日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016は……

2015.12.07 自動車ニュース
「マツダ・ロードスター」
「マツダ・ロードスター」 拡大

「マツダ・ロードスター」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016」を受賞

“その年の最も優秀なクルマ”を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016」の最終選考会が2015年12月7日に東京都内で開かれ、「マツダ・ロードスター」が今年のイヤーカーに選ばれた。

「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」
「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」 拡大
「テスラ・モデルS P85D」
「テスラ・モデルS P85D」 拡大
「スズキ・アルト」
「スズキ・アルト」 拡大
「トヨタ・ミライ」
「トヨタ・ミライ」 拡大

栄冠に輝いたのは、マツダ・ロードスター。昨年の「デミオ」に続き、マツダ車が2年連続でタイトルを獲得した。次点は「ホンダS660」。今年のカー・オブ・ザ・イヤーは、オープン2シータースポーツ同士の争いとなった。

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016は、3位の点数を得た「BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー」が受賞。
その他各賞は、イノベーション部門賞が「テスラ・モデルS P85D」に、スモールモビリティ部門賞が「スズキ・アルト/アルト ターボRS/アルトラパン」に、実行委員会特別賞が「ヤナセ100周年」と「トヨタ・ミライ」に贈られた。

なお、第1次選考対象車「10ベストカー」と、最終選考での順位および得票点数は以下の通り。

1位:マツダ・ロードスター(442点)
2位:ホンダS660(401点)
3位:BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー(177点)
4位:ジャガーXE(149点)
5位:テスラ・モデルS P85D(110点)
6位:スズキ・アルト/アルト ターボRS/アルトラパン(75点)
7位:トヨタ・シエンタ(70点)
8位:フィアット500X(51点)
9位:スバル・レガシィアウトバック/レガシィB4(20点)
10位:日産エクストレイル ハイブリッド(5点)

(webCG)

関連キーワード:
ロードスター2シリーズ クーペモデルSアルトミライマツダBMWテスラスズキトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】NEW 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る