ボルボV40 R-DESIGNカーボンエディション(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)

走りの楽しいボルボ 2015.12.11 試乗記 ボルボの創業88周年を記念して、国内88台限定で設定された「V40 R-DESIGNカーボンエディション」。“ディーゼル推し”が鮮明なボルボのラインナップにおいて異彩を放つ、スポーツハッチに試乗した。

色と素材でよりスポーティーに

「V40 R-DESIGNカーボンエディション」は、2リッターガソリンエンジン搭載の「V40 T5 R-DESIGN」がベースの限定車だ。R-DESIGNといえば、スポーティーな内外装と少し硬めのサスペンションが特徴なのだが、このカーボンエディションは専用のカーボンパーツなどを装着することにより精悍(せいかん)さを際立たせたのが見どころである。

ボディーカラーは「アイスホワイト」のみの設定。おかげで、ルーフに施されたカーボンファイバーやドアミラーカバー、ブラックの19インチアルミホイール、リヤディフューザー、サイドウィンドウのブラックトリムなどがよく映える。一方、インテリアは基本的にR-DESIGNを受け継いでいるが、レッドのシートベルトがアクセントになり、スタイリッシュなキャビンが、がぜんスポーティーに見えてくる。これだけの内容で、R-DESIGNに対し車両価格が20万円アップというのはまさにバーゲンプライスだ。

そんな見た目にたがわず、走りもスポーティーだ。試乗車にはメーカー自らが手がけるコンピューターチューニングの「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」(オプション価格18万8000円)がインストールされ、最高出力が245psから253psに、最大トルクが350Nm(35.7kgm)から400Nm(40.8kgm)に向上。その効果は数字から想像する以上で、もともと力強く吹け上がりのいいエンジンは、とくに3500~5000rpmあたりで勢いづき、さらにアクセルのレスポンスが高まったおかげで、メリハリのあるドライビングが楽しめる。

コンパクトなV40だからハンドリングも軽快で、ディーゼルに比べて鼻先が軽いぶん、ワインディングロードを攻めるのもまた楽しい。R-DESIGNだけに乗り心地はやや硬めになるが、それでも、街乗りから高速道路まで、必要十分な快適さが確保されるのがボルボ流だ。

というわけで、優等生のイメージが強いボルボだけに、デザインも走りもいつものボルボとは異なるイメージに仕上げられたカーボンエディションは異彩を放っている。世界343台のうち、日本への割り当ては88台というから、このチャンスを見逃す手はないだろう。

(文=生方 聡/写真=高橋信宏)

【スペック】
全長×全幅×全高=4370×1800×1440mm/ホイールベース=2645mm/車重=1510kg/駆動方式=FF/エンジン=2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ(253ps/5500rpm、40.8kgm/2000-3500rpm)/トランスミッション=8AT/燃費=15.9km/リッター(JC08モード)/価格=478万8000円
 

2リッター4気筒直噴ターボエンジン「T5」を搭載する「V40 R-DESIGNカーボンエディション」。グロッシーブラックの19インチアルミホイール“Artio”が足元を引き締める。タイヤサイズは235/35R19。
2リッター4気筒直噴ターボエンジン「T5」を搭載する「V40 R-DESIGNカーボンエディション」。グロッシーブラックの19インチアルミホイール“Artio”が足元を引き締める。タイヤサイズは235/35R19。
インテリアは、シフトパドル付きの本革巻きステアリングホイールや青いラインの入ったアルミニウムパネル、スポーツペダルなど、スポーティーなアイテムでドレスアップされている。
インテリアは、シフトパドル付きの本革巻きステアリングホイールや青いラインの入ったアルミニウムパネル、スポーツペダルなど、スポーティーなアイテムでドレスアップされている。
レッドのシートベルトが目を引くインテリア。パーフォレーテッドレザー・コンビネーションシートも標準装備となる。
レッドのシートベルトが目を引くインテリア。パーフォレーテッドレザー・コンビネーションシートも標準装備となる。
グロッシーブラックのサイドウィンドウモールやカーボンファイバー製のドアミラーカバーによって、サイドビューもスポーティーに彩られている。
グロッシーブラックのサイドウィンドウモールやカーボンファイバー製のドアミラーカバーによって、サイドビューもスポーティーに彩られている。
「CARBON EDITION」ロゴ入りのカーボンファイバー・フロントスカッフプレート。
「CARBON EDITION」ロゴ入りのカーボンファイバー・フロントスカッフプレート。
ルーフもカーボンファイバー製。リップ付きのルーフスポイラーも備わっている。
ルーフもカーボンファイバー製。リップ付きのルーフスポイラーも備わっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • 第1回:どこがスゴいの? V40 D4 2015.7.24 特集 ボルボが、いよいよ新世代クリーンディーゼルモデルを日本に導入。5ドアハッチバックモデル「V40 D4」の試乗を通し、最新の2リッター直噴ディーゼルターボの実力を試すとともに、「Drive-E」と呼ばれるボルボの新しいパワートレイン戦略を探る。
  • 第34回 ディーゼルLOVE(後編) 2017.3.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第34回は「ディーゼルLOVE(後編)」。カーマニアにとってディーゼル車の魅力とは? 前回に引き続き、ディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏をゲストに迎えての対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る