FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開【LAショー2011】

2011.11.17 自動車ニュース
「スバルBRZコンセプト -STI-」
FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開【LAショー2011】

【LAショー2011】FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開

富士重工業は、2011年11月16日のプレスデイで開幕したロサンゼルスオートショーで、トヨタ自動車と共同で開発を進めている新型FRスポーツカー「スバルBRZ」のコンセプトモデル「スバルBRZコンセプト -STI-」を公開した。

このコンセプトカーは、「スバルBRZが持つ将来の発展性を示すひとつのかたち」を示しており、最高のハンドリング性能をイメージして作られたという。

フロントフェイスにはヘキサゴン(六角形)のアンダーグリル、「ホークアイモチーフ」のヘッドライト、フィン形状のフォグランプが採用されており、一目でスバルとわかるデザインを目指した。また、STI製フロントアンダースポイラーと車体後部のウイング型スポイラーによって空力性能を高め、優れた直進安定性とハンドリング性能の実現を狙った。

一方、力強く張り出したリアフェンダー、大型のリアディフューザーなどで、STIが持つパフォーマンスイメージを訴求している。すでに「WRX STI」の一部モデルに採用されているカーボンルーフを 装着して、軽量化と低重心化を実現し、「WRブルーパールII」のボディカラーを採用してレーシングイメージを高めた。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4230×1800×1280mm、ホイールベースは2570mmと発表されている。

搭載されるエンジンは、BRZ専用となる2リッター水平対向4気筒ガソリンユニット。ボア×ストロークは86×86mmのスクエアストロークで、トヨタの直噴技術“D-4S”が組み合わされている。既存のスバル車に対して、約120mm低く、約240mmキャビンに寄せてマウントすることで、世界でもトップレベルの低重心化を実現したという。

サスペンションには横剛性に優れたSTIチューンをほどこし、STI製の軽量18インチアルミホイールを装着。BRZが持つハンドリング性能に、さらに磨きをかけた。ブレーキはブレンボ製。前:215/45R18、後:225/45R18サイズのタイヤを装着している。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
BRZスバルロサンゼルスモーターショー2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • スバルBRZ tS(FR/6MT)【試乗記】 2015.6.30 試乗記 およそ2年ぶりに発売された、台数限定のチューンドカー「スバルBRZ tS」に試乗。「大人の感性にうったえたい」「同乗者にも楽しんでもらいたい」と開発陣も意気込む、その実力やいかに?
  • 【東京モーターショー2017】スバル、「BRZ STIスポーツ」を発表 2017.9.25 自動車ニュース スバルが「BRZ STIスポーツ」を東京モーターショーで発表する。スバルとSTIが共同開発した「BRZ」の最上級グレードで、ボディー剛性の向上と足まわりの専用チューニングにより、ドライバーが意のままに操れるハンドリング特性と上質な乗り心地を実現している。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2016.9.24 試乗記 2リッター水平対向エンジンを搭載したスバルのFRスポーツ「BRZ」が、エンジン、ボディー、足まわりに手を加える大幅改良を受けた。試乗を通してその実力を測るとともに、「スポーツカー天国」ニッポンに生まれたシアワセについて考えた。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スバルBRZ S(前編) 2016.10.20 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は、さまざまな改良が施されて大幅に進化したと評判の「スバルBRZ」である。新旧の違いを、谷口に詳しく語ってもらおう。
ホームへ戻る