日産、エクストレイルの安全装備を強化

2015.12.16 自動車ニュース
「日産エクストレイル20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」
「日産エクストレイル20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」

日産が「エクストレイル」の安全装備を強化

日産自動車は2015年12月16日、SUV「エクストレイル」の一部仕様を変更し安全装備の強化を図るとともに、特別仕様車「20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」を追加設定するなどして、同日、販売を開始した。

「エクストレイル20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」
「エクストレイル20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」
「エクストレイル20Xtブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”」
「エクストレイル20Xtブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”」
「エクストレイル20S“エマージェンシーブレーキパッケージ”」
「エクストレイル20S“エマージェンシーブレーキパッケージ”」

今回、エクストレイルの全グレードに、自動ブレーキシステムの「エマージェンシーブレーキ」と、車線の逸脱を警告する「LDW(車線逸脱警報)」、ペダルの踏み間違いによる衝突回避を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」が与えられた。
また、ガソリン車全車に、暖房の利きを早める「PTC素子ヒーター」を装備。ハイブリッド車の「20X」および「エクストリーマーシリーズ」にリモコンオートバックドアを与えることで、快適性と利便性の向上も図られた。

雄大なサバンナの大地を照らす、太陽の力強い色をイメージしたというボディーカラー「キャニオンブロンズ」も追加されている。

グレード構成も見直され、FFのガソリン車とハイブリッド車に、新たなエントリーグレード「20S“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をラインナップ。
さらに、ガソリン車には、人気のオプション(LEDヘッドランプ、フォグランプ、リモコンオートバックドア、ルーフレール、アラウンドビューモニター、ナビゲーションシステムなど)を装備する特別仕様車「20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」と、これをベースに一段と精悍(せいかん)で力強いスタイルを表現した「20Xtブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”」が設定された。

価格は、ガソリンエンジン車が、20S“エマージェンシーブレーキパッケージ”(FF/CVT)の223万8840円から20Xtブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”(4WD/CVT)の325万8360円まで。ハイブリッド車が、20Sハイブリッド“エマージェンシーブレーキパッケージ”(FF/CVT)の266万9760円から20Xハイブリッド ブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”(4WD/CVT)の329万4000円まで。

(webCG)

関連記事 ホームへ戻る