第112回:アストンvsジャガー――ローマで優雅なカーチェイス
『007 スペクター』

2015.12.03 エッセイ

あの世界的犯罪組織が復活

スパイ映画の当たり年といわれた2015年だったが、トリに控えているのが本家本元、元祖中の元祖である。シリーズ24作目となる『007 スペクター』だ。ダニエル・クレイグが出演するようになってこれが4作目。監督は前作『スカイフォール』と同じサム・メンデスが務める。

今作には画期的な要素が3つある。1つ目は、タイトルが示すようにスペクターが復活したことだ。『ロシアより愛をこめて』や『サンダーボール作戦』などの初期作品でボンドが戦っていた世界的犯罪組織スペクターが、『ユア・アイズ・オンリー』を最後に映画には現れなくなっていた。著作権でモメていたのが原因で、ようやく和解が成立してカムバックすることになったのだ。

スペクター(SPECTRE)は「Special Executive for Counter-intelligence, Terrorism, Revenge and Extortion」の略称である。『0011 ナポレオン・ソロ』のTHRUSHと同じく取ってつけたような名前で、真面目に訳してもしょうがない。とにかくものすごく悪いやつらだということを示しているだけなのだ。ダニエル=ボンドの前3作にはもちろん登場していないが、この作品でこれまでもスペクターが後ろで糸を引いていたことが明らかになる。後付け設定でしっかり説得力を持たせているのだから、大変な力技の脚本だ。

アバンタイトルでは、死者の日の祝祭でにぎわうメキシコシティーが舞台となる。仮面をかぶった人々や巨大なドクロ人形が練り歩く中、ボンドは爆弾テロをたくらむ男を追う。群衆に紛れて逃げる悪人を追跡するというのはありがちな演出ではあるものの、1520人ものエキストラを動員したというのはさすがに本家の貫禄だ。ヘリコプターまで登場して雑踏の上でアクロバット飛行をするのだが、CGではなく実際にエキストラの9メートル上を飛行していたのだという。

SPECTRE © 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.
SPECTRE © 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc., Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc. All rights reserved.
 
第112回:アストンvsジャガー――ローマで優雅なカーチェイス『007 スペクター』の画像
 
第112回:アストンvsジャガー――ローマで優雅なカーチェイス『007 スペクター』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。