ダイハツ・キャスト スポーツ“SA II”(FF/CVT)

限りなく普通車に近い軽 2015.12.12 試乗記 ひとつの車型で3つのモデルを取りそろえるダイハツの新しい軽自動車「キャスト」。今回は、「アクティバ」「スタイル」より一歩遅れて発売された、“第3のモデル”こと「スポーツ」に試乗した。その特徴を一言で表すと……?

遅れてきた3本目の矢

アベノミクスのことではない。本家はかの毛利元就公が3人の子供に伝えたといわれる逸話。矢は1本では簡単に折れるが3本を束ねると折ろうとしても簡単には折れない。一族も同じように結束して力強く生きよ、という教訓である。

何の話かと思われるだろう。そもそもキャストは、現行型「ムーヴ」から導入されたダイハツの新しいクルマ作りの手法にそって開発された第2弾モデルである。とはいえ、第1弾のムーヴはダイハツの屋台骨を支える重要車種。キャストがブランニューモデルである以上、何かしらの新しい試みは当然必要であり……要するに、1本の矢では物足りないのだ。同じクルマではあるが、3種類のモデルをしっかり作り分けることでムーヴや「タント」、さらに「ミラ」シリーズとは異なる世界観を築くことが、キャストの立ち位置であり、使命と考えていいだろう。

2015年9月9日に3モデル同時に発表されたキャストだが、今回のスポーツだけは10月29日の発売。その理由としては生産上の問題などもあったようだが、まずは2モデルを先行させて他社の動きを見つつ、市場の感触をつかんだ上でこのモデルを投入したのだろう。ちなみに先行組のアクティバとスタイルは、販売開始1カ月で月販目標の4倍となる約2万台の受注を得ており、スポーツの登場に際して初動時のマーケットにおける下地はしっかり確保されたわけだ。

これでラインナップはそろった。中でもクルマ好き、走り好きの『webCG』読者諸兄姉にとって一番気になる存在なのは、やはり“スポーツ”の名前を冠するこのモデルだろう。

走りやスタイリングの異なる3つのモデルをラインナップする「ダイハツ・キャスト」。「アクティバ」と「スタイル」が2015年9月9日に発売されたのに対し、今回テストした「スポーツ」は、東京モーターショーの会期中の同年10月29日に発売された。
走りやスタイリングの異なる3つのモデルをラインナップする「ダイハツ・キャスト」。「アクティバ」と「スタイル」が2015年9月9日に発売されたのに対し、今回テストした「スポーツ」は、東京モーターショーの会期中の同年10月29日に発売された。
「キャスト スポーツ」のインストゥルメントパネルまわり。MOMO製の本革巻きステアリングホイールが装備されている。
「キャスト スポーツ」のインストゥルメントパネルまわり。MOMO製の本革巻きステアリングホイールが装備されている。
シートの形状は基本的に3モデル共通。運転席にはシートヒーターと収納付きセンターアームレストが装備される。
シートの形状は基本的に3モデル共通。運転席にはシートヒーターと収納付きセンターアームレストが装備される。
テールゲートに備えられた「CAST SPORT」のバッジ。
テールゲートに備えられた「CAST SPORT」のバッジ。
関連記事
  • ダイハツ・キャスト スポーツ 2015.11.13 画像・写真 「ダイハツ・キャスト」に、専用チューニングのサスペンションや16インチホイールなどを備えたスポーティーな「キャスト スポーツ」が登場。オープン2シーター「コペン」で培ったノウハウを取り入れたというキャスト第3のモデルの姿を、写真で紹介する。
  • ダイハツが「キャスト」を一部改良、特別仕様車も 2016.6.20 自動車ニュース ダイハツが「キャスト」を一部改良。ルーフなどをボディーと別色とする「デザインフィルムトップ」に新規設定色を採用するなど、カラーバリエーションを拡大した。同時に、レザー調シートを備えた特別仕様車「プライムコレクション」を発売した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • ダイハツ・キャスト アクティバGターボ“SA II”(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2015.12.4 試乗記 仕様やデザインの違いにより、「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」の3つのモデルを取りそろえる「ダイハツ・キャスト」。今回は、SUVライクなスタイリングと30mm高められた車高が特徴の「アクティバ」に試乗。ダイハツが誇る最新モデルの実力を確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る