ホンダがN-BOXスラッシュを一部改良

2015.12.11 自動車ニュース
ボディーカラーに「プレミアムピンク・パール&ホワイト」が選択された「ホンダN-BOX G・Lパッケージ」。
ボディーカラーに「プレミアムピンク・パール&ホワイト」が選択された「ホンダN-BOX G・Lパッケージ」。

ホンダが「N-BOXスラッシュ」を一部改良

本田技研工業は2015年12月11日、軽乗用車「N-BOXスラッシュ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「インテリアカラーパッケージ」の「ダイナー スタイル」。
「インテリアカラーパッケージ」の「ダイナー スタイル」。
新設定色の「アッシュグリーン・メタリック」。
新設定色の「アッシュグリーン・メタリック」。

今回の改良では、「ダイナー スタイル」「グライド スタイル」「セッション スタイル」の3種類の内装デザインを選ぶことができる「インテリアカラーパッケージ」を、「G・Lパッケージ」と「G・ターボLパッケージ」の2グレードにも設定。「G」を除く全グレードで選択可能とした。

また、ボディーカラーには「プレミアムピンク・パール」と「アッシュグリーン・メタリック」の2色を新設定。ツートンカラーの色の組み合わせにも「プレミアムピンク・パール&ホワイト」「プレミアムピンク・パール&ブラック」「アッシュグリーン・メタリック&ホワイト」「ミラノレッド&ブラック」「プレミアムイエロー・パールII&ブラック」の5種類を新たに採用した。

これにより、ボディーカラーのバリエーションはモノトーンが9色、ツートーンが14種類の、全23種類となった。

価格は132万円~187万4400円。

(webCG)
 

関連キーワード:
N-BOXスラッシュホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-BOX 2017.8.31 画像・写真 トールワゴンタイプではもちろん、軽自動車全体でも“ナンバーワン”の販売台数を誇るホンダの人気モデル「N-BOX」がフルモデルチェンジを受けた。一新された内外装やスーパーロングスライド機構付きの助手席など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • 「ホンダN-BOX」がフルモデルチェンジ 2017.8.31 自動車ニュース ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、新開発のプラットフォームを採用するなど、車両のすべてを従来モデルから一新。助手席ロングスライド機構をはじめ、さまざまな新機軸が取り入れられている。
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • ホンダN-BOXカスタム 2017.8.31 画像・写真 軽乗用車初のシーケンシャルウィンカーなど、他のモデルにはないディテールが目を引く新型「ホンダN-BOXカスタム」。クロームメッキで飾られたボディーや、黒を基調としたインテリアなど、標準車とは一味違うその姿を写真で紹介する。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2017.8.25 試乗記 MINIクロスオーバーに追加された新グレードにして、MINI一族にとって初のプラグインハイブリッド車である「MINIクーパーS EクロスオーバーALL4」。前輪をエンジンで、後輪をモーターで駆動する独自のパワープラントがもたらすドライブフィールをリポートする。
ホームへ戻る