FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開【LAショー2011】

2011.11.17 自動車ニュース
「スバルBRZコンセプト -STI-」
FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開【LAショー2011】

【LAショー2011】FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開

富士重工業は、2011年11月16日のプレスデイで開幕したロサンゼルスオートショーで、トヨタ自動車と共同で開発を進めている新型FRスポーツカー「スバルBRZ」のコンセプトモデル「スバルBRZコンセプト -STI-」を公開した。

このコンセプトカーは、「スバルBRZが持つ将来の発展性を示すひとつのかたち」を示しており、最高のハンドリング性能をイメージして作られたという。

フロントフェイスにはヘキサゴン(六角形)のアンダーグリル、「ホークアイモチーフ」のヘッドライト、フィン形状のフォグランプが採用されており、一目でスバルとわかるデザインを目指した。また、STI製フロントアンダースポイラーと車体後部のウイング型スポイラーによって空力性能を高め、優れた直進安定性とハンドリング性能の実現を狙った。

一方、力強く張り出したリアフェンダー、大型のリアディフューザーなどで、STIが持つパフォーマンスイメージを訴求している。すでに「WRX STI」の一部モデルに採用されているカーボンルーフを 装着して、軽量化と低重心化を実現し、「WRブルーパールII」のボディカラーを採用してレーシングイメージを高めた。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4230×1800×1280mm、ホイールベースは2570mmと発表されている。

搭載されるエンジンは、BRZ専用となる2リッター水平対向4気筒ガソリンユニット。ボア×ストロークは86×86mmのスクエアストロークで、トヨタの直噴技術“D-4S”が組み合わされている。既存のスバル車に対して、約120mm低く、約240mmキャビンに寄せてマウントすることで、世界でもトップレベルの低重心化を実現したという。

サスペンションには横剛性に優れたSTIチューンをほどこし、STI製の軽量18インチアルミホイールを装着。BRZが持つハンドリング性能に、さらに磨きをかけた。ブレーキはブレンボ製。前:215/45R18、後:225/45R18サイズのタイヤを装着している。

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

BRZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • ポルシェ、新型「パナメーラ/パナメーラ4」の一部仕様を変更 2016.12.22 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは、新型「パナメーラ」「パナメーラ4」の一部仕様を変更すると発表した。エアサスペンションが標準装備となり、それに伴い価格も変更された。新価格は、パナメーラが1132万8000円で、パナメーラ4が1182万8000円。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る