ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)

“限定”だけが惜しい 2015.12.25 試乗記 クリーンディーゼル搭載の「ボルボV40 D4」に、スポーティーな「R-DESIGN」が200台限定で追加設定。メーカー純正のROMチューン「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」装着車両で、その仕上がりを確かめた。

D4に待望のR-DESIGN

輸入車にとってシェア拡大の切り札となっているクリーンディーゼル。ボルボも2015年7月、主要5モデルに「D4」と呼ばれるクリーンディーゼルを追加し、競合他社やわれわれモータージャーナリストの度肝を抜いたのは記憶に新しい。その後5カ月の販売データを見ると、V40をはじめ、「S60」「V60」では半数がD4、SUV系の「XC60」や「V40クロスカントリー」にいたっては約7割がD4というから、クリーンディーゼル投入の効果は狙いどおりに推移しているといっていいだろう。

ここでV40 D4のラインナップを確認すると、エントリーグレードの「V40 D4」と、装備がグレードアップする「V40 D4 SE」のふたつだけで、ガソリンの「T5」に設定される「R-DESIGN」はこれまで選ぶことができなかった。R-DESIGNといえばスポーティーな内外装が魅力のトップグレードであり、これだけD4比率が高くなると「ディーゼルにもR-DESIGNがほしいぞ!」という声が大きくなるのは自然の成り行きだ。

そんな期待に応えて、200台の限定ではあるが日本市場に投入されたのがV40 D4 R-DESIGNである。いまさらいうまでもないが、R-DESIGNのRが意味するのはRacingではなく、Refinement。なので、見た目はスポーティーになってはいるが、過激なまでに足まわりが鍛え上げられているとか、勇ましいエキゾーストノートが自慢といったクルマではない。洗練されたスポーティーさがウリというのが、他社の「R」とは違うところだ。

専用の内外装デザインやスポーツサスペンションなどを採用した「V40 D4 R-DESIGN」。200台限定で販売される。
専用の内外装デザインやスポーツサスペンションなどを採用した「V40 D4 R-DESIGN」。200台限定で販売される。
各所にアルミの装飾パネルが施された「V40 D4 R-DESIGN」のインテリア。シフトパドル付きの専用スポーツステアリングホイールが装備される。
各所にアルミの装飾パネルが施された「V40 D4 R-DESIGN」のインテリア。シフトパドル付きの専用スポーツステアリングホイールが装備される。
今回のテスト車は、メーカー純正のコンピューターチューニング「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施されており、エンジンの出力とトルクが高められていた。写真はテールゲートに装着された「polestar」リアエンブレム。
今回のテスト車は、メーカー純正のコンピューターチューニング「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施されており、エンジンの出力とトルクが高められていた。写真はテールゲートに装着された「polestar」リアエンブレム。
関連記事
  • ディーゼルの「ボルボV40」にスポーティーな限定車 2017.1.25 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年1月25日、スポーティーな装備を特徴とする特別仕様車「V40 D4 R-DESIGNポールスターエディション」を発表。同日、150台限定で発売した。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGNポールスターエディション(FF/8AT)【試乗記】 2017.1.25 試乗記 特別仕立ての内外装や足まわりに、パワーアップしたディーゼルエンジン、専用のエキゾーストシステムを組み合わせた、「ボルボV40」の限定車に試乗。今後のボルボの方向性を示す、スポーツハッチバックの実力を確かめた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る