第329回:「動き」こそBMWデザインの神髄
BMWデザインを率いるエイドリアン・ファン・ホーイドンク氏にインタビュー

2015.12.03 エッセイ
BMWグループのデザイン本部長、エイドリアン・ファン・ホーイドンク氏。
BMWグループのデザイン本部長、エイドリアン・ファン・ホーイドンク氏。

BMWは今、未来のモビリティーを志向する「BMW i(アイ)」ブランドを展開したり、「2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー」や「X1」で前輪駆動を取り入れたりと、製品面で大きな変革期を迎えているように見える。同社のデザインはどこに向かうのだろうか。BMWグループのデザイン本部長、エイドリアン・ファン・ホーイドンク氏に聞いた。

大きな技術革新があるときには、デザインも大きく変わる可能性がある、とホーイドンク氏。
大きな技術革新があるときには、デザインも大きく変わる可能性がある、とホーイドンク氏。
電気自動車の「BMW i3」。
電気自動車の「BMW i3」。

変革期にデザインが果たす役割とは

――BMWは大きく変わりつつあります。こういった重要な時期に、デザインはどのような役割を果たすべきだとお考えですか。

エイドリアン・ファン・ホーイドンク氏(以下、ホーイドンク。敬称略):われわれは今、技術が非常に大きく進化している時代にいます。可能性が大きく広がると同時に、選択を行わなければならない岐路に立たされているともいえます。そういった先進技術をどのようなデザインで包んでお客さまに提供するか、また、そうすることによってお客さまがいかなる利益や価値が得られるのかということを考え、実践するのがわれわれデザイナーの仕事であり、とてもエキサイティングな時代が来たと感じています。大きな技術的革新があるときには、同時にデザインも大きく変わる可能性があります。

――BMWのブランド価値を語るうえでエンジン(内燃機関)はこれまで非常に重要でしたし、もちろん今でもそれは変わりません。しかし、一方ではそれが徐々に変わり始めているように見えます。

ホーイドンク:確かにエンジンはBMWにおいて非常に重要な役割を果たしてきました。BMWという社名そのものが「ババリアン・モーター・ワークス」なのですから。ただ、クルマの動力をどのように生み出し、どのように伝えるかという点については、ご指摘のとおり変わり始めています。例えば、「i3」では従来とは違ったやり方でも十分に速いクルマが作れることを示せましたし、「i8」にいたってはエンジンは3気筒ですが、これに電気モーターを併用することでスポーツカーに匹敵する動力性能を発揮できることも示せました。
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ