ポルシェが911ターボを改良、予約受注開始【デトロイトショー2016】

2015.12.02 自動車ニュース
「ポルシェ911ターボS カブリオレ」(手前)と「911ターボS」(奥)。
「ポルシェ911ターボS カブリオレ」(手前)と「911ターボS」(奥)。

【デトロイトショー2016】ポルシェが「911ターボ」シリーズを大幅改良、予約受注を開始

ポルシェジャパンは2015年12月1日、米国デトロイトで開催される北米国際自動車ショー(開催期間:2016年1月11日~1月24日、一般公開は1月16日から)での発表が予定されている、「911ターボ」「911ターボ カブリオレ」「911ターボS」「911ターボS カブリオレ」の予約受注を開始した。

「911ターボS」
「911ターボS」
「911ターボS カブリオレ」
「911ターボS カブリオレ」
「911ターボ」
「911ターボ」
「911ターボ カブリオレ」
「911ターボ カブリオレ」
「911ターボS」のインテリア。ステアリングホイールの右側のスポークの下に、走行モード切り替え機構のスイッチが見える。
「911ターボS」のインテリア。ステアリングホイールの右側のスポークの下に、走行モード切り替え機構のスイッチが見える。
「911ターボS」のインテリア。
「911ターボS」のインテリア。

■ターボSの最高出力は580psに向上

今回発表される予定の4モデルは、いずれも従来モデルより大幅な性能向上を果たしている。3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンについては、ターボおよびターボ カブリオレではインレットポートが見直されたシリンダーヘッドや、より高い燃圧と組み合わされる新しいインジェクターの採用などにより、従来モデルを20ps上回る540psの最高出力を発生。一方、ターボSおよびターボS カブリオレのエンジンでは、大型のコンプレッサーを備えた新しいターボチャージャーにより、やはり従来モデルを20ps上回る580psの最高出力を発生する。

また、エンジンには新たに「ダイナミックブースト機能」を採用した。この機能はアクセルペダルを少し戻したときなど、負荷変動時にもターボの過給圧を維持するためのもので、スロットルバルブを開いたままの状態で燃料供給を停止。再びアクセルペダルを踏んだときの鋭いレスポンスを実現するという。

これらの技術の採用により、911ターボでは0-100km/h加速は3.0秒、最高速は従来モデルを5km/h上回る320km/hを達成。911ターボSでは0-100km/hは加速2.9秒、最高速は従来モデルを12km/h上回る330km/hという動力性能を実現している。一方で、エンジンやトランスミッションの制御の変更により、燃費も改善しているという。

■走行モード切り替え機構を強化

運動性能に関連する機能の強化も図っており、360mm径の新しい「GTスポーツステアリングホイール」には、「ノーマル」「スポーツ」「スポーツ・プラス」「インディビジュアル」の4つの設定を選択できる、ロータリーリング式のモードスイッチを標準装備。「スポーツクロノパッケージ」には新たに「スポーツレスポンススイッチ」を採用した。この機能は、モードスイッチ中央のボタンを押すとエンジンとトランスミッションのレスポンスが一時的に高まるというもので、追い越し時などに使用すると20秒間にわたり加速を最適化することができるという。スポーツレスポンス機能はどの走行モードを選択している状態でも呼び出しが可能で、作動時の経過時間はメーターパネルのインジケーターに表示される。

このほかにも、「ポルシェ・スタビリティ・マネージメントシステム(PSM)」には新たに「PSMスポーツモード」機能を採用した。この機能は、そのとき選択されているドライビングプログラムから独立してPSMのみをスポーティーな制御とするもので、センターコンソールのPSMスイッチを短く押すことで作動。制御の介入しきい値は、従来の「スポーツ・プラスモード」の状態よりさらに高められており、サーキットなどでは限界域にいっそう近づくことを可能にするという。なお、PSMスポーツモードではPSMは常時待機状態となっており、PSMスイッチを長く押すと、通常通り完全に解除される。

価格は以下の通り。
・911ターボ:2236万円
・911ターボ カブリオレ:2599万円
・911ターボS:2502万円
・911ターボS カブリオレ:2865万円

(webCG)
 

関連記事
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る