装備を充実させた特別な三菱eKスペースが登場

2015.12.04 自動車ニュース

「三菱eKスペース カスタムTスタイルエディション」


	「三菱eKスペース カスタムTスタイルエディション」

装備を充実させた特別な「三菱eKスペース」が登場

三菱自動車は2015年12月3日、軽トールワゴン「eKスペース」に、特別仕様車「Style Edition(スタイルエディション)」を設定し、販売を開始した。

「eKスペースGスタイルエディション」
「eKスペースGスタイルエディション」

■専用設定される2種類の新色にも注目

今回のスタイルエディションは、「G」と「カスタムT」の2グレードをベースに、装備をより充実させた特別仕様車である。

具体的には、「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム」と「誤発進抑制機能運転支援システム」からなる「e-Assist」を標準装備としたほか、フロントウィンドウとフロントドア/フロントクオーターウィンドウに、IR(赤外線)カット機能を追加。またカスタムTスタイルエディションにはマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付き)を、Gスタイルエディションにはリア両側ワンタッチ電動スライドドアを採用した(リア両側ワンタッチ電動スライドドアはカスタムTではベース車に標準装備)。また4WD車に加え、FF車にも寒冷地仕様を標準で採用している。

内外装にも手を加えており、Gには通常はオプション扱いの14 インチアルミホイールを標準装備。カスタムTにはメッキモールとピアノブラックの装飾を施した本革巻きステアリングホイールを採用したほか、ドアアームレストにメッキ調ラインモールを施している。

ボディーカラーには、Gでは同車専用設定の2トーンスタイル「ウォーターブルーメタリック/ホワイトパール」を含む5種類の、カスタムTでは同じく専用設定の「ライトニングブルーマイカ/ブラックマイカ」を含む5種類のバリエーションを設定。なおカスタムTで2トーンスタイルを選択した場合、フロントグリル、ヘッドライトアクセント、フォグランプベゼル、テールゲートガーニッシュをダーククロムメッキ化した「アーバントーンスタイル」がセットとなる。

価格は以下の通り。
・Gスタイルエディション(FF):151万4160円
・Gスタイルエディション(4WD):162万1080円
・カスタムTスタイルエディション(FF):180万9000円
・カスタムTスタイルエディション(4WD):191万5920円

(webCG)
 

関連キーワード:
eKスペースeKスペース カスタム三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
  • スズキGSX-R1000R ABS(MR/6MT)【レビュー】 2017.10.26 試乗記 「The Top Performer」という潔いうたい文句とともに、「スズキGSX-R1000R」がいよいよ日本に正規導入された。世界耐久選手権やMotoGPの技術が取り入れられたという旗艦モデルの走りとは? 公道での試乗を通し、実力の一端を垣間見た。
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペー... 2015.5.26 試乗記
  • ホンダ、「N-ONE」のマイナーチェンジ情報をウェブで先行公開 2017.11.9 自動車ニュース