装備を充実させた特別な三菱eKスペースが登場

2015.12.04 自動車ニュース

「三菱eKスペース カスタムTスタイルエディション」


	「三菱eKスペース カスタムTスタイルエディション」

装備を充実させた特別な「三菱eKスペース」が登場

三菱自動車は2015年12月3日、軽トールワゴン「eKスペース」に、特別仕様車「Style Edition(スタイルエディション)」を設定し、販売を開始した。

「eKスペースGスタイルエディション」
「eKスペースGスタイルエディション」

■専用設定される2種類の新色にも注目

今回のスタイルエディションは、「G」と「カスタムT」の2グレードをベースに、装備をより充実させた特別仕様車である。

具体的には、「低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム」と「誤発進抑制機能運転支援システム」からなる「e-Assist」を標準装備としたほか、フロントウィンドウとフロントドア/フロントクオーターウィンドウに、IR(赤外線)カット機能を追加。またカスタムTスタイルエディションにはマルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付き)を、Gスタイルエディションにはリア両側ワンタッチ電動スライドドアを採用した(リア両側ワンタッチ電動スライドドアはカスタムTではベース車に標準装備)。また4WD車に加え、FF車にも寒冷地仕様を標準で採用している。

内外装にも手を加えており、Gには通常はオプション扱いの14 インチアルミホイールを標準装備。カスタムTにはメッキモールとピアノブラックの装飾を施した本革巻きステアリングホイールを採用したほか、ドアアームレストにメッキ調ラインモールを施している。

ボディーカラーには、Gでは同車専用設定の2トーンスタイル「ウォーターブルーメタリック/ホワイトパール」を含む5種類の、カスタムTでは同じく専用設定の「ライトニングブルーマイカ/ブラックマイカ」を含む5種類のバリエーションを設定。なおカスタムTで2トーンスタイルを選択した場合、フロントグリル、ヘッドライトアクセント、フォグランプベゼル、テールゲートガーニッシュをダーククロムメッキ化した「アーバントーンスタイル」がセットとなる。

価格は以下の通り。
・Gスタイルエディション(FF):151万4160円
・Gスタイルエディション(4WD):162万1080円
・カスタムTスタイルエディション(FF):180万9000円
・カスタムTスタイルエディション(4WD):191万5920円

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKスペースの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • 三菱eKスペース カスタムT e-Assist(FF/CVT)/eKスペースG e-Assist(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.26 試乗記 三菱が軽スーパーハイトワゴン「ekスペース」に年次改良を実施。燃費の改善やカラーバリエーションの追加など、細部にわたり改良が施された同車の実力に触れるとともに、解決すべき課題を探った。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKカスタムT(FF/CVT)【試乗記】 2013.6.26 試乗記 軽トールワゴンという激戦区に、満を持して登場した「eKワゴン」。このジャンルを切り開いた三菱自動車の“期待の星”は、何を武器にライバルと戦うのか。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る