浮かべつつ、心の目を開いて試乗したのだ。

三菱自動車といえば「i-MiEV」がまず頭に浮かぶほど、最近はEVのイメージが強い。日産と並び、電気自動車技術で先行していることは広く知られている。それで忘れていたのだが、ちょっと前は三菱といえば「パジェロ」であり「ランサー・エボリューション」だったのだ。コンセプトPX-MiEV IIは三菱の得意な「EV」「4WD」「SUV」の3要素を融合させたものだと説明を受けて、ようやく思い出した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ