ポルシェ、PHVを“体感”するイベント開催

2015.12.01 自動車ニュース
会場の中央にはレーシングカーの「ポルシェ919ハイブリッド」が展示されている。
会場の中央にはレーシングカーの「ポルシェ919ハイブリッド」が展示されている。

ポルシェ、PHVを“体感”するイベント開催

ポルシェジャパンは2015年12月1日から12月16日まで、東京ミッドタウン(港区赤坂)で同社のプラグインハイブリッド車を体験するイベント「THE SOUND OF PORSCHE」を開催している。

市販のPHVは「カイエンS E-ハイブリッド」(写真)と「パナメーラS E-ハイブリッド」が並ぶ。
市販のPHVは「カイエンS E-ハイブリッド」(写真)と「パナメーラS E-ハイブリッド」が並ぶ。
開催初日にはチェロ奏者の溝口 肇氏が特別ゲストとして招かれ、生演奏を披露した。
開催初日にはチェロ奏者の溝口 肇氏が特別ゲストとして招かれ、生演奏を披露した。
メディアステーションでは16種類のディスクを楽しむことができる。
メディアステーションでは16種類のディスクを楽しむことができる。
「ポルシェ911」のサーキットでの同乗走行を疑似体験できるバーチャルリアリティーコーナー。
「ポルシェ911」のサーキットでの同乗走行を疑似体験できるバーチャルリアリティーコーナー。

■実車試乗やバーチャル3D体験も

「THE SOUND OF PORSCHE」はポルシェのプラグインハイブリッド車の世界観を体感できるイベントとして世界各国で展開されており、東京はニューヨーク、ロンドン、上海、モスクワに続く5都市目となる。

会場にはポルシェのプラグインハイブリッド車が展示され、公道での試乗体験サービスを受け付けている。また、ポルシェにまつわるストーリーを映像と音で鑑賞できるメディアステーションや、まるでサーキットを走っているかのような体験ができるヘッドマウントディスプレイによるバーチャルリアリティーなども楽しめる。

開催初日の12月1日には、チェロ奏者の溝口 肇氏が特別ゲストとして招かれ、もうすぐ通算1万回を迎える長寿番組『世界の車窓から』のテーマ曲などを披露した。

ポルシェジャパンの七五三木 敏幸(しめぎ としゆき)代表取締役社長は「このイベントはわれわれにとって新たな取り組み。ぜひ、目で、耳で、体でポルシェを感じていただきたい」と語った。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カイエンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ・カイエンS(4WD/8AT)/カイエンターボ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2014.10.3 試乗記 4年ぶりのマイナーチェンジでエンジンや内外装に手が入れられた、ポルシェのSUV「カイエン」。では、実際に乗ってみたらどうだった? 「カイエンS」と「カイエンターボ」、2モデルの印象を報告する。
  • ポルシェ・カイエンS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 2014.11.11 試乗記 マイナーチェンジを機に、ハイブリッドモデルから“プラグイン”ハイブリッドモデルへと進化した、「ポルシェ・カイエン」の環境型モデル。その仕上がりやいかに? ドイツ本国で試乗した。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る