マツダがフレアクロスオーバーを一部改良

2015.12.18 自動車ニュース
「マツダ・フレアクロスオーバーXT」
「マツダ・フレアクロスオーバーXT」 拡大

マツダが「フレアクロスオーバー」を一部改良

マツダは2015年12月18日、軽規格のクロスオーバー車「フレアクロスオーバー」に一部改良を実施し、販売を開始した。

フレアクロスオーバーは、マツダがスズキからOEM供給を受けて販売している軽乗用車であり、「スズキ・ハスラー」の姉妹モデルにあたる。

改良の内容は、2015年12月7日にハスラーに施された一部改良に準じたもので、具体的な変更点は以下の通り。

・ターボ車「XT」にモーターアシスト機能「S-エネチャージ」を採用
・衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を採用(XS、XT)
・新色「アクティブイエロー2トーンカラー(ブラックルーフ)」を追加
・シート表皮(ファブリック)デザインの変更
・ステアリングオーディオスイッチの採用(XS、XT)
・助手席シートヒーターの採用

価格は133万8120円~168万4800円。

(webCG)
 

関連キーワード:
フレアクロスオーバーマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダがフレアクロスオーバーを一部改良 2015.12.18 自動車ニュース マツダが軽乗用車「フレアクロスオーバー」に一部改良を実施。ターボ車にもモーターアシスト機能「S-エネチャージ」を搭載したほか、ステレオカメラ方式の運転支援システムやステアリングオーディオスイッチ、助手席シートヒーターなどを新たに採用した。
  • マツダが新型軽「フレアクロスオーバー」を発表 2013.12.27 自動車ニュース マツダがSUVタイプの新型軽乗用車「フレアクロスオーバー」を発表した。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.2.26 試乗記 スズキが誇る“ちっちゃなヨンク3兄弟”の最新モデル「クロスビー」。5ナンバーサイズに余裕でおさまる小柄なボディーと、ワゴン的にも使えるユーティリティーが自慢のコンパクトSUVは、実はマイカーとするうえで非常に悩ましい問題(?)を抱えていた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る