ディーゼルのボルボV40にスポーティーな限定車

2015.12.08 自動車ニュース

ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車

ボルボ・カー・ジャパンは2015年12月8日、「V40」に特別仕様車「D4 R-DESIGN」を設定し、200台限定で販売を開始した。

今回のV40 D4 R-DESIGNは、2リッターディーゼルターボエンジン搭載車をベースに、専用の内外装やスポーツサスペンションなどを採用した限定モデルである。

特別装備の内容は、以下の通り。
・R-DESIGN専用エクステリア(シルクメタルフレーム・フロントグリル、フロントバンパー、LEDドライビングライト、18インチアルミホイール“Ixion II”<ダイヤモンドカット/マットブラック>、リアバンパー<専用ディフューザー付き>、デュアル・スポーツテールパイプ、シルバー・ドアミラーカバー、サイドウィンドウ・クロムトリム、スポーツサスペンション)
・R-DESIGN専用インテリア(本革/パーフォレーテッドレザーコンビネーション、本革巻き/シルクメタル・ステアリングホイール<シフトパドル付き>、イルミネーテッドシフトノブ、本革巻きハンドブレーキグリップ、デジタル液晶メーターパネル、スポーツペダル、アルミニウム・パネル、フロアマット、ルーフライナー<チャコール>)
・パノラマ・ガラスルーフ
・プレミアムサウンド・オーディオシステム/マルチメディア(650W、harman/kardon 10スピーカー)
・パークアシスト・パイロット―縦列駐車支援システム(パークアシスト・フロントを含む)
・歩行者エアバッグ
・PCC/キーレスドライブ
・HDDナビゲーションシステム、VICS3
・12セグ地上デジタルTV(リモートコントロール付き)

ボディーカラーは「パッションレッド」「アイスホワイト」「クリスタルホワイトパール」「パワーブルーメタリック」「オニキスブラックメタリック」の全5色。価格は459万円。

(webCG)
 

「ボルボV40 D4 R-DESIGN」
「ボルボV40 D4 R-DESIGN」

関連キーワード:
V40ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS60ポールスター/V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター【試乗記】 2018.1.13 試乗記 電動モデル専門ブランドへの転身を表明したポールスターにとって、最後の“純内燃機関コンプリートカー”となる「S60ポールスター」に試乗。ポールスター製パーツを装備した「V40 D4 R-DESIGN」のチューンドカーと併せ、その古き良き(?)走りをリポートする。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • 第7回:「XC60」で行く吉田由美の爽快ドライブ 2018.1.9 徹底検証! ボルボXC60 カーライフエッセイストの吉田由美が新型「ボルボXC60」で、東京近郊の渓谷までドライブ。9年ぶりにフルモデルチェンジしたボルボの売れ筋SUVはどんなクルマに仕上がっているのか、その走りや使い勝手について詳しく報告する。
  • 「ボルボV40」にナビ付きで299万円の特別仕様車が登場 2017.12.28 自動車ニュース 「ボルボV40」に100台限定の特別仕様車「V40 T2ナビエディション」が登場。エントリーグレードの「T2キネティック」をベースに、HDDナビゲーションシステムと純正ドライブレコーダーを標準装備している。価格はベース車から据え置きの299万円。
ホームへ戻る