マツダCX-3が価格.comプロダクトアワード金賞に

2015.12.10 自動車ニュース
「マツダCX-3」
「マツダCX-3」

「マツダCX-3」が「価格.comプロダクトアワード」の金賞を受賞

商品の購買支援サイトを運営するカカクコムは2015年12月10日、ユーザーが満足度の高い製品を選ぶ「価格.comプロダクトアワード2015」で、自動車部門の金賞に「マツダCX-3」が選出されたと発表した。

「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」
「スバル・エクシーガ クロスオーバー7」
「ホンダ・シャトル ハイブリッド」
「ホンダ・シャトル ハイブリッド」

価格.comプロダクトアワードは、商品の購買支援サイトである『価格.com』において、年間約9万件におよぶユーザーのレビューを元に、その年の“満足度の高い製品”を選定するもの。
ジャンルは、パソコン/調理家電/カメラ/スマートフォンなどの全16部門に分かれており、さらに細分化された54カテゴリーの製品について、上位3つに金・銀・銅の各賞が贈られる。

自動車関連の部門は、2008年にカー用品のみを対象にスタート。2012年からは、カー用品とは別に自動車本体も扱われるようになり、クルマの購入または試乗を通じてユーザーが感じた満足度やレビューの投稿数を元に、「その年最も消費者の支持を得たクルマ」が選ばれてきた。

2015年の金賞に輝いたのは、マツダのクロスオーバーモデル「CX-3」。次点はスバルの7シーター「エクシーガ クロスオーバー7」で、3位の銅賞には、「ホンダ・シャトル ハイブリッド」が選ばれた。

2015年 価格.comプロダクトアワード受賞車
(カッコ内は獲得ポイント数)
金賞:マツダCX-3(7814ポイント)
銀賞:スバル・エクシーガ クロスオーバー7(7724ポイント)
銅賞:ホンダ・シャトル ハイブリッド(7456ポイント)

なお、過去2012年から2014年までの受賞車と獲得ポイントは、以下の通り。

2012年
金賞:マツダCX-5(5746ポイント)
銀賞:ホンダN BOX+(4900ポイント)
銅賞:スズキ・ワゴンRスティングレー(3955ポイント)

2013年
金賞:ダイハツ・タントカスタム(6499ポイント)
銀賞:三菱アウトランダーPHEV(6040ポイント)
銅賞:スズキ・スペーシア(5565ポイント)

2014年
金賞:スズキ・ハスラー(1万922ポイント)
銀賞:スバル・レヴォーグ(8800ポイント)
銅賞:トヨタ・ノア ハイブリッド(6128ポイント)

(webCG)

関連キーワード:
CX-3エクシーガシャトルマツダスバルホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • スバルが「レガシィ アウトバック/B4」をマイナーチェンジ 2017.9.4 自動車ニュース スバルは2017年9月4日、「レガシィ アウトバック/B4」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。今回の改良では、運転支援システム「アイサイト」や走行性能の強化、内外装デザインのブラッシュアップが行われた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
ホームへ戻る