日産、エクストレイルの安全装備を強化

2015.12.16 自動車ニュース
「日産エクストレイル20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」
「日産エクストレイル20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」 拡大

日産が「エクストレイル」の安全装備を強化

日産自動車は2015年12月16日、SUV「エクストレイル」の一部仕様を変更し安全装備の強化を図るとともに、特別仕様車「20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」を追加設定するなどして、同日、販売を開始した。

「エクストレイル20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」
「エクストレイル20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」 拡大
「エクストレイル20Xtブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”」
「エクストレイル20Xtブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”」 拡大
「エクストレイル20S“エマージェンシーブレーキパッケージ”」
「エクストレイル20S“エマージェンシーブレーキパッケージ”」 拡大

今回、エクストレイルの全グレードに、自動ブレーキシステムの「エマージェンシーブレーキ」と、車線の逸脱を警告する「LDW(車線逸脱警報)」、ペダルの踏み間違いによる衝突回避を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」が与えられた。
また、ガソリン車全車に、暖房の利きを早める「PTC素子ヒーター」を装備。ハイブリッド車の「20X」および「エクストリーマーシリーズ」にリモコンオートバックドアを与えることで、快適性と利便性の向上も図られた。

雄大なサバンナの大地を照らす、太陽の力強い色をイメージしたというボディーカラー「キャニオンブロンズ」も追加されている。

グレード構成も見直され、FFのガソリン車とハイブリッド車に、新たなエントリーグレード「20S“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をラインナップ。
さらに、ガソリン車には、人気のオプション(LEDヘッドランプ、フォグランプ、リモコンオートバックドア、ルーフレール、アラウンドビューモニター、ナビゲーションシステムなど)を装備する特別仕様車「20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」と、これをベースに一段と精悍(せいかん)で力強いスタイルを表現した「20Xtブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”」が設定された。

価格は、ガソリンエンジン車が、20S“エマージェンシーブレーキパッケージ”(FF/CVT)の223万8840円から20Xtブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”(4WD/CVT)の325万8360円まで。ハイブリッド車が、20Sハイブリッド“エマージェンシーブレーキパッケージ”(FF/CVT)の266万9760円から20Xハイブリッド ブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”(4WD/CVT)の329万4000円まで。

(webCG)

関連キーワード:
エクストレイル日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
ホームへ戻る