スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)

日本の風景に彩りを 2015.12.14 試乗記 2012年のデビュー以来、たゆまぬ改良により進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日の実力を測った。

ユニークなボディーカラーも魅力のうち

スバルXVと聞いてまず思い出すのは“色”だ。登場時のイメージカラーであるオレンジは鮮烈だったし、同時に設定されたカーキはオートカラーアウォードのグランプリに輝いた。その後もハイブリッドの追加時にはライトグリーン、限定車ではイエローを出し、今年10月のマイナーチェンジでは明るいブルーをガソリン車のイメージカラーに据えた。

スバルには熱狂的なマニアが存在することで知られる。水平対向エンジンや左右対称の4WDといった独特のエンジニアリングを愛し、ボディーカラーでいえば「WRブルー」を好む人たち。つまり「スバリスト」だ。しかしXVは対照的に、ライフスタイルのパートナーとしてライトにクルマと付き合うユーザーに受けている。このポジショニングを構築するうえで、色が果たした役割は大きかったのではないかと想像している。

そんなイメージをXVに抱いていたので、試乗車のボディーカラーがホワイトと判明したときには、ちょっとがっかりした。しかしウェブサイトを見ると、新型XVハイブリッドのイメージカラーはこのホワイトなのだった。編集スタッフは、そのあたりを見越して選んだのだろうか。それに色の主張が控えめだったおかげで、マイナーチェンジの成果を冷静にチェックすることができた。

エクステリアは、フロントフォグランプ周辺にL字型のクロムメッキを入れ、グリル内の横バーやバンパーのインテーク形状にもメリハリをつけたおかげで、表情がキリッとした。もともと白いXVは、黒いエクステンションパーツとの対比が鮮烈だったが、マイナーチェンジでその傾向が強まった。

インテリアは、インパネの飾り帯やモニター周辺のパネルにピアノブラックを起用して、クオリティーをアップさせていた。ただしメーターにブルー、シートのステッチにグレーを使うというコーディネートは登場時と同じなので、激変したという印象は抱かなかった。

2015年の東京モーターショーで正式発表された「XV」の改良モデル。外装ではフロントの意匠が大きく変更されている。
2015年の東京モーターショーで正式発表された「XV」の改良モデル。外装ではフロントの意匠が大きく変更されている。
「XVハイブリッド 2.0i-L EyeSight」のインテリア。今回の改良では、サイドエアバッグとカーテンエアバッグが全車標準装備となった。
「XVハイブリッド 2.0i-L EyeSight」のインテリア。今回の改良では、サイドエアバッグとカーテンエアバッグが全車標準装備となった。
「XVハイブリッド2.0i-L EyeSight」のシートはウルトラスエードとトリコットのコンビタイプ。オプションで本革シートも用意される。
「XVハイブリッド2.0i-L EyeSight」のシートはウルトラスエードとトリコットのコンビタイプ。オプションで本革シートも用意される。
リアシートは6:4の分割可倒式。カップホルダー付きのセンターアームレストが装備される。
リアシートは6:4の分割可倒式。カップホルダー付きのセンターアームレストが装備される。
ボディーカラーは全9色。テスト車には有償色の「クリスタルホワイト・パール」が採用されていた。
ボディーカラーは全9色。テスト車には有償色の「クリスタルホワイト・パール」が採用されていた。
関連記事
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2013.8.29 試乗記 スバル独自のハイブリッドシステムを搭載した「XVハイブリッド」。「燃費がイイ」だけでは決して満足しないファンの期待に、スバル初のHVはどう応えたのか?
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る