ディーゼルのボルボV40にスポーティーな限定車

2015.12.08 自動車ニュース

ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車

ボルボ・カー・ジャパンは2015年12月8日、「V40」に特別仕様車「D4 R-DESIGN」を設定し、200台限定で販売を開始した。

今回のV40 D4 R-DESIGNは、2リッターディーゼルターボエンジン搭載車をベースに、専用の内外装やスポーツサスペンションなどを採用した限定モデルである。

特別装備の内容は、以下の通り。
・R-DESIGN専用エクステリア(シルクメタルフレーム・フロントグリル、フロントバンパー、LEDドライビングライト、18インチアルミホイール“Ixion II”<ダイヤモンドカット/マットブラック>、リアバンパー<専用ディフューザー付き>、デュアル・スポーツテールパイプ、シルバー・ドアミラーカバー、サイドウィンドウ・クロムトリム、スポーツサスペンション)
・R-DESIGN専用インテリア(本革/パーフォレーテッドレザーコンビネーション、本革巻き/シルクメタル・ステアリングホイール<シフトパドル付き>、イルミネーテッドシフトノブ、本革巻きハンドブレーキグリップ、デジタル液晶メーターパネル、スポーツペダル、アルミニウム・パネル、フロアマット、ルーフライナー<チャコール>)
・パノラマ・ガラスルーフ
・プレミアムサウンド・オーディオシステム/マルチメディア(650W、harman/kardon 10スピーカー)
・パークアシスト・パイロット―縦列駐車支援システム(パークアシスト・フロントを含む)
・歩行者エアバッグ
・PCC/キーレスドライブ
・HDDナビゲーションシステム、VICS3
・12セグ地上デジタルTV(リモートコントロール付き)

ボディーカラーは「パッションレッド」「アイスホワイト」「クリスタルホワイトパール」「パワーブルーメタリック」「オニキスブラックメタリック」の全5色。価格は459万円。

(webCG)
 

「ボルボV40 D4 R-DESIGN」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる 2015.8.10 特集 すぐれた燃費性能がうたわれる、ボルボのクリーンディーゼル搭載車。では、実際に満タン・無給油で、どれだけの距離を走れるのか? “ミスター・テスター”笹目二朗が、「V40 D4 SE」でテストした。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)【試乗記】 2015.12.25 試乗記 台数限定ではもったいない? 「ボルボV40」のディーゼルモデルにスポーティーな意匠とサスペンションチューニングが特徴の「R-DESIGN」が200台限定で登場。純正ROMチューンの「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施された車両に試乗し、その実力を確かめた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る