“地球”をイメージした特別なパンダ4×4登場

2015.12.02 自動車ニュース

“地球”をイメージした特別な「フィアット・パンダ4×4」が登場

FCAジャパンは2015年12月2日、特別仕様車「フィアット・パンダ4×4 Terra(テッラ)」を発表した。同年12月12日より80台限定で販売する。


パンダ4×4はフィアットのコンパクト車「パンダ」をベースとしたSUVモデルである。現行モデルとなってからは、これまでに3度にわたり日本で限定販売されており、今回のパンダ4×4テッラは第4弾の導入モデルとなる。

今回のモデルの特徴はボディーカラーで、「スイートキャンディー ベージュ」(限定50台)と「ヴェネチアンブルー」(限定30台)の2色が用意される。アースカラーであるこの2色のボディーカラーが、イタリア語で「地球」を意味する「テッラ」の由来となっている。

なお、スイートキャンディー ベージュはパンダ4×4に初めて採用される。

価格は255万9600円。

(webCG)
 

「フィアット・パンダ4×4テッラ」
「フィアット・パンダ4×4テッラ」
「パンダ4×4」としては今回が初採用となるボディーカラー「スイートキャンディー ベージュ」。
「パンダ4×4」としては今回が初採用となるボディーカラー「スイートキャンディー ベージュ」。

「ヴェネチアンブルー」の「4×4」は30台が販売される。


	「ヴェネチアンブルー」の「4×4」は30台が販売される。
「パンダ4×4テッラ」のインテリア。
「パンダ4×4テッラ」のインテリア。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • ルノー・ジャポン、アルピーヌの販売を発表 2017.6.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年6月1日、アルピーヌブランドのニューモデルについて、日本における輸入販売事業を行うと発表した。
  • フォルクスワーゲンが「up! GTIコンセプトカー」を公開 2017.5.26 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年5月24日(現地時間)、南オーストリアのヴェルター湖畔で開催されている「GTIミーティング」で「up! GTIコンセプトカー」を公開した。ヨーロッパでは量産型が2018年の初頭に発売される予定。
  • フィアット500スーパーポップ コッチネッラ 2017.5.24 画像・写真 FCAジャパンは2017年5月24日、「フィアット500」の限定車「Super Pop Coccinella(スーパーポップ コッチネッラ)」を発表した。200台の限定で、同年6月3日に発売される。車両価格は185万2200円。
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
ホームへ戻る