インフィニティQ30プレミアム(FF/7AT)/Q30スポーツ(FF/7AT)

協業が生んだ新しい個性 2015.12.16 試乗記 日産が海外で展開するプレミアムブランド、インフィニティの最新モデル「Q30」。メルセデスとの協業で生まれた、新しいCセグメントハッチバックモデルの実力を試す。

日産やホンダが抱える悩み

日産のホームページで「スカイライン」や「フーガ」の車種別情報に飛んでみると、「GT-R」や「シーマ」のそれとはデザインが異なっていることに気づかれるだろう。具体的にはページ左上にある赤地が敷かれたエンブレムが見当たらず、黒帯に英文字で事務的にNISSAN MOTOR CORPORATIONと書かれている。ちなみにこれらの両車の鼻先に据えられるのは、ご存じの通りインフィニティのエンブレムだ。もしかして可能な限り日産臭を消そうとしてる? とうがった見方をするのは僕だけではないだろう。

世界の50カ国で展開するインフィニティブランド。そのモデルを日本市場でどう扱うか。日産にとってこれは無視できない課題だ。訪日外国人の数は増える一方ということは、彼らが同じ商品に2つの名前が存在する矛盾を目の当たりにする機会もそれだけ増えるということになる。いや、これほど情報が広く瞬時に行き渡る世の中であれば、日本に来ずともこんな状況が広く知られているかもしれない。

もちろん、これから日本にインフィニティブランドを導入するにしても、レクサスのような独立店舗展開のリスクは背負えないだろう。かといって現状の曖昧な状態を続けることが正しいとはいえない。同種の問題は、アキュラの「NSX」や「RLX(日本名:レジェンド)」を日本で販売するホンダも抱えるわけだが、人や物や情報の移動が劇的にフラット&スピーディーになったことで、図らずも今まで先送りにしてきたことの影響が大きくなってしまった格好だ。

2015年9月のフランクフルトモーターショーで世界初公開された「インフィニティQ30」。インフィニティがラインナップする初のCセグメントハッチバック車となる。
2015年9月のフランクフルトモーターショーで世界初公開された「インフィニティQ30」。インフィニティがラインナップする初のCセグメントハッチバック車となる。
ボディーサイドのプレスラインやCピラーの意匠など、各所に「インフィニティQ50(日本名:スカイライン)」などと共通するデザインが取り入れられている。
ボディーサイドのプレスラインやCピラーの意匠など、各所に「インフィニティQ50(日本名:スカイライン)」などと共通するデザインが取り入れられている。
「プレミアム」のインテリア。欧州仕様には「SE」や「プレミアム」「スポーツ」など複数のグレードが用意されている。
「プレミアム」のインテリア。欧州仕様には「SE」や「プレミアム」「スポーツ」など複数のグレードが用意されている。
テールゲートに配された「Q30」のロゴ。
テールゲートに配された「Q30」のロゴ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。