スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)

日本の風景に彩りを 2015.12.14 試乗記 2012年のデビュー以来、たゆまぬ改良により進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日の実力を測った。

ユニークなボディーカラーも魅力のうち

スバルXVと聞いてまず思い出すのは“色”だ。登場時のイメージカラーであるオレンジは鮮烈だったし、同時に設定されたカーキはオートカラーアウォードのグランプリに輝いた。その後もハイブリッドの追加時にはライトグリーン、限定車ではイエローを出し、今年10月のマイナーチェンジでは明るいブルーをガソリン車のイメージカラーに据えた。

スバルには熱狂的なマニアが存在することで知られる。水平対向エンジンや左右対称の4WDといった独特のエンジニアリングを愛し、ボディーカラーでいえば「WRブルー」を好む人たち。つまり「スバリスト」だ。しかしXVは対照的に、ライフスタイルのパートナーとしてライトにクルマと付き合うユーザーに受けている。このポジショニングを構築するうえで、色が果たした役割は大きかったのではないかと想像している。

そんなイメージをXVに抱いていたので、試乗車のボディーカラーがホワイトと判明したときには、ちょっとがっかりした。しかしウェブサイトを見ると、新型XVハイブリッドのイメージカラーはこのホワイトなのだった。編集スタッフは、そのあたりを見越して選んだのだろうか。それに色の主張が控えめだったおかげで、マイナーチェンジの成果を冷静にチェックすることができた。

エクステリアは、フロントフォグランプ周辺にL字型のクロムメッキを入れ、グリル内の横バーやバンパーのインテーク形状にもメリハリをつけたおかげで、表情がキリッとした。もともと白いXVは、黒いエクステンションパーツとの対比が鮮烈だったが、マイナーチェンジでその傾向が強まった。

インテリアは、インパネの飾り帯やモニター周辺のパネルにピアノブラックを起用して、クオリティーをアップさせていた。ただしメーターにブルー、シートのステッチにグレーを使うというコーディネートは登場時と同じなので、激変したという印象は抱かなかった。

2015年の東京モーターショーで正式発表された「XV」の改良モデル。外装ではフロントの意匠が大きく変更されている。
2015年の東京モーターショーで正式発表された「XV」の改良モデル。外装ではフロントの意匠が大きく変更されている。
「XVハイブリッド 2.0i-L EyeSight」のインテリア。今回の改良では、サイドエアバッグとカーテンエアバッグが全車標準装備となった。
「XVハイブリッド 2.0i-L EyeSight」のインテリア。今回の改良では、サイドエアバッグとカーテンエアバッグが全車標準装備となった。
「XVハイブリッド2.0i-L EyeSight」のシートはウルトラスエードとトリコットのコンビタイプ。オプションで本革シートも用意される。
「XVハイブリッド2.0i-L EyeSight」のシートはウルトラスエードとトリコットのコンビタイプ。オプションで本革シートも用意される。
リアシートは6:4の分割可倒式。カップホルダー付きのセンターアームレストが装備される。
リアシートは6:4の分割可倒式。カップホルダー付きのセンターアームレストが装備される。
ボディーカラーは全9色。テスト車には有償色の「クリスタルホワイト・パール」が採用されていた。
ボディーカラーは全9色。テスト車には有償色の「クリスタルホワイト・パール」が採用されていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
ホームへ戻る