マツダCX-3が価格.comプロダクトアワード金賞に

2015.12.10 自動車ニュース
「マツダCX-3」

「マツダCX-3」が「価格.comプロダクトアワード」の金賞を受賞

商品の購買支援サイトを運営するカカクコムは2015年12月10日、ユーザーが満足度の高い製品を選ぶ「価格.comプロダクトアワード2015」で、自動車部門の金賞に「マツダCX-3」が選出されたと発表した。

「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」
「ホンダ・シャトル ハイブリッド」

価格.comプロダクトアワードは、商品の購買支援サイトである『価格.com』において、年間約9万件におよぶユーザーのレビューを元に、その年の“満足度の高い製品”を選定するもの。
ジャンルは、パソコン/調理家電/カメラ/スマートフォンなどの全16部門に分かれており、さらに細分化された54カテゴリーの製品について、上位3つに金・銀・銅の各賞が贈られる。

自動車関連の部門は、2008年にカー用品のみを対象にスタート。2012年からは、カー用品とは別に自動車本体も扱われるようになり、クルマの購入または試乗を通じてユーザーが感じた満足度やレビューの投稿数を元に、「その年最も消費者の支持を得たクルマ」が選ばれてきた。

2015年の金賞に輝いたのは、マツダのクロスオーバーモデル「CX-3」。次点はスバルの7シーター「エクシーガ クロスオーバー7」で、3位の銅賞には、「ホンダ・シャトル ハイブリッド」が選ばれた。

2015年 価格.comプロダクトアワード受賞車
(カッコ内は獲得ポイント数)
金賞:マツダCX-3(7814ポイント)
銀賞:スバル・エクシーガ クロスオーバー7(7724ポイント)
銅賞:ホンダ・シャトル ハイブリッド(7456ポイント)

なお、過去2012年から2014年までの受賞車と獲得ポイントは、以下の通り。

2012年
金賞:マツダCX-5(5746ポイント)
銀賞:ホンダN BOX+(4900ポイント)
銅賞:スズキ・ワゴンRスティングレー(3955ポイント)

2013年
金賞:ダイハツ・タントカスタム(6499ポイント)
銀賞:三菱アウトランダーPHEV(6040ポイント)
銅賞:スズキ・スペーシア(5565ポイント)

2014年
金賞:スズキ・ハスラー(1万922ポイント)
銀賞:スバル・レヴォーグ(8800ポイント)
銅賞:トヨタ・ノア ハイブリッド(6128ポイント)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 【LAショー2016】マツダ、2代目となる新型「CX-5」を世界初公開 2016.11.16 自動車ニュース マツダがLAショーで新型「CX-5」を発表。デザインについては「洗練された力強さ」をキーワードにシンプルで研ぎ澄まされた造形を追及。新たに「G-ベクタリングコントロール」を採用するなど、走りについても改善を図っている。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 第380回:新型「マツダCX-5」が狙ったモノ
    ここでも見つけたマツダ理想主義!
    2016.11.21 エッセイ マツダはロサンゼルスオートショー2016で新型「CX-5」を世界初公開した。このクルマで表現していること、そしてそこに込められた思いを、自動車ジャーナリストの小沢コージが開発陣に聞いた。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る