第129回:Eクラスがさらに安全に 〜新設定された「レーダーセーフティパッケージ」を体験する

2011.11.17 エッセイ

第129回:Eクラスがさらに安全に〜新設定された「レーダーセーフティパッケージ」を体験する

5つの“とりで”

2011年11月14日に発表された「メルセデス・ベンツEクラス」のマイナーチェンジモデルに、「レーダーセーフティパッケージ」が導入された。この装備は、走行中に車両の前後左右に向けてレーダー波を飛ばして周囲の車両や障害物を検知し、必要に応じて自動的にブレーキを作動させるなどして衝突を回避、あるいは回避できずとも、衝突時の衝撃を軽減するための予防安全システムだ。

まず大前提として「レーダーセーフティパッケージ」には以下の5つの機能が備わる。そしてこれらが単独、あるいは組み合わせられて機能し、危険を回避するようになっている。

・PRE-SAFEブレーキ
・BAS(ブレーキ・アシスト・システム)プラス
・ディストロニック・プラス
・アクティブブラインドスポットアシスト
・アクティブレーンキーピングアシスト

走行中にドライバーが前方の車両や障害物に気づかず接近すると、まず音とメーター表示で警告する(第1段階)。それでもドライバーが反応しなければ、自動的に40%の制動力でブレーキがかかると同時に、シートベルトが巻き上げられる。また助手席のシートポジションが、シートベルトやエアバッグの効果が最大となるよう修正される(第2段階)。

意識のあるドライバーなら、この段階で何らかの異常事態を把握してブレーキをかけるだろうが、さらにドライバーが何も反応しない、あるいはできない場合、最大制動力のブレーキが自動的にかかり、運がよければ衝突を回避でき、衝突してしまっても衝撃が軽減され、不幸中の幸いということになる(第3段階)。

これが「PRE-SAFEブレーキ」だ。どこかの段階でドライバーがブレーキ操作をした場合、(ドライバーの踏力に関係なく)最大の制動力となるようアシストする「BASプラス」も組み合わせられる。

車両前方の検知にはフロントグリル内に設置された77GHz帯ミリ波レーダーが用いられるのだが、このレーダーはクルーズコントロールを使っての走行中、前方車両との間隔を一定に保ち、前方車両が完全停止するとこちらも完全停止する「ディストロニック・プラス」にも使用される。

「PRE-SAFEブレーキ」が作動して、障害物との衝突を回避したところ。新安全装備の体験会は、大磯プリンスホテルの駐車場に作られた特設コースで行われた。
第129回:Eクラスがさらに安全に 〜新設定された「レーダーセーフティパッケージ」を体験する
フロントグリル内に77GHz帯ミリ波レーダー、車体の前後左右に24GHz帯の超広帯域レーダーを備える。
第129回:Eクラスがさらに安全に 〜新設定された「レーダーセーフティパッケージ」を体験する
さらにフロントウィンドウ上部にはカメラを搭載している。
第129回:Eクラスがさらに安全に 〜新設定された「レーダーセーフティパッケージ」を体験する
「ディストロニック・プラス」により、先行車に追従しているところ。前方のクルマが加速すれば自動的に加速し、停止すればこちらも止まる。0〜200km/hの範囲で作動する。
第129回:Eクラスがさらに安全に 〜新設定された「レーダーセーフティパッケージ」を体験する

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ