「ボルボC30」に、黄色がテーマの特別仕様車

2011.11.17 自動車ニュース

「ボルボC30」に、黄色がテーマの特別仕様車

ボルボ・カーズ・ジャパンは2011年11月17日、スポーツクーペ「C30」の特別仕様車「C30 Hello Yellow Edition(ハローイエローエディション)」を発売した。

今回の特別仕様車は、2リッター直4エンジン搭載のエントリーグレード「C30 2.0 Aktiv」をベースに、ボディーカラーには新色の「ハローイエロー」を採用。そのほか、内外装にスポーティーさを演出するアイテムを特別装備している。

「C30ハローイエローエディション」の特別装備
インテリア
・本革巻きアルミニウム・スポーツステアリングホイール
・本革巻きアルミニウム・シフトノブ
・スポーツペダル
エクステリア
・エクステリア・スタイリング・パッケージ
(フロント・スキッドプレート、フォグランプフレーム、サイド・スカッフプレート、リア・スキッドプレート)

価格は、ベース車プラス10万円の、309万円。

(webCG)

「C30 Hello Yellow Edition(ハローイエローエディション)」
「ボルボC30」に、黄色がテーマの特別仕様車

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C30の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)【試乗記】 2008.3.8 試乗記 ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)
    ……420.0万円/401.0万円/488.0万円

    「ボルボC30/S40/V50」に、共通の特別仕様車「R-DESIGN」が設定された。質実剛健な北欧メーカーは、新たなコンセプトでどんなテイストを表現したのか? 『webCG』のコンドーと関が試乗した。
  • ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【試乗記】 2009.5.11 試乗記 ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)
    ……279.0万円/289.0万円/299.0万円

    ボルボの新しいエントリーグレード「2.0e パワーシフト」は、燃費がジマン。500kmを超えるエコラン競走に参加してわかった、その実力は?
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る