第113回:550スパイダーの不在で描かれる天才俳優の人生
『ディーン、君がいた瞬間(とき)』

2015.12.18 エッセイ

ポルシェで事故死した2人の俳優

早いもので、ポール・ウォーカーが自動車事故で亡くなってからもう2年になる。彼の死を乗り越えて製作された『ワイルド・スピード SKY MISSION』は大ヒットし、シリーズ8作目が2017年4月14日に公開されることも決まっている。今度は3部作で、いよいよ完結するらしい。

ポールは「ポルシェ・カレラGT」に乗って145km/hで街路樹に激突し、ほぼ即死状態だったといわれる。悲報を聞いた時、映画ファンの誰もがジェームズ・ディーンのことを思い出した。彼もまた、自動車事故で命を落としている。「ポルシェ550スパイダー」でレースに向かう途中、優先道路を直進していたところに突然左折してきたクルマが突っ込んだという。ボディーがあまりに低いため、対向車のドライバーが気づかなかったことが原因だといわれている。

初主演作の『エデンの東』が1955年3月9日に公開され、同年9月30日に24歳の生涯を閉じた。彼が俳優としてクレジットされている作品は、ほかに『理由なき反抗』『ジャイアンツ』があるだけだ。それでもジェームズ・ディーンの名は、映画史に刻み込まれている。わずか3本の映画で、新たな青春像を提示してみせたのだ。

それまでアメリカ映画の登場人物は、大人か子供のどちらかだった。彼は壁に直面して苦悩し必死に愛を求める青年を演じてみせた。反抗的でありながらどこか物憂げな表情をうかがわせる。そこには、誰も見たことのなかった傷つきやすい10代の青年がいた。だから彼は、“最初のアメリカン・ティーンエイジャー”と呼ばれることになる。

Photo Credit:Caitlin Cronenberg, (C)See-Saw Films
 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。