ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)

ここから先はあなた次第 2015.12.08 試乗記 「911 GT3」をベースに、さらなるパワーと軽量化で、よりいっそうどう猛に仕立てられた「911 GT3 RS」。いわばスポーツカーが終わり、レーシングカーが始まるところに位置づけられた“公道のレンシュポルト”を、箱根のワインディングロードで試した。

「パドルニュートラル」の安心感は大きい

レーシングカーを公道で走らせる――クルマ好きならば誰でも一度は夢見る楽しみ方ではないだろうか。このGT3 RSはその究極というか、遊びで乗るにはちょっと高価すぎるが、裕福な環境下にある人にとってはもってこいの乗り物であろう。筆者もクルマ好きという点では人後に落ちない。過去には仕事でこの手の高性能車にいろいろ乗せてもらった。しかし70歳を過ぎた今となっては十分に性能を引き出して楽しむことはできない。リポートを引き受けたものの、一般的な読者の方々が要望するであろう興味の対象とはズレがあるかもしれないがご容赦ねがいたい。

911はスポーティーなツーリングクーペであって、本格的にスポーツカーとしての操縦感覚を求めるならばGT3を、というのが通説であるとしたら、GT3 RSはさらに硬派の、そのままでレース出場も可能な、公道走行用としては最も高性能なクルマということになる。久しぶりに911をMTで乗れるかもしれないと楽しみにしていたが、PDKだとわかってガッカリ。今や作動タイム的には人力で操作するよりも、電気機械任せの方が速くて効率的なのだろう。だからレースなどのタイム優先の考え方にはPDKの方が有利ということになる。
筆者がなぜMTを好むのかといえばタイム的な速さではなく、ダイレクトな感覚と自分の意思が反映されるからだ。機械頼みではなく自分の意思でコントロールすることに、スポーツカーを操縦する楽しみがあると思う。変速作業は最たるもので、この面白みを機械なんかに奪われてしまっては何にもならない。
しかし現行のGT3シリーズは少し進化した。パドルニュートラル・クラッチ解除機構はそのひとつ。今回もちろん試す機会はなかったし、サーキットであってもいろいろな救済デバイスが充実していてスピンするようなこともなかろうが、走行中にエンジンストップするような事態にいたっても、止まってほしくないのがドライバー心理だ。MT車ならばクラッチを切ればいいだけの話だが、AT車にはクラッチペダルがない。これも昔から911になじんできたわれわれシニアドライバーにとってはストレスである。セレクトレバーをNに戻すのではなく、パドル操作でニュートラルを得られる。これで安心感は大いに増した。OS(オーバーステア)やUS(アンダーステア)の極端なステア特性変化においても、MTならば瞬間的にクラッチを切って逃げる手もある。フェラーリは「360モデナ」の時代から両方のパドルを一緒に引けばニュートラルを選べた。もっとも、PDKになってからポルシェでスピンした経験はなく、実戦での効用を試したことはないが、可能性は安全のマージンであるから備わっていて損はない。普段の日常走行においても、とにかく自分で瞬時に動力を断てることの安心感は大きい。機械が勝手に動いてしまう余計なお世話もない方がいい。これらはMTを好むドライバー共通の望みだろう。

パワーアップと軽量化で、「911 GT3」よりレーシングカーに近い内容を持つ「911 GT3 RS」。エンジンフードのオーナメントはステッカーとなるが、これも“スポーツマンシップ”の表れか。車両価格はGT3より618万円高価な2530万円。


	パワーアップと軽量化で、「911 GT3」よりレーシングカーに近い内容を持つ「911 GT3 RS」。エンジンフードのオーナメントはステッカーとなるが、これも“スポーツマンシップ”の表れか。車両価格はGT3より618万円高価な2530万円。
内装は黒を基調にまとめられ、ステアリングなど随所にアルカンターラが用いられる。ドアノブは「RS」モデルの伝統でストラップに。
内装は黒を基調にまとめられ、ステアリングなど随所にアルカンターラが用いられる。ドアノブは「RS」モデルの伝統でストラップに。
トランスミッションは7段PDKのみ。各ギアのギアリングは「GT3」と同じだが、ファイナルは3.97から4.19へと低められている。
トランスミッションは7段PDKのみ。各ギアのギアリングは「GT3」と同じだが、ファイナルは3.97から4.19へと低められている。
乗車定員は2人。「GT3」と同様に後席は用意されない。ただし「GT3 RS」には「クラブスポーツパッケージ」が標準で備わり、ボルト固定式のリアロールケージなどが装着されている。
乗車定員は2人。「GT3」と同様に後席は用意されない。ただし「GT3 RS」には「クラブスポーツパッケージ」が標準で備わり、ボルト固定式のリアロールケージなどが装着されている。
試乗車のボディーカラーはオプション色のラバオレンジ。その他、ホワイトとGTシルバーメタリックが標準色として用意される。
試乗車のボディーカラーはオプション色のラバオレンジ。その他、ホワイトとGTシルバーメタリックが標準色として用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 A Life with PORSCHE CAYMAN<PR> 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
ホームへ戻る