エクスプローラーに370psの最上級モデルが登場

370psのV6ターボを搭載。「フォード・エクスプローラー」に新たな最上級モデル。 2015.12.16 自動車ニュース

「フォード・エクスプローラー」に最高出力370psの「タイタニアム」登場

フォード・ジャパン・リミテッドは2015年12月16日、SUV「エクスプローラー」に新グレード「Titanium(タイタニアム)」を設定し、2016年3月5日に発売すると発表した。

エクスプローラー タイタニアムは3.5リッターV6ツインターボエンジン「V6 3.5L EcoBoost」を搭載した、エクスプローラーの最上級モデルである。同エンジンには筒内直接燃料噴射やTi-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)などの技術が採用されており、最高出力370ps、最大トルク48.3kgmを発生。トルコン式の6段ATが組み合わされ、4輪を駆動する。

内外装でもほかのグレードとの差別化を図っており、エクステリアには切削加工の20インチアルミホイールや専用デュアルエグゾーストパイプとスキッドプレート、LEDフロントフォグランプなどを採用。フロントグリルはメッシュタイプで、ルーフレールやドアハンドルともどもサテンクロム調仕上げとしている。

一方インテリアでは、ウッドインサート本革巻きステアリングホイールやキルティング調ステッチ入りのニルヴァーナレザーシートを装備。インストゥルメントパネルやドアパネル、アームレストにもニルヴァーナレザーを採用するほか、インストゥルメントパネルとドアパネルにはヘアライン仕上げのアルミニウムとアッシュウッドを用いている。

装備も充実しており、ソニー製の500Wプレミアムサウンドシステムや、アナログメーターを表示する同車専用の10インチカラーディスプレイメーターパネルを搭載している。

ボディーカラーは「ホワイトプラチナム メタリック」「シャドーブラック メタリック」「マグネティック メタリック」「ルビーレッド メタリック」「ブロンズファイヤー メタリック」「カリブー メタリック」「ブルージーンズ メタリック」「ガード メタリック」の全8色。いずれの場合も、インテリアカラーは「ミディアムソフトセラミック」との組み合わせとなる。

価格は635万円。

(webCG)
 

「フォード・エクスプローラー タイタニアム」


	「フォード・エクスプローラー タイタニアム」
	拡大

関連キーワード:
エクスプローラーフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォードF-150ラプター(4WD/10AT)【試乗記】 2018.3.2 試乗記 これぞオフロードのスーパーカー! アメリカにおける不動のベストセラー「フォードF-150」のハイパフォーマンスバージョンにあたる「ラプター」を、まさかの日本で試乗。荒野を走破するためだけに開発されたモンスターの、意外な一面をリポートする。
  • ハスクバーナ・ヴィットピレン701(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.12 試乗記 北欧のバイクブランド、ハスクバーナから待望のロードモデル「ヴィットピレン701」が登場。700ccクラスのビッグシングルエンジンと、250ccクラスに比肩する軽さが織り成す走りとは? “白い矢”という名を冠したニューモデルの実力をリポートする。
  • ドゥカティ・スクランブラー1100スペシャル(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.7 試乗記 往年のダートトラッカーを思わせるスタイリングと、ビート感あふれるL型2気筒エンジンが魅力の「ドゥカティ・スクランブラー」シリーズに、リッターオーバーの大排気量を誇る「1100」が登場。その出来栄えを、ポルトガルのワインディングロードで確かめた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る