キャデラックCTS一部改良、ナビに新機能を採用

2015.12.15 自動車ニュース

GMが「キャデラックCTS」を一部改良、カーナビに新機能を搭載

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2015年12月15日、一部改良を受けたキャデラックの4ドアセダン「CTS」の日本導入を発表した。2016年1月9日の発売を予定している。

今回の改良では、トランスミッションに既存の6段ATに代えて新たにアイドリングストップ機構付きの8段ATを採用。また統合制御ナビゲーションシステム「CUE」を、全車標準装備としたほか、アップル社のスマートフォン「iPhone」をタッチスクリーンなどの車載インターフェイスで操作可能とする「Apple CarPlay」を新たに採用した。

このほかにも、CUEにはモニターに車両を上方から見下ろしたような画像を表示し、バック駐車や縦列駐車の操作をアシストする新機能「サラウンドビジョン」を搭載した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・CTSセダン プレミアム:790万円

(webCG)
 

「キャデラックCTSセダン プレミアム」


	「キャデラックCTSセダン プレミアム」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回:流し撮り名人、「CTS」を射抜く!
    池之平昌信カメラマンが語る新しい「キャデラックCTS」
    2017.6.5 NewキャデラックCTSセダン日常劇場<PR> 「キャデラックCTS」の日常劇場が帰ってきた! マイナーチェンジを受けてより魅力的に進化したCTSの実力を、今回のシリーズでは4回にわたってリポートする。第1回は“流し撮り職人”、池之平昌信カメラマンが新しいCTSの走りを射抜く!
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • BMWが新型「5シリーズ ツーリング」を発売 2017.6.22 自動車ニュース BMWが新型「BMW 5シリーズ ツーリング」を発売した。荷室容量は5人乗車時で570リッター、後席をたたんだ状態で1700リッター。優れた空力性能も特徴で、ディーゼルモデルの「523d」では19.4km/リッターという燃費を実現している。
ホームへ戻る