さらなる軽量化を果たした新型エリーゼが登場

2015.12.04 自動車ニュース
「ロータス・エリーゼ スポーツ」(手前)と「エリーゼ スポーツ220」(奥)。
「ロータス・エリーゼ スポーツ」(手前)と「エリーゼ スポーツ220」(奥)。

さらなる軽量化を果たした新型「ロータス・エリーゼ」が登場

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは、「ロータス・エリーゼ スポーツ/スポーツ220」の販売を2015年12月1日に開始した。

クラシックタータンのトリムが採用された「エリーゼ スポーツ」のインテリア。
クラシックタータンのトリムが採用された「エリーゼ スポーツ」のインテリア。
「エリーゼ スポーツ220」
「エリーゼ スポーツ220」
「エリーゼ スポーツ220」のインテリア。
「エリーゼ スポーツ220」のインテリア。
「エリーゼ スポーツ220」のロゴ。
 
「エリーゼ スポーツ220」のロゴ。
	 

■車両重量を従来モデルから10kg軽減

エリーゼ スポーツとエリーゼ スポーツ220は、既存の「エリーゼ」および「エリーゼS」の改良モデルである。

車両重量はエリーゼ スポーツで866kg、エリーゼ スポーツ220で914kgと、ともに従来モデルより10kg軽量化(いずれも本国公表値)。1.8リッターエンジンを搭載したエリーゼ スポーツ220は、0-100km/h加速4.6秒、最高速234km/hという動力性能を実現している。また今回の改良により、姿勢制御システムの「ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント(DPM)」には、これまでオプションだった「スポーツ」モードが標準で採用された。

このほかにも、インテリアには新たに軽量スポーツシートを設定。インテリアトリムにはレザーやアルカンターラに加え、クラシックタータンをラインナップしている。

ボディーカラーは「ソリッド・レッド」「ソリッド・イエロー」「レーシング・グリーン」「メタリック・ブルー」「メタリック・シルバー」「メタリック・ホワイト」「メタリック・グレイ」「メタリック・オレンジ」「メタリック・ブラック」「エリーゼ・グレイ(リア・ディフューザーはマット・ブラック)」の全10色。タイヤサイズは前が175/55ZR16 、後ろが225/45ZR17で、オプションで鍛造アルミホイールが用意されている。

価格はエリーゼ スポーツが599万4000円、エリーゼ スポーツ220が712万8000円。日本でのデリバリー開始は2016年4月が予定されている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エリーゼの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エリーゼS(MR/6MT)【試乗記】 2012.9.14 試乗記 ロータス・エリーゼS(MR/6MT)
    ……713万4000円

    新世代のエクステリアをまとい、日本の道に“復活”した「ロータス・エリーゼS」。スーパーチャージャーで武装した、最新型ライトウェイトスポーツカーの走りをリポートする。
  • ロータス・エリーゼS(MR/5MT)【ブリーフテスト】 2006.12.2 試乗記 ……501万9000円
    総合評価……★★★★★

    ローバー製の「K」ユニットの供給停止により、ハイパフォーマンスモデルの「R」に続いてスタンダードの「S」もトヨタ製エンジンを搭載することになった。その変更は、「エリーゼ」にプラスの要素をもたらしたのだった。


  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る