【スペック】全長×全幅×全高=4670×1895×1370mm/ホイールベース=2780mm/車重=1720kg/駆動方式=4WD/3.8リッターV6DOHC24バルブターボインタークーラー付き(550ps/6400rpm、64.5kgm/3200-5800rpm)/価格=869万4000円(テスト車=1016万4000円/For TRACK PACK<専用サスペンション付き>=147万円)

日産GT-R Pure edition For TRACK PACK(4WD/6AT)【試乗記】

さらなる高みに 2011.11.17 試乗記 日産GT-R Pure edition For TRACK PACK(4WD/6AT)
……1016万4000円

「日産GT-R」の進化は止まらない。左右非対称のサスペンションセッティングが与えられる2012年モデルの走りやいかに。東北のニュル(?)、スポーツランドSUGOで試乗した。

0-100km/hは今や2.84秒

スポーツランドSUGOを「日産GT-R」で走っている。1周3.7kmのレースコース。レインボーコーナーを抜けると、黄旗が振られ、パイロンが置かれた場所で一時停止する。センターコンソールに並ぶセットアップスイッチを、トランスミッション「R」、VDC-R「R」、まんなかのショックアブソーバーだけは、「むしろノーマルのほうがタイヤの食いつきがいいですから」との事前説明通り「ノーマル」のままにする。ブレーキペダルを踏み付け、スロットルを開け、左足を上げてブレーキをリリース。絶妙のスタートダッシュを決めるローンチコントロールが作動してGT-Rが矢のように飛び出す!

……はずだったのだが、550ps、64.5kgmという大きなアウトプットを受けとめきれず、前255/40ZRF20、後285/35ZRF20の超扁平タイヤがむなしく路面をかく。一瞬の後、GT-Rは次のパイロンに向かって突進を始めた。「スタートの瞬間はハーフスロットル。動きはじめてからフルスロットルにしたほうがタイムが出ます」という、ステアリングを握る前に授けられたアドバイスを思い出すのは、試乗が終わってからだ。手だれの「0-100km/h」テストでは、前年モデルの3.0秒を上回る、2.84秒をたたき出すという。

次のパイロンでフルブレーキ。加速時と同じ獰猛(どうもう)さでGT-Rは速度を殺す。ニュルブルクリンクでは、1.9Gの減速Gを出すこともあるとか。続いて「速度70km/hで」との看板の指示に従いパイロンスラローム、回頭性をテストする。新しいサスペンションセッティングが与えられた2012年型GT-Rは、右、左、と素早い身のこなしを見せてドライバーを感心させる。最後のパイロンを終えると、ニッポンのスーパーセダンは「馬の背」コーナーへ。プレス試乗会では、新しいGT-Rの進化を満喫できるコースが設けられていた。

スポーツランドSUGOのS字コーナーを行く2012型「GT-R」。エンジン出力の向上に伴い、エンジンルーム後部が強化されている。写真は「Black edition」。
スポーツランドSUGOのS字コーナーを行く2012型「GT-R」。エンジン出力の向上に伴い、エンジンルーム後部が強化されている。写真は「Black edition」。
2012年モデルには、従来の「Spec V」の流れをくむカスタマイズオプション「For TRACK PACK」が新設された。
2012年モデルには、従来の「Spec V」の流れをくむカスタマイズオプション「For 
TRACK PACK」が新設された。
「For TRACK PACK」装着車のノーズには、ブレーキキャリパー冷却用のエアダクトが設けられたカーボン製スポイラーが付く。
「For TRACK PACK」装着車のノーズには、ブレーキキャリパー冷却用のエアダクトが設けられたカーボン製スポイラーが付く。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る