エクスプローラーに370psの最上級モデルが登場

370psのV6ターボを搭載。「フォード・エクスプローラー」に新たな最上級モデル。 2015.12.16 自動車ニュース

「フォード・エクスプローラー」に最高出力370psの「タイタニアム」登場

フォード・ジャパン・リミテッドは2015年12月16日、SUV「エクスプローラー」に新グレード「Titanium(タイタニアム)」を設定し、2016年3月5日に発売すると発表した。

エクスプローラー タイタニアムは3.5リッターV6ツインターボエンジン「V6 3.5L EcoBoost」を搭載した、エクスプローラーの最上級モデルである。同エンジンには筒内直接燃料噴射やTi-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)などの技術が採用されており、最高出力370ps、最大トルク48.3kgmを発生。トルコン式の6段ATが組み合わされ、4輪を駆動する。

内外装でもほかのグレードとの差別化を図っており、エクステリアには切削加工の20インチアルミホイールや専用デュアルエグゾーストパイプとスキッドプレート、LEDフロントフォグランプなどを採用。フロントグリルはメッシュタイプで、ルーフレールやドアハンドルともどもサテンクロム調仕上げとしている。

一方インテリアでは、ウッドインサート本革巻きステアリングホイールやキルティング調ステッチ入りのニルヴァーナレザーシートを装備。インストゥルメントパネルやドアパネル、アームレストにもニルヴァーナレザーを採用するほか、インストゥルメントパネルとドアパネルにはヘアライン仕上げのアルミニウムとアッシュウッドを用いている。

装備も充実しており、ソニー製の500Wプレミアムサウンドシステムや、アナログメーターを表示する同車専用の10インチカラーディスプレイメーターパネルを搭載している。

ボディーカラーは「ホワイトプラチナム メタリック」「シャドーブラック メタリック」「マグネティック メタリック」「ルビーレッド メタリック」「ブロンズファイヤー メタリック」「カリブー メタリック」「ブルージーンズ メタリック」「ガード メタリック」の全8色。いずれの場合も、インテリアカラーは「ミディアムソフトセラミック」との組み合わせとなる。

価格は635万円。

(webCG)
 

「フォード・エクスプローラー タイタニアム」


	「フォード・エクスプローラー タイタニアム」
	拡大

関連キーワード:
エクスプローラーフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラーXLTエコブースト(FF/6AT)【レビュー】 2015.10.16 試乗記 大規模な改良を受けた「フォード・エクスプローラー」に試乗。2リッターエコブーストエンジンが2.3リッターに換装されて力強さを増し、フロントグリルの存在感が強まった最新型は、こんな「悩み」を抱えている人にお薦めだ。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
  • フォード・エクスプローラー XLTエコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2012.2.26 試乗記 フォード・エクスプローラー XLTエコブースト(FF/6AT)
    ……440万円

    「エクスプローラー」に、ターボ、直噴、可変バルブタイミング機構を組み合わせた次世代エンジン「EcoBoost(エコブースト)」搭載グレードが追加された。フォード最新低燃費モデルの走りを試す。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る