スバル・レヴォーグに上質な内外装の特別仕様車

2015.12.11 自動車ニュース
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」
「スバル・レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」

「スバル・レヴォーグ」に上質な内外装の特別仕様車

富士重工業は2015年12月10日、「スバル・レヴォーグ」の特別仕様車「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」を発表。同日、販売を開始した。

「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」のインテリア。
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」のインテリア。
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」のインテリア。
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」のインテリア。
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」
「レヴォーグ1.6GT EyeSight S-style」

今回のレヴォーグ1.6GT EyeSight S-styleは、パールスエードと本革を組み合わせた専用シートや18インチアルミホイール、上級グレード「GT-S」と共通のフロントデザインを与えることで、質感の向上が図られた特別仕様車だ。

具体的な特別装備は、以下の通り。
・パールスエード×本革のシート
・運転席8ウェイパワーシート
・18インチアルミホイール(シルバー塗装)
・フロントグリル(ダークメッキ+ブラック塗装)
・LEDロービーム+ハロゲンハイビームヘッドランプ(ブラックベゼル)
・クリアビューパック(フロントワイパーデアイサーおよびリアフォグランプ)

ボディーカラーはクリスタルホワイトパール、アイスシルバーメタリック、クリスタルブラックシリカ、ダークグレーメタリック、ピュアレッド、スティールブルーグレーメタリック、ラピスブルーパールの全7色で、価格は291万6000円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴォーグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • ポルシェ・パナメーラ4 E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】NEW 2017.2.27 試乗記 新型「ポルシェ・パナメーラ」に、プラグインハイブリッドモデルの「パナメーラ4 E-ハイブリッド」が追加された。2世代目となり、4WDの駆動システムを得た同モデルに南アフリカで試乗。電動化に見るポルシェのこだわりに触れた。
ホームへ戻る