“地球”をイメージした特別なパンダ4×4登場

2015.12.02 自動車ニュース

“地球”をイメージした特別な「フィアット・パンダ4×4」が登場

FCAジャパンは2015年12月2日、特別仕様車「フィアット・パンダ4×4 Terra(テッラ)」を発表した。同年12月12日より80台限定で販売する。


パンダ4×4はフィアットのコンパクト車「パンダ」をベースとしたSUVモデルである。現行モデルとなってからは、これまでに3度にわたり日本で限定販売されており、今回のパンダ4×4テッラは第4弾の導入モデルとなる。

今回のモデルの特徴はボディーカラーで、「スイートキャンディー ベージュ」(限定50台)と「ヴェネチアンブルー」(限定30台)の2色が用意される。アースカラーであるこの2色のボディーカラーが、イタリア語で「地球」を意味する「テッラ」の由来となっている。

なお、スイートキャンディー ベージュはパンダ4×4に初めて採用される。

価格は255万9600円。

(webCG)
 

「フィアット・パンダ4×4テッラ」
「フィアット・パンダ4×4テッラ」
「パンダ4×4」としては今回が初採用となるボディーカラー「スイートキャンディー ベージュ」。
「パンダ4×4」としては今回が初採用となるボディーカラー「スイートキャンディー ベージュ」。

「ヴェネチアンブルー」の「4×4」は30台が販売される。


	「ヴェネチアンブルー」の「4×4」は30台が販売される。
「パンダ4×4テッラ」のインテリア。
「パンダ4×4テッラ」のインテリア。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パンダの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • 「フィアット・パンダ」の内装が新デザインに 2017.1.12 自動車ニュース FCAジャパンが「フィアット・パンダ」をマイナーチェンジ。ダッシュボードを黒のモノトーンとしたほか、フラットボトムタイプのステアリングホイールを採用するなどの改良を実施した。価格はこれまで同じ213万8400円。
  • フィアット500 1.4 16V ポップ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2008.7.28 試乗記 ……220.0万円
    総合評価……★★★★

    1.2リッターのみラインナップしていた「フィアット500」に、1.4リッターモデルが追加された。排気量200ccの差は、実際の走りにどんな違いをもたらすのか?
  • フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)【試乗記】 2011.1.10 試乗記 フィアット500 1.2 スポーツ(FF/5MT)
    ……213万円

    「フィアット500」に、シリーズ唯一となるMTモデルが追加された。伝統的なトランスミッションは、小さなイタリア車の走りをどのように変えるのか?
ホームへ戻る