スバル・レヴォーグに上質な内外装の特別仕様車

2015.12.11 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」 拡大

「スバル・レヴォーグ」に上質な内外装の特別仕様車

富士重工業は2015年12月10日、「スバル・レヴォーグ」の特別仕様車「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」を発表。同日、販売を開始した。

「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」のインテリア。
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」のインテリア。 拡大
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」のインテリア。
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」のインテリア。 拡大
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」 拡大

今回のレヴォーグ1.6GT EyeSight S-styleは、パールスエードと本革を組み合わせた専用シートや18インチアルミホイール、上級グレード「GT-S」と共通のフロントデザインを与えることで、質感の向上が図られた特別仕様車だ。

具体的な特別装備は、以下の通り。
・パールスエード×本革のシート
・運転席8ウェイパワーシート
・18インチアルミホイール(シルバー塗装)
・フロントグリル(ダークメッキ+ブラック塗装)
・LEDロービーム+ハロゲンハイビームヘッドランプ(ブラックベゼル)
・クリアビューパック(フロントワイパーデアイサーおよびリアフォグランプ)

ボディーカラーはクリスタルホワイトパール、アイスシルバーメタリック、クリスタルブラックシリカ、ダークグレーメタリック、ピュアレッド、スティールブルーグレーメタリック、ラピスブルーパールの全7色で、価格は291万6000円。

(webCG)

関連キーワード:
レヴォーグスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバルが「WRX」シリーズを一部改良 安全装備を強化 2018.5.2 自動車ニュース スバルが「WRX S4/STI」に一部改良を実施。WRX S4に搭載されるアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良し、衝突回避支援機能を強化した。一方WRX STIには、メーカーオプションとして新たにサンルーフが設定された。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
ホームへ戻る