BMW 740i(FR/8AT)

エレクトロニクスの旗艦 2015.12.09 試乗記 BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」がモデルチェンジを受けた。新機軸を多数搭載した“電子仕掛けの旗艦”は、その走りをどこまで進化させたのだろうか。ラインナップのベーシックグレード「740i」に試乗した。

なかなか走りだせない

指を立てたり、前後に振ったり、といろいろ試していたらあっという間に20分ぐらいたってしまった。駆けぬける前に、止まって学ばなければならないことが多すぎて、試乗時間がなくなってしまう。慌ててスタートしながら考えたのは、BMWオーナーはこんな操作法を覚えることにきっとワクワクするんだろうな、ということである。

私の経験から言わせてもらえば、BMWカスタマーは年齢にかかわらず新しい技術やロジックに積極的な人が多い。iDriveの時もアクティブステアリングの時もそうだったが、新しいシステムに拒否反応を示すどころか、進んで学ぶ知的好奇心にあふれた新し物好き、それが私がいままで会ったBMWオーナー像だ。「デジタルデバイド」などまったくどこ吹く風、分からないなら習得すればいいという姿勢である。それゆえ、不親切とまでは言わないが、ちょっと敷居が高いというかクールなBMW流儀が肌に合うのだろう。

今でこそiDriveコントローラーの周囲に独立したスイッチが備わり、ダイヤル頂部にもタッチパッドが仕込まれてずいぶんと使いやすく進化したが、15年ほど前に新しいマンマシン・インターフェイスとしてiDriveが導入された当初は、分かりにくい、面倒くさい、という声が大勢を占めていたと記憶している。当初はダイヤルのみで、この種の操作が苦手な人はどうやっても目指す機能を呼び出せない、なんて話も珍しくなかった。BMWはミラーの調整スイッチにも一切表示がなかったぐらい、できるだけ簡潔を旨としており、それをBMWユーザーは当然と考えていた。一度使えば分かるから、余計な表示など必要ないというわけだ。

対照的なのはたとえばトヨタで、すべてのスイッチに文字か記号でその機能を表示しようとする。誰にでも使いやすく、分かりやすくという親切な配慮ゆえであり、それはそれでひとつの思想だが、親切がすぎて煩雑になるよりは、簡潔で美しいほうがいいと考えるのがBMW、新型7シリーズはこれまで以上の最先端ぶりである。

ナビゲーションなどインフォテインメント・システムを操作するiDriveひとつ取っても、今やダイヤルだけでなく、画面上で直接操作できるタッチコントロール、音声によるコントロール、さらには「ジェスチャー・コントロール」なるものまで備わっている。ルーフに備わるというカメラが認識できるよう指を1本立てて、その後クルクル回すとボリュームを調節できるという具合だ。当然、設定されたしぐさを知らなければ使えないが、それこそがエクスクルーシブであるという主張が聞こえるように思う。

試乗した「740i」は3リッター直6ターボを搭載するベースグレード。その上位に4.4リッターV8ターボの「750i」が設定される。
インパネには水平基調のデザインを採用。中央に「ジェスチャー・コントロール」が可能な10.2インチの液晶モニターが備わる。
iDriveコントローラーはタッチパッドが仕込まれて使いやすく進化した。ATは8段。
新型にはB&W(バウアーズ&ウィルキンス)のオーディオがオプション設定される。
ボディーカラーの設定は全8色。試乗車の色は「ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクト」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

7シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始 2016.10.13 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、同年10月から予約を受け付けると発表した。デリバリーの開始時期は2017年になる見込み。
  • 独BMW、7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2016.10.19 自動車ニュース 独BMWが、7代目となる新型「5シリーズ」の概要を発表した。ボディーはアルミや高張力鋼板の多用により約100kgの軽量化を実現。ガソリンエンジンやディーゼルエンジン、プラグインハイブリッドと、豊富にそろえられたパワーユニットも特徴となっている。
  • 日本で1台限りの特別な「BMW 7シリーズ」発売 2016.10.21 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月21日、BMWのフラッグシップモデル「7シリーズ」に特別仕様車「Rose Quartz(ローズクオーツ)」を設定し、西日本地域限定1台を販売すると発表した。価格は2019万円。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】NEW 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
ホームへ戻る