エクスプローラーに370psの最上級モデルが登場

2015.12.16 自動車ニュース

「フォード・エクスプローラー」に最高出力370psの「タイタニアム」登場

フォード・ジャパン・リミテッドは2015年12月16日、SUV「エクスプローラー」に新グレード「Titanium(タイタニアム)」を設定し、2016年3月5日に発売すると発表した。

エクスプローラー タイタニアムは3.5リッターV6ツインターボエンジン「V6 3.5L EcoBoost」を搭載した、エクスプローラーの最上級モデルである。同エンジンには筒内直接燃料噴射やTi-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)などの技術が採用されており、最高出力370ps、最大トルク48.3kgmを発生。トルコン式の6段ATが組み合わされ、4輪を駆動する。

内外装でもほかのグレードとの差別化を図っており、エクステリアには切削加工の20インチアルミホイールや専用デュアルエグゾーストパイプとスキッドプレート、LEDフロントフォグランプなどを採用。フロントグリルはメッシュタイプで、ルーフレールやドアハンドルともどもサテンクロム調仕上げとしている。

一方インテリアでは、ウッドインサート本革巻きステアリングホイールやキルティング調ステッチ入りのニルヴァーナレザーシートを装備。インストゥルメントパネルやドアパネル、アームレストにもニルヴァーナレザーを採用するほか、インストゥルメントパネルとドアパネルにはヘアライン仕上げのアルミニウムとアッシュウッドを用いている。

装備も充実しており、ソニー製の500Wプレミアムサウンドシステムや、アナログメーターを表示する同車専用の10インチカラーディスプレイメーターパネルを搭載している。

ボディーカラーは「ホワイトプラチナム メタリック」「シャドーブラック メタリック」「マグネティック メタリック」「ルビーレッド メタリック」「ブロンズファイヤー メタリック」「カリブー メタリック」「ブルージーンズ メタリック」「ガード メタリック」の全8色。いずれの場合も、インテリアカラーは「ミディアムソフトセラミック」との組み合わせとなる。

価格は635万円。

(webCG)
 

「フォード・エクスプローラー タイタニアム」


	「フォード・エクスプローラー タイタニアム」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
ホームへ戻る