クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)

日本の風景に彩りを 2015.12.14 試乗記 2012年のデビュー以来、たゆまぬ改良により進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日の実力を測った。

ユニークなボディーカラーも魅力のうち

スバルXVと聞いてまず思い出すのは“色”だ。登場時のイメージカラーであるオレンジは鮮烈だったし、同時に設定されたカーキはオートカラーアウォードのグランプリに輝いた。その後もハイブリッドの追加時にはライトグリーン、限定車ではイエローを出し、今年10月のマイナーチェンジでは明るいブルーをガソリン車のイメージカラーに据えた。

スバルには熱狂的なマニアが存在することで知られる。水平対向エンジンや左右対称の4WDといった独特のエンジニアリングを愛し、ボディーカラーでいえば「WRブルー」を好む人たち。つまり「スバリスト」だ。しかしXVは対照的に、ライフスタイルのパートナーとしてライトにクルマと付き合うユーザーに受けている。このポジショニングを構築するうえで、色が果たした役割は大きかったのではないかと想像している。

そんなイメージをXVに抱いていたので、試乗車のボディーカラーがホワイトと判明したときには、ちょっとがっかりした。しかしウェブサイトを見ると、新型XVハイブリッドのイメージカラーはこのホワイトなのだった。編集スタッフは、そのあたりを見越して選んだのだろうか。それに色の主張が控えめだったおかげで、マイナーチェンジの成果を冷静にチェックすることができた。

エクステリアは、フロントフォグランプ周辺にL字型のクロムメッキを入れ、グリル内の横バーやバンパーのインテーク形状にもメリハリをつけたおかげで、表情がキリッとした。もともと白いXVは、黒いエクステンションパーツとの対比が鮮烈だったが、マイナーチェンジでその傾向が強まった。

インテリアは、インパネの飾り帯やモニター周辺のパネルにピアノブラックを起用して、クオリティーをアップさせていた。ただしメーターにブルー、シートのステッチにグレーを使うというコーディネートは登場時と同じなので、激変したという印象は抱かなかった。

2015年の東京モーターショーで正式発表された「XV」の改良モデル。外装ではフロントの意匠が大きく変更されている。
2015年の東京モーターショーで正式発表された「XV」の改良モデル。外装ではフロントの意匠が大きく変更されている。 拡大
「XVハイブリッド 2.0i-L EyeSight」のインテリア。今回の改良では、サイドエアバッグとカーテンエアバッグが全車標準装備となった。
「XVハイブリッド 2.0i-L EyeSight」のインテリア。今回の改良では、サイドエアバッグとカーテンエアバッグが全車標準装備となった。 拡大
「XVハイブリッド2.0i-L EyeSight」のシートはウルトラスエードとトリコットのコンビタイプ。オプションで本革シートも用意される。
「XVハイブリッド2.0i-L EyeSight」のシートはウルトラスエードとトリコットのコンビタイプ。オプションで本革シートも用意される。 拡大
リアシートは6:4の分割可倒式。カップホルダー付きのセンターアームレストが装備される。
リアシートは6:4の分割可倒式。カップホルダー付きのセンターアームレストが装備される。 拡大
ボディーカラーは全9色。テスト車には有償色の「クリスタルホワイト・パール」が採用されていた。
ボディーカラーは全9色。テスト車には有償色の「クリスタルホワイト・パール」が採用されていた。 拡大

ひんぱんに行われるモーターアシスト

ひさしぶりにXVハイブリッドの運転席に着いて、まず感じたのは視界の良さだ。ほかのスバル車もそうだが、インパネは低く、フロントピラーは適度な位置にあって、広くクリアな視野が得られる。ハザードスイッチがインパネ中央上という絶好の場所をキープしたうえで、立体感を強調した形状になっていることも好ましい。スバルが真剣に安全性を考えていることが伝わってくる。

後席や荷室の作りは以前と同じだ。後席は依然として身長170cmの僕にとっては十分すぎる空間を備えているが、ガソリン車に比べて床が高めとなる荷室については、トヨタの新型「プリウス」が駆動用ニッケル水素バッテリーの大幅な小型化を実現したのを見た後だけに、その技術を用いてフロアを低めてほしいと思った。

2リッター水平対向4気筒エンジンは150ps/20.0kgm、モーターは13.6ps/6.6kgmの最高出力と最大トルクをそれぞれ発生する。ちなみに新型プリウスは98ps/14.5kgm、72ps/16.6kgmだから、それよりもエンジン主導型のハイブリッドシステムと分かる。CVTを用いていることもプリウスとの違いだ。最高出力/最大トルクはマイナーチェンジ前と共通であり、走行感覚もほぼ同じ。ハイブリッドカーらしさは薄く、モーターを最近のダウンサイジングターボのように、トルクブースターとして用いているような感じがする。

インパネ中央上にあるマルチファンクションディスプレイの表示をエネルギーフローに切り替えて、運転しながらハイブリッドシステムの動きを観察すると、かなりひんぱんにモーターアシストを行っていることが分かる。特にトルクが十分ではないエンジンの低回転時に、積極的にモーターを回している。逆にCVTをマニュアルモードにして回転を上げるようなシーンでは、基本的にエンジンだけで走る。

記憶の中にある初期型の印象と最も違っていたのは、音が静かになったことだ。特に水平対向エンジン独特の、低中回転域でのバサバサしたノイズが抑えられたので、以前よりスムーズに回っているような印象を受ける。燃費は車載燃費計によると、おとなしく流せば20km/リッターを超える数字をマークした。

今回の改良により、インテリアの各所にピアノブラック調のパネルと金属調の装飾パーツが採用された。
今回の改良により、インテリアの各所にピアノブラック調のパネルと金属調の装飾パーツが採用された。 拡大
ラゲッジルームに大きな変更はなし。ハイブリッド車では床下にバッテリーを搭載するため、床面の高さがガソリン車より若干高められている。
ラゲッジルームに大きな変更はなし。ハイブリッド車では床下にバッテリーを搭載するため、床面の高さがガソリン車より若干高められている。 拡大
パワーユニットについては従来と同様。150psを発生する2リッター水平対向エンジンと、13.6psの電動モーターの組み合わせとなる。
パワーユニットについては従来と同様。150psを発生する2リッター水平対向エンジンと、13.6psの電動モーターの組み合わせとなる。 拡大
トランスミッションには「リニアトロニック」と呼ばれるチェーン式CVTを採用。モーターはプライマリープーリーの後方に搭載される。
トランスミッションには「リニアトロニック」と呼ばれるチェーン式CVTを採用。モーターはプライマリープーリーの後方に搭載される。 拡大
「XVハイブリッド」の燃費は、デビュー当初は20.0km/リッターだったが、現在では20.4km/リッターと、若干向上している(ともにJC08モード)。
「XVハイブリッド」の燃費は、デビュー当初は20.0km/リッターだったが、現在では20.4km/リッターと、若干向上している(ともにJC08モード)。 拡大

腰高だからこそ感じる水平対向エンジンの恩恵

運転支援システムではアイサイトに加え、「アドバンスドセイフティパッケージ」がオプション設定された。ルームミラー周辺にアイサイト用とは別のカメラを、リアにミリ波レーダーを装備することで、ヘッドランプのハイ/ロー自動切り替えや斜め後方車両検知を行うというものだ。いずれも他車ですでに実用化されているものだが、定評のあるアイサイトにさらなる安心がプラスされたことは大きい。

2014年の改良で、フロントサスペンションのクロスメンバーを「WRX」と同じものに替えるなど、アップデートが図られたサスペンションは以前よりもマイルドな乗り心地を提供してくれる。シートも運転席に関しては背中の張りが強まって、長距離を快適に過ごせそうな感じがした。ただしシート表皮はコーナーでは滑りやすく、サイドサポートが足りない印象を受ける。ファブリックシートのほうが、XVのキャラクターには合っていると思う。

というのも、XVはハイブリッドを含めて、最低地上高が200mmもあるとは思えないほど腰の据わったハンドリングを味わわせてくれるからだ。久々にドライブした今回も、ロールを感じることなく自然に曲がれるという印象に終始した。同時に乗った「フォレスター」を含めて、背の高いクルマほど水平対向エンジンの低重心効果が体感できることが再確認できた。

フォレスターや「レガシィアウトバック」では大柄すぎると考えるユーザーにとって、XVは大きすぎないサイズでスバル製SUVの魅力を体感できる絶好の存在である。そこに静かさや乗り心地のレベルアップによって、ロングランでの快適性を高める方向の改良が施されたことはうれしい。

そして、これだけカラフルなボディーカラーをそろえる国産車は軽自動車やコンパクトカーを除けば異例なので、購入を考えている方にはぜひ思い切った色選びをしてもらって、日本の風景に彩りを添えていただきたい。

(文=森口将之/写真=向後一宏)

運動性能に関しては、2014年11月にシャシーやステアリングシステムの改良を受けており、軽快なハンドリングと快適な乗り心地を実現したとアピールされる。
運動性能に関しては、2014年11月にシャシーやステアリングシステムの改良を受けており、軽快なハンドリングと快適な乗り心地を実現したとアピールされる。 拡大

オプションの予防安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」を選択すると、ルームミラーの前方にハイビームアシスト用のカメラが装備される。


	オプションの予防安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」を選択すると、ルームミラーの前方にハイビームアシスト用のカメラが装備される。
	拡大
ハイブリッド車専用デザインの常時発光式ブルー照明メーター。中央のディスプレイもブルーでコーディネートされる。
ハイブリッド車専用デザインの常時発光式ブルー照明メーター。中央のディスプレイもブルーでコーディネートされる。 拡大
タイヤサイズは225/55R17。テスト車にはヨコハマの低燃費タイヤが装備されていた。
タイヤサイズは225/55R17。テスト車にはヨコハマの低燃費タイヤが装備されていた。 拡大
 
スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4450×1780×1550mm
ホイールベース:2640mm
車重:1520kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:CVT
エンジン最高出力:150ps(110kW)/6000rpm
エンジン最大トルク:20.0kgm(196Nm)/4200rpm
モーター最高出力:13.6ps(10kW)
モーター最大トルク:6.6kgm(65Nm)
タイヤ:(前)225/55R17 97V/(後)225/55R17 97V(ヨコハマ・ブルーアースE70)
燃費:20.4km/リッター(JC08モード)
価格:286万2000円/テスト車=325万6200円
オプション装備:ボディーカラー<クリスタルホワイト・パール>(3万2400円)/アドバンスドセイフティパッケージ+新型SDナビ<リアビューカメラ+地デジアンテナ+ステアリングリモコンスイッチ付き>+本革シート<ブラックレザー・フロントシートヒーター付き>(36万1800円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:1088km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:--km/リッター

スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight
スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight 拡大

関連キーワード:
XVハイブリッドスバル試乗記

あなたにおすすめの記事