スマート・フォーツー エディション1(ミッドナイトブルー)(RR/6AT)

クルマはボロがいい 2015.12.17 試乗記 日本市場においては、カタログモデルでなく限定モデルとして年数回のペースで展開されることになった新型「スマート・フォーツー」。初代から持ち続けてきた“ユニークな個性”は継承されたのか? デビューを記念した限定車「エディション1」の走りをリポートする。

リッパになって帰ってきた

メルセデス・ベンツ日本のオフィスがあるビルのクルマ寄せで待つことしばし。地下駐車場の出口から現れた新型スマート・フォーツーは3世代目になってリッパになっていた。火星探査車もかくやのノッペリ感はなくなり、なんというか、革命を夢見てTシャツ、ジーパン姿で出て行ったわが子が、苦節16年、世間の荒波にもまれ、依然ファンキーな匂いを残しているとはいえ、三つぞろいのスーツを着て帰ってきた。Aピラーに明瞭なノッチがつき、全幅が100mm広がって恰幅(かっぷく)がよくなった。

でも、真横から見ると、寸づまりであることは変わらなかった。全長2755mm、ホイールベースは1875mmで、これより短い4輪の自動車というと「スズキ・ツイン」ぐらいしか筆者は思い浮かばない。定員4人の「トヨタiQ」とは、全幅は似たようなものになったけれど、後部座席がない分、数値で表せば、125mm短い。サイコロみたいである。

それでは、はっておくんなせえ。丁か半か。参ります、とドアを開けると、このドアがやたらにデカかった。しかも90度ガバチョと開く。日本の狭い駐車場では乗り降りに気をつかうかもしれない……と思わせるほどに。でもって、着座位置が高いことに驚いた。助手席のドアが遠いことにも。室内はマイクロコンパクトの狭さがない。

ポップな外観とは対照的に、ブラックで統一されたシックなインテリア。ヘッドレスト一体型のスポーティーなシートが採用される。
従来のスマートのコンセプトをほぼ引き継いだ外装デザイン。「トリディオンセーフティセル」とボディーパネルのコントラストが目を引く。
全幅は従来モデルより100mm広がって、1665mmに。真後ろからだと“フツウの”小型車に見える。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る