BMW 740i(FR/8AT)

エレクトロニクスの旗艦 2015.12.09 試乗記 BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」がモデルチェンジを受けた。新機軸を多数搭載した“電子仕掛けの旗艦”は、その走りをどこまで進化させたのだろうか。ラインナップのベーシックグレード「740i」に試乗した。

なかなか走りだせない

指を立てたり、前後に振ったり、といろいろ試していたらあっという間に20分ぐらいたってしまった。駆けぬける前に、止まって学ばなければならないことが多すぎて、試乗時間がなくなってしまう。慌ててスタートしながら考えたのは、BMWオーナーはこんな操作法を覚えることにきっとワクワクするんだろうな、ということである。

私の経験から言わせてもらえば、BMWカスタマーは年齢にかかわらず新しい技術やロジックに積極的な人が多い。iDriveの時もアクティブステアリングの時もそうだったが、新しいシステムに拒否反応を示すどころか、進んで学ぶ知的好奇心にあふれた新し物好き、それが私がいままで会ったBMWオーナー像だ。「デジタルデバイド」などまったくどこ吹く風、分からないなら習得すればいいという姿勢である。それゆえ、不親切とまでは言わないが、ちょっと敷居が高いというかクールなBMW流儀が肌に合うのだろう。

今でこそiDriveコントローラーの周囲に独立したスイッチが備わり、ダイヤル頂部にもタッチパッドが仕込まれてずいぶんと使いやすく進化したが、15年ほど前に新しいマンマシン・インターフェイスとしてiDriveが導入された当初は、分かりにくい、面倒くさい、という声が大勢を占めていたと記憶している。当初はダイヤルのみで、この種の操作が苦手な人はどうやっても目指す機能を呼び出せない、なんて話も珍しくなかった。BMWはミラーの調整スイッチにも一切表示がなかったぐらい、できるだけ簡潔を旨としており、それをBMWユーザーは当然と考えていた。一度使えば分かるから、余計な表示など必要ないというわけだ。

対照的なのはたとえばトヨタで、すべてのスイッチに文字か記号でその機能を表示しようとする。誰にでも使いやすく、分かりやすくという親切な配慮ゆえであり、それはそれでひとつの思想だが、親切がすぎて煩雑になるよりは、簡潔で美しいほうがいいと考えるのがBMW、新型7シリーズはこれまで以上の最先端ぶりである。

ナビゲーションなどインフォテインメント・システムを操作するiDriveひとつ取っても、今やダイヤルだけでなく、画面上で直接操作できるタッチコントロール、音声によるコントロール、さらには「ジェスチャー・コントロール」なるものまで備わっている。ルーフに備わるというカメラが認識できるよう指を1本立てて、その後クルクル回すとボリュームを調節できるという具合だ。当然、設定されたしぐさを知らなければ使えないが、それこそがエクスクルーシブであるという主張が聞こえるように思う。

試乗した「740i」は3リッター直6ターボを搭載するベースグレード。その上位に4.4リッターV8ターボの「750i」が設定される。
試乗した「740i」は3リッター直6ターボを搭載するベースグレード。その上位に4.4リッターV8ターボの「750i」が設定される。
インパネには水平基調のデザインを採用。中央に「ジェスチャー・コントロール」が可能な10.2インチの液晶モニターが備わる。
インパネには水平基調のデザインを採用。中央に「ジェスチャー・コントロール」が可能な10.2インチの液晶モニターが備わる。
iDriveコントローラーはタッチパッドが仕込まれて使いやすく進化した。ATは8段。
iDriveコントローラーはタッチパッドが仕込まれて使いやすく進化した。ATは8段。
新型にはB&W(バウアーズ&ウィルキンス)のオーディオがオプション設定される。
新型にはB&W(バウアーズ&ウィルキンス)のオーディオがオプション設定される。
ボディーカラーの設定は全8色。試乗車の色は「ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクト」。
ボディーカラーの設定は全8色。試乗車の色は「ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクト」。
関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • BMWアクティブハイブリッド3 Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2012.11.1 試乗記 BMWアクティブハイブリッド3 Mスポーツ(FR/8AT)
    ……838万4000円

    「BMWアクティブハイブリッド3」は、3シリーズセダンで唯一、直6エンジンを積むモデルでもある。“絹のような”とたたえられた感触は、電化されたパワーユニットにも受け継がれているのだろうか?
  • BMWアクティブハイブリッド5(FR/8AT)【試乗記】 2012.10.9 試乗記 BMWアクティブハイブリッド5(FR/8AT)
    ……965万9000円

    BMWのミドル級セダン「5シリーズ」にハイブリッドバージョンが登場。その走りは、ガソリン車とどう違う? 燃費も含め、テストした。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る