ホンダがN-BOXスラッシュを一部改良

2015.12.11 自動車ニュース
ボディーカラーに「プレミアムピンク・パール&ホワイト」が選択された「ホンダN-BOX G・Lパッケージ」。
ボディーカラーに「プレミアムピンク・パール&ホワイト」が選択された「ホンダN-BOX G・Lパッケージ」。

ホンダが「N-BOXスラッシュ」を一部改良

本田技研工業は2015年12月11日、軽乗用車「N-BOXスラッシュ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「インテリアカラーパッケージ」の「ダイナー スタイル」。
「インテリアカラーパッケージ」の「ダイナー スタイル」。
新設定色の「アッシュグリーン・メタリック」。
新設定色の「アッシュグリーン・メタリック」。

今回の改良では、「ダイナー スタイル」「グライド スタイル」「セッション スタイル」の3種類の内装デザインを選ぶことができる「インテリアカラーパッケージ」を、「G・Lパッケージ」と「G・ターボLパッケージ」の2グレードにも設定。「G」を除く全グレードで選択可能とした。

また、ボディーカラーには「プレミアムピンク・パール」と「アッシュグリーン・メタリック」の2色を新設定。ツートンカラーの色の組み合わせにも「プレミアムピンク・パール&ホワイト」「プレミアムピンク・パール&ブラック」「アッシュグリーン・メタリック&ホワイト」「ミラノレッド&ブラック」「プレミアムイエロー・パールII&ブラック」の5種類を新たに採用した。

これにより、ボディーカラーのバリエーションはモノトーンが9色、ツートーンが14種類の、全23種類となった。

価格は132万円~187万4400円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

N-BOXスラッシュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダN-ONE Premium Tourer・LOWDOWN(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.24 試乗記 全高が65mm下げられた「ホンダN-ONE」の「LOWDOWN(ローダウン)」に試乗した。スポーティーな外観を得て、立体駐車場にも入るようになったローダウンだが、逆に失ったものはないのだろうか?
  • ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)【試乗記】 2013.1.16 試乗記 ホンダN-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……154万5000円

    ちょっとレトロな表情を見せる、ホンダの軽乗用車「N-ONE(エヌワン)」。そのクルマとしての仕上がりは? 巨匠 徳大寺有恒が確かめた。
  • ホンダN-ONE G・Lパッケージ(FF/CVT)/N-ONE Premium Tourer(FF/CVT)【試乗記】 2012.11.21 試乗記 ホンダN-ONE G・Lパッケージ(FF/CVT)/N-ONE Premium Tourer 2トーンカラースタイル(FF/CVT)
    ……136万6000円/156万750円

    往年の名車をモチーフに開発された、ホンダの新型軽「N-ONE(エヌワン)」に試乗。その走りや使い勝手を、2つのグレードでチェックした。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • ホンダN-ONE G・Lパッケージ(FF/CVT)【試乗記】 2013.2.7 試乗記 ホンダ N-ONE G・Lパッケージ(FF/CVT)
    ……136万750円

    今日も快進撃を続けるホンダの新しい軽自動車「Nシリーズ」。最新モデル「N-ONE」のインプレッションを通して、低価格・低燃費に血道を上げるライバルとは一線を画す、Nシリーズの人気の秘訣(ひけつ)を探る。
ホームへ戻る