スズキがハスラーの装備を強化、燃費性能も向上

2015.12.07 自動車ニュース
「スズキ・ハスラーX」。ボディーカラーは新色の「ポジティブグリーンメタリック ブラック2トーンルーフ」。
「スズキ・ハスラーX」。ボディーカラーは新色の「ポジティブグリーンメタリック ブラック2トーンルーフ」。

スズキが「ハスラー」の装備を強化、燃費性能も向上

スズキは2015年12月7日、軽乗用車「ハスラー」に一部改良を実施し、販売を開始した。

新色の「アクティブイエロー ブラック2トーンルーフ」。
新色の「アクティブイエロー ブラック2トーンルーフ」。
今回の改良により、インテリアのカラーパネルの色は「アクティブイエロー」「ピュアホワイト」「パッションオレンジ」の3色となった。
今回の改良により、インテリアのカラーパネルの色は「アクティブイエロー」「ピュアホワイト」「パッションオレンジ」の3色となった。
新たに採用された、黒基調のデジタルカムフラージュ柄のシート表皮。
新たに採用された、黒基調のデジタルカムフラージュ柄のシート表皮。

■キモは「S-エネチャージ」と「デュアルカメラブレーキサポート」

今回の改良では、これまで自然吸気(NA)車のみに搭載されていたモーターアシスト機構の「S-エネチャージ」を、ターボ車にも導入。加速時に、約100km/h以下の車速域で最長30秒間のモーターアシストを行うことにより、燃費性能をFF車で27.8km/リッター、4WD車で26.2km/リッター(ともにJC08モード)に改善した。

装備の強化も図っており、衝突被害軽減システムにはミリ波レーダー方式の「レーダーブレーキサポート」に代えて、ステレオカメラ方式の「デュアルカメラブレーキサポート」を採用。誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、エマージェンシーストップシグナル、ESP(横滑り防止機構)とのセットで、上級グレードの「X」「Xターボ」に標準装備、「G」のCVT車と「Gターボ」にオプション設定した。

このほかにも、XとXターボに全方位モニター付きメモリーナビゲーションをオプション設定したほか、「A」とGの5MT車を除く全仕様に助手席シートヒーターを、GのCVT車とGターボに運転席シートリフター、フロントアームレストボックス、チルトステアリングを新たに採用した。

■インテリア、エクステリアともにカラーバリエーションを充実

内外装についても手を加えており、エクステリアではボディーカラーに新色の「アクティブイエロー ブラック2トーンルーフ」「ポジティブグリーンメタリック ブラック2トーンルーフ」や、「シフォンアイボリーメタリック」を新たに設定。全11種類のカラーバリエーションとした。

一方インテリアでは、シート表皮を黒基調のデジタルカムフラージュ柄としたほか、A以外のグレードに採用されるシートパイピングにはイエローとグリーンの2色を追加。全6色の設定とした。またボディーカラーにアクティブイエロー ブラック2トーンルーフが選択された車両については、インパネとドアトリムにイエローカラーパネルを採用した。

価格は107万8920円~173万7720円。

(webCG)

関連キーワード:
ハスラースズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ハスラー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.24 試乗記 ユニークな見た目で話題の新型軽「スズキ・ハスラー」。では、実際に乗ってみたらどうなのか? 燃費を含め、クルマとしての仕上がりを報告する。
  • スズキ・ハスラー Xターボ(4WD/CVT)/ハスラー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.1.23 試乗記 ハイトワゴンの使い勝手とSUVテイストのデザインを併せ持つ「スズキ・ハスラー」に試乗。日本ならではの「カワイイ文化」が生んだ、軽クロスオーバーの実力を試した。
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記
  • スズキ・ハスラー(後編) 2013.12.24 画像・写真