ブリヂストンから軽自動車用の新タイヤが登場

2015.12.07 自動車ニュース

ブリヂストンの新たな軽自動車用タイヤ「REGNO GR-Leggera」登場

ブリヂストンは2015年12月4日、軽自動車用タイヤの新製品「REGNO GR-Leggera(レグノ・ジーアール レジェーラ)」を2016年2月15日に発売すると発表した。

GR-Leggeraは、ブリヂストンが普通車用のREGNOで培った“サイレントテクノロジー”を生かして開発された、REGNOブランド初となる軽自動車用タイヤ。軽自動車向けの専用のチューニングを施すことで、REGNOの名にふさわしい、より静かな車内空間を実現するという。
タイヤの形状やトレッドパターンもGR-Leggera専用に開発されたもので、ハイト系をはじめ多様化が進む軽自動車においても、車両のふらつきを最小限に抑え、快適な乗り心地や優れた操縦安定性を提供できるとアピールされる。

偏摩耗の発生抑制や、ブリヂストンのスタンダードタイヤ「ECOPIA EX20C」比で+10%とされる摩耗ライフ、ぬれた路面での滑りにくさもセリングポイントとなっている。

発売サイズと価格は、以下の通り。
・155/65R14:1万3500円
・165/55R14:1万6308円
・165/55R15:1万7820円

(webCG)

「REGNO GR-Leggera」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。