“欧州仕様の足”をもつ、スズキ・スイフトRS発売

2011.11.17 自動車ニュース
「スズキ・スイフトRS」
“欧州仕様の足”をもつ、スズキ・スイフトRS発売

“欧州仕様の足”をもつ「スズキ・スイフトRS」発売

スズキは、コンパクトカー「スイフト」に特別仕様車「RS」を設定し、2011年11月17日に発売した。


“欧州仕様の足”をもつ、スズキ・スイフトRS発売

「RS」のベースとなるのは、ベーシックグレード「XG」のオーディオレス仕様車。これに、欧州仕様車と同じチューニングを施したダンパーやタイヤ、パワーステアリングコントローラーを採用。「乗り心地とハンドリングのバランスを重視した国内仕様に対して、長距離や高速道路などを日常的に走ることを考慮した欧州仕様と同様のフラット感の高いスポーティーな乗り味を与えた」という。

ボディーカラーには、プレミアムシルバーメタリックを特別設定。さらに、エアロパーツ(車体前後左右のアンダースポイラーとルーフスポイラー)、16インチアルミホイール、中央部分をシルバーにした専用のシート表皮なども与えられている。

価格は、137万250円(FF/5MTおよびCVT)と154万8750円(4WD/CVT)。いずれもベースモデルより12万6000円高となる。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
ホームへ戻る