第428回:復活した「フィアット・ティーポ」はイタリア版「シルフィ」&「プレミオ」?

2015.12.11 エッセイ

懐かしいネーミングが復活

「フィアット・ティーポ」と聞いて多くの読者が思い出すのは、1988年に登場し、日本にも輸入された2ボックスハッチバックモデルだろう。当時自動車メディアは、「『フォルクスワーゲン・ゴルフ』に手ごわいライバル登場」と騒然となったものだ。

実際の販売では、そこまで強敵とはならなかったが、当時フィアットを率いていたヴィットリオ・ギデッラ社長の指揮下で開発が行われたそれは、ドイツブランドとはひと味違うデザインセンスをアピールし、実際にエクステリアデザインを担当したトリノのI.DE.Aインスティテュートの存在を世に知らしめた。

そのティーポの名が復活した。2015年12月、FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)が新型ティーポをイタリアで発売したのだ。ただし、かつてのティーポとは成り立ちも役割も……というのが今回のお話である。

新型は、トリノにあるチェントロスティーレフィアットでデザインされた。プラットフォームには、「フィアット・プント」「アルファ・ロメオ・ミト」などと同じFGAスモールが用いられている。ただし開発はトルコの自動車メーカーで、長年フィアット車を合弁生産しているトファシュ社とともに行われ、生産も同社の工場が担当している。

ベースとなっているのは、2015年5月のイスタンブールモーターショーで展示されたコンセプトカー「EGEA」である。初代ティーポはハッチバックをベースとし、派生車種として3ボックス版の「テムプラ」が設けられた。トルコで2007年から生産され新興国を中心に輸出されていた、新型ティーポの事実上の先代モデル「リネア」も、2ボックスのプントをベースにしていた。
いっぽう、新型ティーポはセダンタイプで投入された。最新報道によると、2016年3月のジュネーブショーでステーションワゴンとハッチバック版が発表されるらしい。後者は現行「ブラーボ」の後継車になるとみられる。

今回発売された新型ティーポの販売は、EMEA(ヨーロッパ、中東およびアフリカ)地域の約40カ国で予定されている。はじめにイタリアに輸入される「オープニングエディション」のエンジンは1.4リッターのガソリン(95ps)と、1.6リッターのディーゼル(120ps)の2種で、変速機は6段マニュアルのみが用意される。

新型「フィアット・ティーポ」。生産はトルコで行われ、イタリアを含む世界40カ国以上で販売される。
全長×全幅×全高=4532×1792×1497mm。「フォルクスワーゲン・ゴルフ」と比べると、長く狭く高い。ホイールベースはゴルフと1mm違いの2636mm。
初代「フィアット・ティーポ」。これは1988年から92年の前期型。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。