パナメーラGTSデビュー 日本でも受注始まる【LAショー2011】

2011.11.17 自動車ニュース

【LAショー2011】「ポルシェ・パナメーラGTS」がデビュー 日本でも受注始まる

ポルシェジャパンは、2011年11月16日にロサンゼルスオートショーで公開されたニューモデル「ポルシェ・パナメーラGTS」の受注を、11月30日に開始する。

「パナメーラGTS」は、ポルシェの4ドア4シーターモデル「パナメーラ」シリーズに追加された新グレード。同社をして“最もスポーティーなグランツーリスモ”と言わしめるニューモデルである。

エクステリアは、専用デザインのバンパーやブラック仕上げのグリル、サイドシル、エアアウトレットなどが特徴で、インテリアについても、スポーツシートやシフトパドル付きのスポーツデザインステアリングホイールなどを装備。シート中央部やルーフライニングなどに用いられるアルカンターラと相まって、スポーティーなキャラクターが強調される。

搭載されるエンジンは、自然吸気の4.8リッターV8。「パナメーラ4S」を30psと2.0kgm上回る、430psと53.0kgmを発生する。トランスミッションは7段PDKのみ。駆動方式は4WDが採用され、比較的ハードにセッティングされたダンパーをもつエアサスペンションと19インチアルミホイール、「パナメーラターボ」と同じブレーキシステムなどが走りを支える。スポーツクロノパッケージやPASM(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム)が標準で与えられるのもポイントだ。

パフォーマンスは0-100km/h加速が4.5秒で、最高速は288km/h。「パナメーラ4S」(5.0秒、282km/h)より上、「パナメーラターボ」(4.2秒、303km/h)より下に位置付けられる。
なお、燃費値は欧州複合サイクルで9.17km/リッター。低転がり抵抗タイヤを使うと、9.34km/リッターにまで向上するとされる。

かような「パナメーラGTS」の価格は、「パナメーラ4S」(1447万円)より107万円高く、「パナメーラターボ」(2086万円)より532万円安い1554万円。日本市場へのデリバリー開始は2012年春が予定されている。

(webCG 関)

「ポルシェ・パナメーラGTS」
「ポルシェ・パナメーラGTS」

パナメーラGTSデビュー 日本でも受注始まる【LAショー2011】の画像

パナメーラGTSデビュー 日本でも受注始まる【LAショー2011】の画像

パナメーラGTSデビュー 日本でも受注始まる【LAショー2011】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パナメーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ 2016.10.8 画像・写真 ポルシェが東京都内で新型「パナメーラ」の特別展示会を開催した。展示車両は4リッターV8ターボエンジンを搭載した高性能モデル「ターボ」で、0-100km/h加速は3.6秒という動力性能を有している。2代目となる新型パナメーラの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
  • 「シャトーパナメーラ スペシャルナイト」の会場から 2016.12.20 画像・写真 2016年12月20日、新型「ポルシェ・パナメーラ」の先行公開イベント「シャトーパナメーラ スペシャルナイト」が東京・恵比寿で開催された。女優の真矢ミキさんや音楽家の高橋幸宏さんもゲスト出演した、会場の様子を写真で紹介する。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る