専用ボディーカラーが魅力の特別なカングー登場

2015.12.03 自動車ニュース
ボディーカラーに「タンタシオン ヴィオレ」が選択された「カングー・アクティフ ペイザージュ」。
ボディーカラーに「タンタシオン ヴィオレ」が選択された「カングー・アクティフ ペイザージュ」。

専用ボディーカラーが魅力の特別な「ルノー・カングー」登場

ルノー・ジャポンは2015年12月3日、「カングー」の特別仕様車「アクティフ ペイザージュ」を2016年1月14日に発売すると発表した。

「ヴェール メール」
「ヴェール メール」
「ブルー ヴィブラート」
「ブルー ヴィブラート」
「アクティフ ペイザージュ」のシート。
「アクティフ ペイザージュ」のシート。

■第3弾のテーマはブルターニュ地方の海岸風景

「ペイザージュ」とは、フランスの風景をモチーフとしたボディーカラーを特徴とする、カングーの限定モデルである。第3弾となる今回のモデルでは、ベースグレード「アクティフ」の4AT仕様をもとに、ブルターニュ地方の海沿いの風景をイメージしたという3色を設定している。

具体的なカラーバリエーションは以下の通り。

・タンタシオン ヴィオレ
海岸に生息するツツジ科の低木、ブリュイエール(日本名:ギョウリュウモドキ)の花の色をモチーフにした紫。

・ヴェール メール
浅い海の色をモチーフにした明るい緑。

・ブルー ヴィブラート
深い海の色をモチーフにした濃い青。

このほかにも、シルバーとブラックのツートンカラーのフロントバンパー、シルバードアミラー、フロントフォグランプ、カーテンエアバッグ、3トーンファブリックシートを装備している。

販売台数は各色90台。価格は220万9000円。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ 2017.7.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施した。外装のブラッシュアップに加えて、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る