第427回:元F1ドライバーのアレッサンドロ・ナンニーニは今

2015.12.04 エッセイ

元F1パイロット、市議会議員に

先週、ボクが住むシエナ市内の駐車場でクルマから降りようとしたときだ。隣に止めた「フィアット・ブラーボ」のあるじもドアを開けようとした。目が合った相手は誰あろう、アレッサンドロ・ナンニーニ氏であった。

皆さんはアレッサンドロ・ナンニーニ氏を覚えておられるだろうか。彼はイタリアを代表するロック歌手の姉ジャンナ・ナンニーニとともに、シエナ生まれシエナ育ちである。F1ドライバーとして1986年にミナルディでデビューし、その後ベネトンに移籍。しかし1990年、シエナでヘリコプターが着陸に失敗して右腕に重傷を負ったのを機にF1から引退した。
一時はドライバー生命を絶たれたと思われたが、事故からわずか2年後の1992年、アルファ・ロメオでイタリアツーリングカー選手権にドライバーとして再デビュー。続いてドイツツーリングカー選手権でも戦った。1997年には、AMGメルセデスでFIA GTチャンピオンシップに参戦した。

ボクがナンニーニ氏と最初に会ったのは、1998年ごろだったと思う。そのころのボクは、イタリア人料理研究家が主宰する教室で、日本人向け講座のオーガナイズ兼通訳の仕事をしていた。プログラムの中に伝統菓子の工場見学を盛り込む際、相談に行ったのが「ナンニーニ菓子店」だった。ナンニーニ氏の祖父が1902年に創業した店である。
ツーリングカーレースから引退したばかりのナンニーニ氏は、経営危機にあった家業である菓子店およびカフェの復興を図るべく、そのころ住まいがあったモンテカルロとシエナを往復しながら、海外フランチャイズ展開をスタートしつつあった。菓子店の近くにある事務室に赴くと、ガラス張りのオフィスの中に時折ナンニーニ氏がいて、机上にはF1のスケールモデルが置かれていたものだ。

やがて2001年、ナンニーニ氏は、シエナのメインストリートにある、長年人手にわたっていた本店の買い戻しに成功した。地元の新聞は「孝行息子」と書き立て、ボクもそのリニューアルオープン祝いにかけつけたのを覚えている。ただしその後はボクが物書き専業となったこともあり、ナンニーニ氏とは夕方の散歩で、たまにすれ違う程度となってしまった。

2011年、ナンニーニ氏は51歳のとき、シエナ市長選に中道右派系4政党の推薦を得て立候補。伝統的に左派勢力が強い地域という事情もあり、結果は落選だったが、同時に行われた市議会選挙にも立候補していたことから、議員として当選した。ボクのナンニーニ氏に関する知識は、そこでとどまっていた。

毎年春ミッレミリアも通るシエナのメインストリート。そこにあるカフェ「NANNINI」本店。地元の人には、往年の愛称である「コンカドーロ(黄金郷)」と呼ばれている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。