“欧州仕様の足”をもつ、スズキ・スイフトRS発売

2011.11.17 自動車ニュース
「スズキ・スイフトRS」
“欧州仕様の足”をもつ、スズキ・スイフトRS発売

“欧州仕様の足”をもつ「スズキ・スイフトRS」発売

スズキは、コンパクトカー「スイフト」に特別仕様車「RS」を設定し、2011年11月17日に発売した。


“欧州仕様の足”をもつ、スズキ・スイフトRS発売

「RS」のベースとなるのは、ベーシックグレード「XG」のオーディオレス仕様車。これに、欧州仕様車と同じチューニングを施したダンパーやタイヤ、パワーステアリングコントローラーを採用。「乗り心地とハンドリングのバランスを重視した国内仕様に対して、長距離や高速道路などを日常的に走ることを考慮した欧州仕様と同様のフラット感の高いスポーティーな乗り味を与えた」という。

ボディーカラーには、プレミアムシルバーメタリックを特別設定。さらに、エアロパーツ(車体前後左右のアンダースポイラーとルーフスポイラー)、16インチアルミホイール、中央部分をシルバーにした専用のシート表皮なども与えられている。

価格は、137万250円(FF/5MTおよびCVT)と154万8750円(4WD/CVT)。いずれもベースモデルより12万6000円高となる。

(webCG 関)

関連キーワード:
スイフトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • 第82回:無段変速車ボクメツ宣言 2018.3.20 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第82回は「無段変速車ボクメツ宣言」。日本の国民車がダサイのにはワケがあった!? 「スイフトスポーツ」を国民車に! と熱望する筆者が、CVT車ばかりの日本のベストセラーモデルに異議を唱える。
  • 第81回:愚の骨頂 2018.3.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第81回は「愚の骨頂」。「スイフトスポーツ」を国民車に! と意気込む筆者だったが、そこには大きな壁が。MTが約7割を占めるカーマニア向けモデルが国民車の地位を獲得することは、可能なのか!?  
ホームへ戻る