さらなる軽量化を果たした新型エリーゼが登場

2015.12.04 自動車ニュース
「ロータス・エリーゼ スポーツ」(手前)と「エリーゼ スポーツ220」(奥)。
「ロータス・エリーゼ スポーツ」(手前)と「エリーゼ スポーツ220」(奥)。

さらなる軽量化を果たした新型「ロータス・エリーゼ」が登場

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは、「ロータス・エリーゼ スポーツ/スポーツ220」の販売を2015年12月1日に開始した。

クラシックタータンのトリムが採用された「エリーゼ スポーツ」のインテリア。
クラシックタータンのトリムが採用された「エリーゼ スポーツ」のインテリア。
「エリーゼ スポーツ220」
「エリーゼ スポーツ220」
「エリーゼ スポーツ220」のインテリア。
「エリーゼ スポーツ220」のインテリア。
「エリーゼ スポーツ220」のロゴ。
 
「エリーゼ スポーツ220」のロゴ。
	 

■車両重量を従来モデルから10kg軽減

エリーゼ スポーツとエリーゼ スポーツ220は、既存の「エリーゼ」および「エリーゼS」の改良モデルである。

車両重量はエリーゼ スポーツで866kg、エリーゼ スポーツ220で914kgと、ともに従来モデルより10kg軽量化(いずれも本国公表値)。1.8リッターエンジンを搭載したエリーゼ スポーツ220は、0-100km/h加速4.6秒、最高速234km/hという動力性能を実現している。また今回の改良により、姿勢制御システムの「ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント(DPM)」には、これまでオプションだった「スポーツ」モードが標準で採用された。

このほかにも、インテリアには新たに軽量スポーツシートを設定。インテリアトリムにはレザーやアルカンターラに加え、クラシックタータンをラインナップしている。

ボディーカラーは「ソリッド・レッド」「ソリッド・イエロー」「レーシング・グリーン」「メタリック・ブルー」「メタリック・シルバー」「メタリック・ホワイト」「メタリック・グレイ」「メタリック・オレンジ」「メタリック・ブラック」「エリーゼ・グレイ(リア・ディフューザーはマット・ブラック)」の全10色。タイヤサイズは前が175/55ZR16 、後ろが225/45ZR17で、オプションで鍛造アルミホイールが用意されている。

価格はエリーゼ スポーツが599万4000円、エリーゼ スポーツ220が712万8000円。日本でのデリバリー開始は2016年4月が予定されている。

(webCG)
 

関連キーワード:
エリーゼロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
ホームへ戻る