トヨタからS-FRのレースバージョンが登場【東京オートサロン2016】

2015.12.04 自動車ニュース
「トヨタS-FRレーシングコンセプト」

【東京オートサロン2016】トヨタから「S-FR」のレースバージョンが登場

トヨタ自動車は2015年12月3日、東京オートサロン2016(開催期間:2016年1月15日~17日)にTOYOTA GAZOO Racingとして出展、「トヨタS-FRレーシングコンセプト」ほかを展示すると発表した。

「S-FRレーシングコンセプト」
「ヴォクシー G’sコンセプト」
「ノア G’sコンセプト」

S-FRレーシングコンセプトは、東京モーターショー2015に出展されたコンセプトカー「トヨタS-FR」のレーシング仕様車である。大きく張り出したオーバーフェンダーや、エアアウトレットを備えたフロントボンネットに加え、フロントアンダースポイラー、カナード、リアスポイラーなど、各所にCFRP製の大型エアロパーツが採用されている。

このほかにも、「新スポーティミニバンの提案」をキーワードとし、ミニバンであることを意識させない走りと上質な乗り心地を両立させたという「ヴォクシー G’sコンセプト」「ノア G’sコンセプト」を出品。モータースポーツ関連では、2007年から参戦を続けているニュルブルクリンク24時間耐久レースの歴代参戦車両や、2015年にFIA世界耐久選手権(WEC)や全日本ラリー選手権で活躍した車両などの展示を予定している。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。