第22回:ラウンドアバウト――環状交差点の“今”を見に行く(最終回)
リニアと高速道路と日焼けと、最後に警察庁の発表

2015.12.07 エッセイ
西に中央アルプス、東に南アルプスがそびえ、南北に天竜川が流れる、長野県南部に位置する飯田市。
西に中央アルプス、東に南アルプスがそびえ、南北に天竜川が流れる、長野県南部に位置する飯田市。

ラウンドアバウトとは関係ない話題だけれど、JR東海が2027年の開業を目指すリニア中央新幹線の、品川と名古屋の間に建設される駅は4つで、品川から出発したら3番目に止まる駅が飯田なのである。
ラウンドアバウトとは関係ない話題だけれど、新東名高速道路の浜松いなさJCTからまっすぐ北に向けて建設が進む三遠南信自動車道の終点は飯田(中央自動車道の飯田山本IC)なのである。
そう遠くない将来のリニアと高速道路。飯田、注目の気配あり、と言っておこう。

東和町のラウンドアバウトには、ラウンドアバウトについての説明が書かれた看板が設置されている。
東和町のラウンドアバウトには、ラウンドアバウトについての説明が書かれた看板が設置されている。

2009年の交差点周辺の状況と整備による効果が完成イメージ図入りで説明されていて、当時の変化の様子がうかがえる。


	2009年の交差点周辺の状況と整備による効果が完成イメージ図入りで説明されていて、当時の変化の様子がうかがえる。
信号交差点だった場所をラウンドアバウトに改修した全国で最初の地点である東和町。
信号交差点だった場所をラウンドアバウトに改修した全国で最初の地点である東和町。

紆余曲折の末

さて、飯田市でなぜラウンドアバウトなのか、である。
なぜ“今”なのか、である。

そもそもを言いだすと、都市計画道路整備の過程で東和町の交差点を改修する必要に迫られたのが事の始まりだった。ところが、ここは5枝(の道路)が集まる変則交差点なものだから話は簡単には進まない。昔はともかく、現在の道路構造令(=道路の統一性や安全性の基準を定めた道路法にもとづく政令)が5枝の交差点を認めていないのだ。そこには次のように書いてある。

道路は、駅前広場等特別の箇所を除き、同一カ所において同一平面で5以上交会させてはならない。

さて、困った。
交差点の改修ができないというのだから、そりゃ困る。
じゃ、どうする!?
ラウンドアバウトの実現までには紆余(うよ)曲折を経るのだが、そこのところを省略してざっくり話を進めると次のようになる。

「ラウンドアバウトはどうよ」
「おお、それはいい。それならば変則5枝もあり、だ」

せっかくのアイデアだったが、しかし、それもうまくいかない。まだ日本に存在しない形式の交差点なものだから、安全性はどうなんだ、とかいう懸念に代表される各方面からの慎重意見によってラウンドアバウト化に強烈な歯止めがかかってしまったのだった。
万事休す。
ところが、事態が急転する。そのきっかけとなったのは、あの不幸な出来事だった。東日本大震災である。
想像を絶する大災害。知ってのとおり、交差点の信号機が停電でつかなくなった地域もあって、それやこれやさまざまな要因が重なり、停電で交差点の機能が失われることのないラウンドアバウトがあらためて注目される結果になったのだ。
交差点をラウンドアバウトに改修(吾妻町は2011年、東和町は2012年)して行う社会実験が、飯田市でだけでなく、各地で本格的にスタートするのはそれからである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。現在『CAR GRAPHIC』誌で「矢貫 隆のニッポンジドウシャ奇譚」を連載中。『自殺―生き残りの証言』(文春文庫)、『刑場に消ゆ』(文藝春秋)、『タクシー運転手が教える秘密の京都』(文藝春秋)など、著書多数。