マツダ、軽商用車のスクラムバンを一部改良

2015.12.18 自動車ニュース

マツダ、軽商用車の「スクラムバン」を一部改良

マツダは2015年12月18日、軽商用車「スクラムバン」に一部改良を実施し、発売した。

スクラムバンはマツダがスズキからOEM供給を受けて販売しているバンタイプの軽商用車であり、「スズキ・エブリイ」の姉妹モデルにあたる。

今回の改良では、「PA」の「オートギアシフト(AGS)」搭載車にABSとヒルホールドコントロールを標準装備した。

また新グレードとして、PAのAGS搭載車をベースに衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポート」やキーレスエントリーシステムなどを追加した「PAスペシャル」と、「PC」のAGS搭載車をベースにドアミラー格納機構やCDプレーヤーなどを追加した「PCスペシャル」を設定した。

両グレードの具体的な装備は以下の通り。

【PAスペシャル】
・レーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)
・誤発進抑制機能
・エマージェンシーストップシグナル
・DSC(ダイナミックスタビリティーコントロール)&TCS(トラクションコントロールシステム)
・キーレスエントリーシステム
・セキュリティーアラームシステム
 ・ダークティンテッドガラス(リアドア、リアクオーター、バックドア)

【PCスペシャル】(2016年2月発売予定)
 ・AM/FMラジオ付きCDプレーヤー
・2スピーカー(フロント)
・電動格納式カラードドアミラー
・ドアミラーサイドアンダーミラー(助手席側)
・ヒーテッドドアミラー(4WD車)

価格は92万3400円~131万40円。

(webCG)
 

「マツダ・スクラムバンPAスペシャル」
「マツダ・スクラムバンPAスペシャル」 拡大

関連キーワード:
スクラムワゴンマツダ国産その他自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ、「スクラム」シリーズを一部改良 2000.5.26 自動車ニュース マツダは、軽自動車「スクラム」シリーズを一部改良し、5月24日より発売した。今回の改良では、主に安全装備の充実が図られている。トラック「KL」を除くすべての車種について、運転席及び助手席SRSエアバッグシステム、4W-ABS、前席プリテンショナー機構付シートベルト等を標準装備、またはメーカーオプション設定した。「大人4人がゆったりとくつろぐことのできる室内空間」ということがセリングポイントの「ワゴン」では、エンジン性能と外観の質感を向上させている。エンジンでは、主に高速域での性能を向上させるために、ノックセンサー及び過給圧制御装置を追加し、インタークーラー取付位置を変更した。外観面では、フロントグリル、ボンネット、バンパーなどのデザインの変更、リアスライドドアレールのメッキ化、ハロゲンタイプヘッドライトからマルチリフレクタータイプヘッドライトへの変更などが施されている。「バン」「トラック」では機種体系の見直しを行なうとともに、一部機種については値下げを実施している。価格は、「ワゴン」の2WD車が114.5万円、4WD車が153.3万円。「バン」の2WD車が78.8万円、108.4万円。「トラック」の2WD車が55.5万円、4WD車が93.5万円となる。 マツダ、「スクラム」サイト: http://lineup.mazda.co.jp/RV/scrum/
  • マツダの新型スクラムバン、スクラムワゴン発売 2015.3.10 自動車ニュース マツダの軽ワンボックスが新型に。クラストップレベルの広さと燃費を実現。
  • 「ロータス・エヴォーラ」に高性能グレード「GT410スポーツ」が登場 2018.3.15 自動車ニュース 「ロータス・エヴォーラ」に新グレードの「GT410スポーツ」が登場。「スポーツ410」の後継を担う高性能モデルで、さらなる軽量化と空力性能の改善によって動力性能が高められており、0-100km/h加速は4.1秒、最高速は305km/hと公称されている。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
  • ジュネーブモーターショー2018(その18) 2018.3.11 画像・写真 「アルピーヌA110」にFIA-GT4クラスの準拠のレーシングカー「A110 GT4」が登場。ロードカーについても「Légende」と「Pure」の2グレードが加わった。ルノーブースと併せて写真で紹介する。
ホームへ戻る