PHEVのメルセデス・ベンツCクラスが登場

2015.12.04 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド」
「メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド」 拡大

「メルセデス・ベンツCクラス」のプラグインハイブリッドモデルが登場

メルセデス・ベンツ日本は2015年12月4日、プラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」「C350eアバンギャルド ステーションワゴン」を発表。同日、注文受付を開始した。デリバリーは、2016年1月になる見込み。

セダン「C350eアバンギャルド」のリアビュー。
セダン「C350eアバンギャルド」のリアビュー。 拡大
「C350eアバンギャルド」のインテリア。
「C350eアバンギャルド」のインテリア。 拡大
ワゴンモデルの「C350eアバンギャルド ステーションワゴン」。給電口は車体後方に設けられている。
ワゴンモデルの「C350eアバンギャルド ステーションワゴン」。給電口は車体後方に設けられている。 拡大

■優れた動力性能と燃費を両立

今回発表されたC350eアバンギャルドとC350eアバンギャルド ステーションワゴンは、「メルセデス・ベンツCクラス」で初となるプラグインハイブリッド車。
日本で扱われるメルセデスのプラグインハイブリッド車としては、「S550eロング」(2015年8月に「S550プラグインハイブリッド ロング」から車名変更)に次ぐ、2番目のモデルとなる。

パワーユニットは、「C250スポーツ」に搭載される2リッター直4ターボ(最高出力211ps、最大トルク35.7kgm)に、最高出力82ps、最大トルク34.7kgmを発生しブースト機能も併せ持つ電気モーターを組み合わせたもの。システム全体で279psと61.2kgmを発生する。
トランスミッションは7段ATで、駆動方式はFR。ガソリンエンジンと電気モーターを状況に応じて使い分け、優れたパフォーマンスを発揮。切れ目のない加速感を提供するとうたわれる。

リチウムイオンバッテリーの充電時間は、走行しながら充電を行うCHARGEモードで約40分。AC200V電源を使用した場合は約4時間を要する。電気モーターのみでの走行は、最高130km/hまで可能。航続可能距離はC350eアバンギャルドが28.6km、C350eアバンギャルド ステーションワゴンが28.8kmとなっている。
JC08モードの燃費値は、C350eアバンギャルドが17.2km/リッター、C350eアバンギャルド ステーションワゴンが16.5km/リッターである。

アクセルペダルの抵抗を増すことで、モーターのみで走行する「EVモード」とエンジン+モーターで走行する「ハイブリッドモード」の切り替えポイントをドライバーに伝えたり、アクセルペダルに2回のノックパルスを発生させることにより、アクセルペダルから足を放す適切なタイミングを知らせたりする「インテリジェントアクセルペダル」も備わる。

価格は以下の通り。ハンドル位置は右のみとなる。
・C350eアバンギャルド:707万円
・C350eアバンギャルド ステーションワゴン:782万円

(webCG)

関連キーワード:
Cクラス セダンCクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.6.29 試乗記 4代目になってから5年目、「メルセデス・ベンツCクラス」が大幅改良。外観の変化は少ないが、パワーユニットはガソリン・ディーゼルともに一新。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディーすべてのモデルにルクセンブルグで試乗した。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・アテンザセダン25S Lパッケージ/アテンザワゴンXD Lパッケージ【試乗記】 2018.7.12 試乗記 マツダの旗艦モデル「アテンザ」が、現行世代では過去最大といわれるほどの大幅改良を受けた。内外装のデザインや仕立てはもちろん、エンジン、ボディー、足まわりと、クルマを構成するあらゆる箇所がブラッシュアップされた最新モデルの出来栄えを確かめた。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
ホームへ戻る