ポルシェ・ケイマンGT4(MR/6MT)

まだやれることがある 2015.12.05 試乗記 ポルシェのコンパクトなミドシップスポーツ「ケイマン」に、走りを突き詰めたトップグレード「GT4」が登場。その実力を富士スピードウェイで試した。

庶民でも夢を見られる“レンシュポルト”

ケイマンGT4。その名を聞いて、スポーツカー好き、レース好きなら条件反射的にときめいたのではないだろうか。なぜならそれは「911 GT3」の弟分であることを端的に記号化したもので、かつレースのイメージを想起させるからだ。実際、日本ではマイナーな存在だが、ヨーロッパにはアマチュア用に「GT3」より改造範囲の狭いカテゴリーとして「GT4」が存在する。

いまや911 GT3は1912万円、そのレーシングスポーツ版である「911 GT3 RS」は2530万円。しかも、この値段にもかかわらず発売すれば即完売。市場価格は跳ね上がり、投機対象にすらなっている状況を考えると、もはや庶民は911の“レンシュポルト”に淡い夢すら見ることができない。そんななかにあって、ジャーナリストに911と比較されてはいろいろと厳しい言葉を浴びせられるケイマンではあるが、その最高峰モデルのGT4が結局みな「どうなのよ?」と気になるわけである。

かくいう筆者も、当然そのひとり。だから今回、しかも富士スピードウェイという舞台でこれに試乗できることに大きな喜びを感じた。また『webCG』でも常に書き続けている通り、2代目ケイマンにはひとつの疑問があった。エンジンおよびシャシー性能は良いが、そのサスペンションセッティングに異議あり、というものである。だからこれを確認することも怠らなかった。

「GT4」はサーキット走行を想定した「ケイマン」の高性能モデル。2015年3月のジュネーブショーで世界初公開された。
「GT4」はサーキット走行を想定した「ケイマン」の高性能モデル。2015年3月のジュネーブショーで世界初公開された。
「ケイマンGT4」のインテリア。「ケイマンGTS」のものより10mm小さな、360mm径のスポーツステアリングホイールが装備されている。
「ケイマンGT4」のインテリア。「ケイマンGTS」のものより10mm小さな、360mm径のスポーツステアリングホイールが装備されている。
リアバンパーに施された「GT4」のロゴ。
リアバンパーに施された「GT4」のロゴ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ケイマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る