マツダCX-3が価格.comプロダクトアワード金賞に

2015.12.10 自動車ニュース
「マツダCX-3」
「マツダCX-3」

「マツダCX-3」が「価格.comプロダクトアワード」の金賞を受賞

商品の購買支援サイトを運営するカカクコムは2015年12月10日、ユーザーが満足度の高い製品を選ぶ「価格.comプロダクトアワード2015」で、自動車部門の金賞に「マツダCX-3」が選出されたと発表した。

「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」
「ホンダ・シャトル ハイブリッド」
「ホンダ・シャトル ハイブリッド」

価格.comプロダクトアワードは、商品の購買支援サイトである『価格.com』において、年間約9万件におよぶユーザーのレビューを元に、その年の“満足度の高い製品”を選定するもの。
ジャンルは、パソコン/調理家電/カメラ/スマートフォンなどの全16部門に分かれており、さらに細分化された54カテゴリーの製品について、上位3つに金・銀・銅の各賞が贈られる。

自動車関連の部門は、2008年にカー用品のみを対象にスタート。2012年からは、カー用品とは別に自動車本体も扱われるようになり、クルマの購入または試乗を通じてユーザーが感じた満足度やレビューの投稿数を元に、「その年最も消費者の支持を得たクルマ」が選ばれてきた。

2015年の金賞に輝いたのは、マツダのクロスオーバーモデル「CX-3」。次点はスバルの7シーター「エクシーガ クロスオーバー7」で、3位の銅賞には、「ホンダ・シャトル ハイブリッド」が選ばれた。

2015年 価格.comプロダクトアワード受賞車
(カッコ内は獲得ポイント数)
金賞:マツダCX-3(7814ポイント)
銀賞:スバル・エクシーガ クロスオーバー7(7724ポイント)
銅賞:ホンダ・シャトル ハイブリッド(7456ポイント)

なお、過去2012年から2014年までの受賞車と獲得ポイントは、以下の通り。

2012年
金賞:マツダCX-5(5746ポイント)
銀賞:ホンダN BOX+(4900ポイント)
銅賞:スズキ・ワゴンRスティングレー(3955ポイント)

2013年
金賞:ダイハツ・タントカスタム(6499ポイント)
銀賞:三菱アウトランダーPHEV(6040ポイント)
銅賞:スズキ・スペーシア(5565ポイント)

2014年
金賞:スズキ・ハスラー(1万922ポイント)
銀賞:スバル・レヴォーグ(8800ポイント)
銅賞:トヨタ・ノア ハイブリッド(6128ポイント)

(webCG)

関連記事
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
ホームへ戻る