ディーゼルのボルボV40にスポーティーな限定車

2015.12.08 自動車ニュース

ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車

ボルボ・カー・ジャパンは2015年12月8日、「V40」に特別仕様車「D4 R-DESIGN」を設定し、200台限定で販売を開始した。

今回のV40 D4 R-DESIGNは、2リッターディーゼルターボエンジン搭載車をベースに、専用の内外装やスポーツサスペンションなどを採用した限定モデルである。

特別装備の内容は、以下の通り。
・R-DESIGN専用エクステリア(シルクメタルフレーム・フロントグリル、フロントバンパー、LEDドライビングライト、18インチアルミホイール“Ixion II”<ダイヤモンドカット/マットブラック>、リアバンパー<専用ディフューザー付き>、デュアル・スポーツテールパイプ、シルバー・ドアミラーカバー、サイドウィンドウ・クロムトリム、スポーツサスペンション)
・R-DESIGN専用インテリア(本革/パーフォレーテッドレザーコンビネーション、本革巻き/シルクメタル・ステアリングホイール<シフトパドル付き>、イルミネーテッドシフトノブ、本革巻きハンドブレーキグリップ、デジタル液晶メーターパネル、スポーツペダル、アルミニウム・パネル、フロアマット、ルーフライナー<チャコール>)
・パノラマ・ガラスルーフ
・プレミアムサウンド・オーディオシステム/マルチメディア(650W、harman/kardon 10スピーカー)
・パークアシスト・パイロット―縦列駐車支援システム(パークアシスト・フロントを含む)
・歩行者エアバッグ
・PCC/キーレスドライブ
・HDDナビゲーションシステム、VICS3
・12セグ地上デジタルTV(リモートコントロール付き)

ボディーカラーは「パッションレッド」「アイスホワイト」「クリスタルホワイトパール」「パワーブルーメタリック」「オニキスブラックメタリック」の全5色。価格は459万円。

(webCG)
 

「ボルボV40 D4 R-DESIGN」
「ボルボV40 D4 R-DESIGN」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • ボルボXC60 T6 AWD(4WD/8AT)/XC60 D5 AWD(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.6.29 試乗記 2017年秋に日本での発売が予定される2代目「ボルボXC60」に、スペインで試乗。ボルボ全販売台数の30%を占めるという売れ筋SUVはどう変わったのか、ガソリン車の「T6 AWD」とディーゼル車「D5 AWD」でチェックした。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る