スバルWRX STI S207(4WD/6MT)

乗り継ぐ人がいるのも納得 2015.12.10 試乗記 高性能スポーツセダン「スバルWRX STI」をベースに、スバルのモータースポーツ活動を行うSTI(スバルテクニカインターナショナル)がチューニングを施したコンプリートカー「S207」。「究極のロードゴーイングSTI」とうたわれる400台限定のスペシャルモデルの実力を試す。

毎度のことながら売り切れ御免

バイヤーズガイドのつもりで試乗記を書いても、張り合いがないのがSTIの限定コンプリートカーである。
このS207もそうだ。2015年10月29日に限定400台の受注を開始すると、その日のうちに完売した。三鷹のSTIへ試乗車を借りに行った時には、とっくに売り切れ御免だったのだ。
即日完売のペースだとさすがに先着順を判定するのは難しいらしく、応募者680名のなかから抽選で決めるという。それくらいなら全員に売ってあげたら? と思ってしまったが、限定はあくまで限定。余計につくるのはコンプライアンス的にも無理らしい。そりゃそうか。

S207は、前作「S206」以来4年ぶり、現行WRX STIベースとしては初めてとなるSシリーズの最新作である。ノーマルWRX STIに上乗せされたスペックの詳細は、ニューモデル解説にくわしいが、一番の話題は、「EJ20」型エンジンがさらに進化したことである。構成部品のバランス取りを重ね、排気抵抗を低減し、専用のECUを与えるなどした結果、パワーもS206の320psから328psへと微増し、「ポルシェ911カレラ」とほぼ同等のピークトルク(44.0kgm)は発生回転数が3200-4800rpmと、S206より400rpm高いところまで維持されるようになった。

試乗したのは「NBR(ニュルブルクリンク)チャレンジパッケージ」(631万8000円)。400台の内の半分を占める主力グレードで、ノーマルS207(599万4000円)にカーボン製リアウイングや、「2015ニュルブルクリンク24時間レース クラス優勝」を示すエンブレムなどの専用装備を与えたものである。

「スバルWRX STI」をベースに、STIが独自のチューニングを加えたコンプリートカー「S207」。2015年10月29日に予約受け付けが開始され、同年12月1日に発売された。


	「スバルWRX STI」をベースに、STIが独自のチューニングを加えたコンプリートカー「S207」。2015年10月29日に予約受け付けが開始され、同年12月1日に発売された。
「S207」のインストゥルメントパネルまわり。専用の装飾パネルやドアトリムなど、各所に手が加えられている。
「S207」のインストゥルメントパネルまわり。専用の装飾パネルやドアトリムなど、各所に手が加えられている。
センターコンソールに装着されたシリアルナンバープレート。「S207」の販売は400台限定で、すでに完売している。
センターコンソールに装着されたシリアルナンバープレート。「S207」の販売は400台限定で、すでに完売している。
テールゲートに装着された「S207」のオーナメントと、「NBRチャレンジパッケージ」専用の丸いエンブレム。
テールゲートに装着された「S207」のオーナメントと、「NBRチャレンジパッケージ」専用の丸いエンブレム。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

WRX STIの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX STI Type S(4WD/6MT)【試乗記】 2014.10.30 試乗記 スバル自慢のスポーツモデル「WRX STI」。街中や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションでの試乗を通して感じたこととは?
  • スバルWRX S4 GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.9.8 試乗記 年次改良により、「スバルWRX S4」の上級グレード「GT-S EyeSight」に、「WRX STI」と同じ245/40R18サイズのハイパフォーマンスタイヤがオプション設定された。専用チューニングのサスペンションまでおごられたという“245タイヤのS4”に試乗し、その走りの実力を確かめた。
  • スバルWRX S4 2.0GT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.31 試乗記 300psの直噴ターボエンジンを搭載したスバルのスポーツセダン「WRX S4」が、デビューから1年を待たずに、足まわりの調整や安全装備の強化といった改良を受けた。エントリーグレード「2.0GT EyeSight」の試乗を通し、その出来栄えをチェックする。
  • スバルWRX S4(4WD/CVT)/WRX STI(4WD/6MT)【試乗記】 2014.8.26 試乗記 いよいよ登場した新型「スバルWRX」。「インプレッサ」の名を捨て、「S4」「STI」の2モデル態勢でデビューした新しいスバルの旗手を、サーキットで試す。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る