“欧州仕様の足”をもつ、スズキ・スイフトRS発売

2011.11.17 自動車ニュース
「スズキ・スイフトRS」
“欧州仕様の足”をもつ、スズキ・スイフトRS発売

“欧州仕様の足”をもつ「スズキ・スイフトRS」発売

スズキは、コンパクトカー「スイフト」に特別仕様車「RS」を設定し、2011年11月17日に発売した。


“欧州仕様の足”をもつ、スズキ・スイフトRS発売

「RS」のベースとなるのは、ベーシックグレード「XG」のオーディオレス仕様車。これに、欧州仕様車と同じチューニングを施したダンパーやタイヤ、パワーステアリングコントローラーを採用。「乗り心地とハンドリングのバランスを重視した国内仕様に対して、長距離や高速道路などを日常的に走ることを考慮した欧州仕様と同様のフラット感の高いスポーティーな乗り味を与えた」という。

ボディーカラーには、プレミアムシルバーメタリックを特別設定。さらに、エアロパーツ(車体前後左右のアンダースポイラーとルーフスポイラー)、16インチアルミホイール、中央部分をシルバーにした専用のシート表皮なども与えられている。

価格は、137万250円(FF/5MTおよびCVT)と154万8750円(4WD/CVT)。いずれもベースモデルより12万6000円高となる。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 「スズキ・スイフト」に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場 2017.7.12 自動車ニュース スズキがコンパクトカー「スイフト」にフルハイブリッドモデルを設定。シングルクラッチ式ATに駆動用モーターを組み合わせたスズキ独自のシステムで、1.2リッターエンジンとの組み合わせにより、32.0km/リッターの燃費を実現している。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る