マツダCX-3が価格.comプロダクトアワード金賞に

2015.12.10 自動車ニュース
「マツダCX-3」
「マツダCX-3」

「マツダCX-3」が「価格.comプロダクトアワード」の金賞を受賞

商品の購買支援サイトを運営するカカクコムは2015年12月10日、ユーザーが満足度の高い製品を選ぶ「価格.comプロダクトアワード2015」で、自動車部門の金賞に「マツダCX-3」が選出されたと発表した。

「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」
「ホンダ・シャトル ハイブリッド」
「ホンダ・シャトル ハイブリッド」

価格.comプロダクトアワードは、商品の購買支援サイトである『価格.com』において、年間約9万件におよぶユーザーのレビューを元に、その年の“満足度の高い製品”を選定するもの。
ジャンルは、パソコン/調理家電/カメラ/スマートフォンなどの全16部門に分かれており、さらに細分化された54カテゴリーの製品について、上位3つに金・銀・銅の各賞が贈られる。

自動車関連の部門は、2008年にカー用品のみを対象にスタート。2012年からは、カー用品とは別に自動車本体も扱われるようになり、クルマの購入または試乗を通じてユーザーが感じた満足度やレビューの投稿数を元に、「その年最も消費者の支持を得たクルマ」が選ばれてきた。

2015年の金賞に輝いたのは、マツダのクロスオーバーモデル「CX-3」。次点はスバルの7シーター「エクシーガ クロスオーバー7」で、3位の銅賞には、「ホンダ・シャトル ハイブリッド」が選ばれた。

2015年 価格.comプロダクトアワード受賞車
(カッコ内は獲得ポイント数)
金賞:マツダCX-3(7814ポイント)
銀賞:スバル・エクシーガ クロスオーバー7(7724ポイント)
銅賞:ホンダ・シャトル ハイブリッド(7456ポイント)

なお、過去2012年から2014年までの受賞車と獲得ポイントは、以下の通り。

2012年
金賞:マツダCX-5(5746ポイント)
銀賞:ホンダN BOX+(4900ポイント)
銅賞:スズキ・ワゴンRスティングレー(3955ポイント)

2013年
金賞:ダイハツ・タントカスタム(6499ポイント)
銀賞:三菱アウトランダーPHEV(6040ポイント)
銅賞:スズキ・スペーシア(5565ポイント)

2014年
金賞:スズキ・ハスラー(1万922ポイント)
銀賞:スバル・レヴォーグ(8800ポイント)
銅賞:トヨタ・ノア ハイブリッド(6128ポイント)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-5 2016.12.15 画像・写真 マツダは2016年12月15日、新型「CX-5」を発表した。キーワードは「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」。デザインは「洗練された力強さ」の表現を目指し、「魂動デザイン」のコンセプトをより高い領域へ引き上げた。その姿を画像で紹介する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
    主査に聞く新型の見どころ
    2016.12.21 エッセイ 2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 【東京オートサロン2017】マツダは「CX-5」など4車種の“CUSTOM STYLE 2017”を出展 2016.12.16 自動車ニュース マツダは、2017年1月13日~15日に開催される東京オートサロン2017において、「CX-5」の新型や「ロードスターRF」を含む4車種のカスタマイズモデル“CUSTOM STYLE 2017”を展示すると発表した。
ホームへ戻る