FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開【LAショー2011】

2011.11.17 自動車ニュース
「スバルBRZコンセプト -STI-」
FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開【LAショー2011】

【LAショー2011】FRスポーツ「スバルBRZコンセプト -STI-」公開

富士重工業は、2011年11月16日のプレスデイで開幕したロサンゼルスオートショーで、トヨタ自動車と共同で開発を進めている新型FRスポーツカー「スバルBRZ」のコンセプトモデル「スバルBRZコンセプト -STI-」を公開した。

このコンセプトカーは、「スバルBRZが持つ将来の発展性を示すひとつのかたち」を示しており、最高のハンドリング性能をイメージして作られたという。

フロントフェイスにはヘキサゴン(六角形)のアンダーグリル、「ホークアイモチーフ」のヘッドライト、フィン形状のフォグランプが採用されており、一目でスバルとわかるデザインを目指した。また、STI製フロントアンダースポイラーと車体後部のウイング型スポイラーによって空力性能を高め、優れた直進安定性とハンドリング性能の実現を狙った。

一方、力強く張り出したリアフェンダー、大型のリアディフューザーなどで、STIが持つパフォーマンスイメージを訴求している。すでに「WRX STI」の一部モデルに採用されているカーボンルーフを 装着して、軽量化と低重心化を実現し、「WRブルーパールII」のボディカラーを採用してレーシングイメージを高めた。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4230×1800×1280mm、ホイールベースは2570mmと発表されている。

搭載されるエンジンは、BRZ専用となる2リッター水平対向4気筒ガソリンユニット。ボア×ストロークは86×86mmのスクエアストロークで、トヨタの直噴技術“D-4S”が組み合わされている。既存のスバル車に対して、約120mm低く、約240mmキャビンに寄せてマウントすることで、世界でもトップレベルの低重心化を実現したという。

サスペンションには横剛性に優れたSTIチューンをほどこし、STI製の軽量18インチアルミホイールを装着。BRZが持つハンドリング性能に、さらに磨きをかけた。ブレーキはブレンボ製。前:215/45R18、後:225/45R18サイズのタイヤを装着している。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
BRZスバルロサンゼルスモーターショー2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • レクサスRX450hL/NX300“Fスポーツ”/CT200h“バージョンL”【試乗記】 2018.2.20 試乗記 電動格納式サードシートを採用した、7人乗りのロングバージョン「RX450hL」が登場。レクサスブランドを支えるSUVモデル、そのアドバンテージとは? 昨年登場した「NX」「CT200h」のマイナーチェンジモデルとともにリポートする。
ホームへ戻る