アウディA3スポーツバックe-tron(FF/6AT)

もう特別扱いはいらない 2015.12.11 試乗記 アウディブランド初となるプラグインハイブリッド車「A3スポーツバックe-tron」に試乗。実際に接してわかった、一般的なガソリンエンジン車との走りの違いや燃費性能、給電・充電のコツなどを報告する。

CHAdeMOには非対応

試乗車を受け取ってメーターを見ると、バッテリーの充電状態を示すLEDバーグラフは8つのうち2つだけが点灯している状態だった。これは困る。A3スポーツバックe-tronはプラグインハイブリッド車なのに、電池残量が少なければ重めのハイブリッド車でしかない。ちゃんとテストするためには、早く充電しなければ。しかし、自宅ガレージなど持っていないから、夜間充電ができない。諦めて、翌日充電サービスを受けられる場所に行くことにした。

このところ充電インフラはかなり充実してきていて、高速道路のサービスエリアには急速充電器が備えられているのが常識だ。気の利いたショッピングモールなら、充電専用駐車エリアが設置されている。観光地もEVで来訪してもらうための施策を進めているところが多い。箱根では町をあげて取り組んでおり、「充電スポットマップ」なるものが配られていたりする。

それで甘く考えていたのだが、大事なことを見落としていた。e-tronが対応しているのは、100Vと200Vの普通充電だけなのだ。設置されている充電器の多くは日本発の規格であるCHAdeMO対応のものである。以前「BMW i3」に乗った時は、設置されているのが普通充電器だとガッカリしていた。CHAdeMOと普通充電の両方に対応しているので、圧倒的に速いCHAdeMOのほうがうれしいに決まっている。しかし、e-tronでは何の役にも立たない。

ネット上には充電スポットの情報がたくさんあるが、普通充電器の数は驚くほど少ない。それでも充電スポット密度の高い東京だけあって、自宅からほんの数キロ走ったところに普通充電器が設置されているという情報があった。200Vなら3時間ほどでフル充電になるので、車内で本でも読みながら待てばいい。

インテリアの様子。基本的な造形は、純粋なガソリンエンジン車の「A3」と変わらない。
インテリアの様子。基本的な造形は、純粋なガソリンエンジン車の「A3」と変わらない。
「A3スポーツバックe-tron」の計器盤。左に見えるパワーメーターは、プラグインハイブリッドモデルならではのもの。
「A3スポーツバックe-tron」の計器盤。左に見えるパワーメーターは、プラグインハイブリッドモデルならではのもの。
テスト車の荷室に搭載されていた充電ケーブルのセット。価格は1万円。
テスト車の荷室に搭載されていた充電ケーブルのセット。価格は1万円。
アウディブランド初のプラグインハイブリッド車となる「A3スポーツバックe-tron」。日本では、2015年11月12日に発売された。
アウディブランド初のプラグインハイブリッド車となる「A3スポーツバックe-tron」。日本では、2015年11月12日に発売された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A3スポーツバックe-tronの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS1(4WD/6MT)【試乗記】 2015.1.12 試乗記 コンパクトハッチバック「A1」をベースとする、アウディの小さな高性能車「S1」が登場。1980年代に活躍したラリーマシンの名を冠する、ニューモデルの走りは……? 燃費も含め、試乗の結果を報告する。
  • アウディS1スポーツバック(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.18 試乗記 「S3」譲りの“ダブルインジェクション”エンジンに、クワトロ4WDシステム、そして4リンク・リアサスペンションと、小さなボディーにアウディのホットなテクノロジーが詰まった「S1/S1スポーツバック」。6段MTを駆使して、路面に231psをたたきつけると……? S1スポーツバックで箱根のワインディングロードに繰り出した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る