マツダがフレアクロスオーバーを一部改良

2015.12.18 自動車ニュース
「マツダ・フレアクロスオーバーXT」
「マツダ・フレアクロスオーバーXT」

マツダが「フレアクロスオーバー」を一部改良

マツダは2015年12月18日、軽規格のクロスオーバー車「フレアクロスオーバー」に一部改良を実施し、販売を開始した。

 
マツダがフレアクロスオーバーを一部改良の画像
 
マツダがフレアクロスオーバーを一部改良の画像

フレアクロスオーバーは、マツダがスズキからOEM供給を受けて販売している軽乗用車であり、「スズキ・ハスラー」の姉妹モデルにあたる。

改良の内容は、2015年12月7日にハスラーに施された一部改良に準じたもので、具体的な変更点は以下の通り。

・ターボ車「XT」にモーターアシスト機能「S-エネチャージ」を採用
・衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を採用(XS、XT)
・新色「アクティブイエロー2トーンカラー(ブラックルーフ)」を追加
・シート表皮(ファブリック)デザインの変更
・ステアリングオーディオスイッチの採用(XS、XT)
・助手席シートヒーターの採用

価格は133万8120円~168万4800円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る