ホンダ、北米仕様の「フィットEV」を発表【LAショー2011】

2011.11.17 自動車ニュース
「ホンダ・フィットEV」
ホンダ、北米仕様の「フィットEV」を発表【LAショー2011】

【LAショー2011】ホンダ、北米仕様の「フィットEV」を発表

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、2011年11月16日のプレスデイで開幕したロサンゼルスオートショーで「フィットEV」の市販モデルを発表した。


ホンダ、北米仕様の「フィットEV」を発表【LAショー2011】の画像

ホンダ、北米仕様の「フィットEV」を発表【LAショー2011】の画像
専用の「EV双方向リモコン」
専用の「EV双方向リモコン」

北米仕様のフィットEVは、専用の「EV双方向リモコン」やスマートフォンを使って遠隔操作ができるようになっている。電池残量の確認やエアコンのON/OFFなどができるほか、充電装置に接続しているときは充電の開始と完了の操作も可能。240V電源使用時には、フル充電(バッテリー残量警告灯点灯から満充電まで)は3時間以内で完了するという。

一方、走りについては燃料電池車「FCXクラリティ」で培ったモーター技術を搭載したことで、爽快な加速感と市街地でのキビキビした走行を両立したという。「SPORT」「NORMAL」「ECON」の3つの走行モードを選択することができ、電力消費を抑えた走行からスポーティーな走りまでをカバーしているという。

92kW(125ps)と256Nm(26.1kgm)を発生するモーターを搭載。最高速は時速90マイル(144km)で、航続距離は123マイル(198km LA-4モード)と発表されている。東芝製の20kWhリチウムイオンバッテリーを床下に搭載している。

今後の市場導入スケジュールは、まず2011年内に米国での実証実験パートナーであるカリフォルニア州トーランス市、スタンフォード大学、Google社の3団体に納車される。一般消費者へは2012年夏にリース販売を開始。3年間で約1100台の販売を計画している。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
フィットホンダロサンゼルスモーターショー2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ホンダ・フィットRS Honda SENSING 2017.6.29 画像・写真 6段MTも用意される「ホンダ・フィット」のスポーティーグレード「RS Honda SENSING」。各所に施されたオレンジのアクセントなど、他のグレードとは趣を異にするそのデザインを、ホンダアクセスの用品装着車とともに紹介。
  • ホンダ・フィットハイブリッド Sパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2013.11.18 試乗記 好調なセールスが伝えられる、新型「ホンダ・フィットハイブリッド」。その走りは、どれほどのものなのか? スポーティーグレード「Sパッケージ」で試した。
  • ホンダ・フィットRS(FF/MT)【試乗記】 2013.11.13 試乗記 登場以来、好調な売れ行きが伝えられるホンダの人気コンパクトカー「フィット」。そのスポーティーモデル「RS」の走りをじっくりと検証した。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
ホームへ戻る