フォルクスワーゲン・ゴルフGTE(FF/6AT)

“GT”の名を冠するだけのことはある 2015.12.04 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に、電動モーターと駆動用バッテリー、充電用ソケットを搭載した「GTE」が登場。フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド車の実力を試した。

「ハイブリッドは退屈」という人にこそ試してほしい

「ゴルフGTE」はフォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド車。現行ゴルフが採用する「MQB」プラットフォームに、1.4リッター直噴ターボと電気モーター、そして、8.7kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載することで、最高出力204ps、最大トルク35.7kgm(350Nm)を発生させる一方、外部から充電したエネルギーで最大53.1km走行できるというのが特徴だ。

「アウディA3スポーツバックe-tron」とは基本設計を共有する兄弟車だが、そのキャラクターは大きく異なる。というのも、ゴルフGTEは「ゴルフGTI」の流れをくむスポーツモデルとして位置づけられており、デザインも走りもGTIをほうふつとさせるテイストに仕上げられているのだ。

それが顕著になるのが「GTEモード」を選んだとき。軽くアクセルペダルをあおっただけで、モーターとエンジンが強力なトルクを生み出し、爽快な加速を見せるのだ。しかも、瞬時に反応するモーターだけに、そのレスポンスはGTIの2リッターをしのぐほど。「パワーメーター」の動きにあわせてキャビンに響くサウンドは人工的につくられたものだが、優等生的なプラグインハイブリッド車でエキサイティングな走りを体感するにはうまい演出だ。

一方、大容量のバッテリーを搭載するぶん車両重量は1.5トンを超え、ハンドリングマシンのGTIには機敏さでは及ばないが、それでも、GTI譲りのやや硬いサスペンションや改善された前後重量配分、低い重心高のおかげで、コーナリング時には自然な動きが楽しめる。

Eモード(EV走行モード)やハイブリッドモードの走りはスムーズかつ静かで、加速性能にも不満はない。ハイブリッド走行時の燃費は1.4リッター直噴ターボのみを積むゴルフを多少上回るレベルだが、それでGTIクラスの加速が楽しめると思えば納得がいく。

主にEV走行が可能な範囲を動き回るというのがプラグインハイブリッド車本来の使い方だが、このゴルフGTEはそこから一歩踏み出して走りも楽しめるというのが面白いところ。とことん燃費を追求する人には向かないが、これまでのハイブリッドを退屈と思う人には、新たな選択肢になりうるクルマである。

(文=生方 聡/写真=小林俊樹)

【スペック】
全長×全幅×全高=4265×1800×1480mm/ホイールベース=2635mm/車重=1580kg/駆動方式=FF/エンジン=1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(150ps/5000-6000rpm、25.5kgm/1500-3500rpm)+交流同期電動機(109ps、33.6kgm)/トランスミッション=6AT/燃費=23.8km/リッター (ハイブリッド燃料消費率、JC08モード)/価格=499万円
 

エクステリアでは、Cの字型のLEDランプや、ブルーのブレーキキャリパーなどが「GTE」の特徴となっている。
エクステリアでは、Cの字型のLEDランプや、ブルーのブレーキキャリパーなどが「GTE」の特徴となっている。
「ゴルフGTE」のインテリア。シートのチェック柄など、こちらにも各所にブルーのアクセントが用いられている。
「ゴルフGTE」のインテリア。シートのチェック柄など、こちらにも各所にブルーのアクセントが用いられている。
「三菱アウトランダーPHEV」や「ホンダ・アコード プラグインハイブリッド」などの国産PHEVとは異なり、「ゴルフGTE」にはトランスミッション(6段DSG)が搭載される。
「三菱アウトランダーPHEV」や「ホンダ・アコード プラグインハイブリッド」などの国産PHEVとは異なり、「ゴルフGTE」にはトランスミッション(6段DSG)が搭載される。
充電ソケットはフロントエンブレムの内側に装備。CHAdeMO規格の急速充電器には対応していない。
充電ソケットはフロントエンブレムの内側に装備。CHAdeMO規格の急速充電器には対応していない。
 
フォルクスワーゲン・ゴルフGTE(FF/6AT)【レビュー】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフGTEの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTE(FF/6AT)【レビュー】 2015.12.4 試乗記 Cセグメントハッチバック車のベンチマーク的存在である「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に、電動モーターと駆動用バッテリー、充電用ソケットを搭載した「GTE」が登場。エコと走りの両立をうたう、フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド車の実力を試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTE(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.30 試乗記 フォルクスワーゲン初のプラグインハイブリッド車「ゴルフGTE」に試乗。エコフレンドリーなだけでなく、「GTI」譲りのダイナミックな走行性能も兼ね備えているという同車の走りを、箱根のワインディングロードで試した。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る