三菱eKカスタムT Safety Package(FF/CVT)

“飛び道具”が欲しい 2015.12.22 試乗記 発売から約2年を経て、燃費、走り、装備、デザインと全方位的な大幅改良を受けた「三菱eKワゴン/カスタム」。競争が激化する軽市場において、独自の存在感をどれだけ示せるか。絶対的な性能だけではなく、市場における“立ち位置”も含めてチェックしてみた。

【総評】着実に進化しているものの……★★★☆☆<3>

「Just Your Partner」、これがこのクルマが発売された際の商品コンセプトだ。ダイハツやスズキ、さらにホンダが擁する巨大艦隊に挑むとなれば、日産と手を組むのが最もふさわしいということで立ち上げたNMKV(Nissan Mitsubishi Kei Vehicle)だが、企業規模から考えても、ライバルのように多品種を送り出す体力はまだない。しばらくは、このeKワゴン/カスタムとスーパーハイトワゴンの「eKスペース」だけで勝負をしていかなければならない。

それでも、度重なる改良によってNMKVが実直にクルマをレベルアップさせてきたのは事実だ。せっかくいいものを出しても、他社がすぐにそれを超えるものを出すのでキリがない。そんなイタチごっこは今に始まったわけではないが、eKシリーズはもう少し評価されてもいいと思う。

特に今回の大幅改良では、デザイン、燃費、そして安全機能を進化させてきた。すでにアクティブセーフティーの領域では「FCM-City」(低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム)やオートライトコントロール、マルチアラウンドモニターなどが採用済みだったが、今回は軽自動車初となる、夜間走行時にハイビームからロービームへの切り替え、ハイビームへの復帰を自動で行う「オートマチックハイビーム」を搭載。この領域における着実な進歩を見せた。

走りに関しては、自然吸気(NA)モデルであっても普段の買い物の足としては不足なく、ターボモデルであれば動力性能に余裕があるのでダウンサイザーの要望にも応えてくれる。乗り味も初期モデルと比べてかなり向上しており、コーナリング時の路面に対するタイヤの接地感を向上させつつ、路面からの突き上げについては“角が取れた”仕上がりになっている。

このように、冒頭で触れた商品コンセプトの通りに日々のパートナーとしては十分な出来栄えのeKワゴン/カスタムだが、ライバルとの関係を考えると、もうひと押しできる「飛び道具」、つまり「セリングポイント」が欲しい。スポーティーな装備を備えたスペシャルモデルでもいいし、他社を確実にリードできる先進安全技術でもいい。デザインについて今以上の大きな進化が望めないのであればなおのこと、こうした部分をより強化してほしいと感じた。

<編集部注>各項目の採点は5点(★★★★★)が満点です。

現行型の「三菱eKワゴン」シリーズは2013年6月に登場。モデルチェンジに伴い、既存の派生モデルである「eKスポーツ」は廃止され、代わってドレスアップ仕様の「eKカスタム」が設定された。
現行型の「三菱eKワゴン」シリーズは2013年6月に登場。モデルチェンジに伴い、既存の派生モデルである「eKスポーツ」は廃止され、代わってドレスアップ仕様の「eKカスタム」が設定された。
フロントウィンドウの上部には、運転支援システムに用いられる赤外線レーザーやモノラルカメラなどが装備されている。
フロントウィンドウの上部には、運転支援システムに用いられる赤外線レーザーやモノラルカメラなどが装備されている。
今回の改良では、前走車や対向車の有無によってロービームとハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」が採用された。
今回の改良では、前走車や対向車の有無によってロービームとハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」が採用された。
バックモニターの映像はカーナビのディスプレイだけでなく、ルームミラー内にも表示することができる。
バックモニターの映像はカーナビのディスプレイだけでなく、ルームミラー内にも表示することができる。

「eKカスタム T Safety Package」のリアビュー。今回の改良で、新たにLEDリアコンビランプが採用された。


	「eKカスタム T Safety Package」のリアビュー。今回の改良で、新たにLEDリアコンビランプが採用された。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

eKカスタムの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る