クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)

“限定”だけが惜しい 2015.12.25 試乗記 クリーンディーゼル搭載の「ボルボV40 D4」に、スポーティーな「R-DESIGN」が200台限定で追加設定。メーカー純正のROMチューン「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」装着車両で、その仕上がりを確かめた。

D4に待望のR-DESIGN

輸入車にとってシェア拡大の切り札となっているクリーンディーゼル。ボルボも2015年7月、主要5モデルに「D4」と呼ばれるクリーンディーゼルを追加し、競合他社やわれわれモータージャーナリストの度肝を抜いたのは記憶に新しい。その後5カ月の販売データを見ると、V40をはじめ、「S60」「V60」では半数がD4、SUV系の「XC60」や「V40クロスカントリー」にいたっては約7割がD4というから、クリーンディーゼル投入の効果は狙いどおりに推移しているといっていいだろう。

ここでV40 D4のラインナップを確認すると、エントリーグレードの「V40 D4」と、装備がグレードアップする「V40 D4 SE」のふたつだけで、ガソリンの「T5」に設定される「R-DESIGN」はこれまで選ぶことができなかった。R-DESIGNといえばスポーティーな内外装が魅力のトップグレードであり、これだけD4比率が高くなると「ディーゼルにもR-DESIGNがほしいぞ!」という声が大きくなるのは自然の成り行きだ。

そんな期待に応えて、200台の限定ではあるが日本市場に投入されたのがV40 D4 R-DESIGNである。いまさらいうまでもないが、R-DESIGNのRが意味するのはRacingではなく、Refinement。なので、見た目はスポーティーになってはいるが、過激なまでに足まわりが鍛え上げられているとか、勇ましいエキゾーストノートが自慢といったクルマではない。洗練されたスポーティーさがウリというのが、他社の「R」とは違うところだ。

専用の内外装デザインやスポーツサスペンションなどを採用した「V40 D4 R-DESIGN」。200台限定で販売される。
専用の内外装デザインやスポーツサスペンションなどを採用した「V40 D4 R-DESIGN」。200台限定で販売される。 拡大
各所にアルミの装飾パネルが施された「V40 D4 R-DESIGN」のインテリア。シフトパドル付きの専用スポーツステアリングホイールが装備される。
各所にアルミの装飾パネルが施された「V40 D4 R-DESIGN」のインテリア。シフトパドル付きの専用スポーツステアリングホイールが装備される。 拡大
今回のテスト車は、メーカー純正のコンピューターチューニング「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施されており、エンジンの出力とトルクが高められていた。写真はテールゲートに装着された「polestar」リアエンブレム。
今回のテスト車は、メーカー純正のコンピューターチューニング「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施されており、エンジンの出力とトルクが高められていた。写真はテールゲートに装着された「polestar」リアエンブレム。 拡大

カッコよさてんこ盛り

もともとスタイリッシュで上質感あふれるV40だけに、R-DESIGNが上乗せされると、もはやカッコよさに隙がない。それでいて嫌みがなく、すっきりまとまっているのがまさにボルボ流だ。

たとえば、エクステリアでは、フロントグリルのメッシュがグロスブラックに、フレームがマットシルバーに。「そこ、そこが気になっていたんだよねぇ」というポイントに手が入れられているのだ。マットシルバーのドアミラーカバーもドレスアップには欠かせない部分。一方、リアディフューザーや大径のテールパイプはスポーティーさを強調するには格好のアイテム。「Ixion II」という専用デザインのアルミホイールもキマっている。

しかし、個人的にはエクステリア以上に、洗練されたインテリアがお気に入りのポイントだ。V40 D4 R-DESIGNでは、ナッパレザーの専用シートが装着されたり、シートやステアリングホイールなどにコントラストカラーのステッチが施されたり、さらに、アルミニウムパネルやブラックのルーフライナーがおごられたりと、このクラスで1、2を争う上質な仕上がりにはいつも目を奪われる。

そのうえ、今回は特別仕様車ということで、パノラマガラスルーフやプレミアムオーディオシステム、パークアシストといった装備がついて、D4 SEの60万円高で手に入るというのは、かなりのお買い得感だ。

エクステリアでは、ハイグロス仕上げのメッシュにメタルフレームを組み合わせたフロントグリルや、専用形状の前後バンパー、18インチ“iXION II”アルミホイールなどが「V40 D4 R-DESIGN」の特徴。


	エクステリアでは、ハイグロス仕上げのメッシュにメタルフレームを組み合わせたフロントグリルや、専用形状の前後バンパー、18インチ“iXION II”アルミホイールなどが「V40 D4 R-DESIGN」の特徴。
	拡大
ナッパレザーの専用シートやステアリングホイール、ハンドブレーキグリップ、シフトブーツには、白のステッチやパイピングなどが施されている。
ナッパレザーの専用シートやステアリングホイール、ハンドブレーキグリップ、シフトブーツには、白のステッチやパイピングなどが施されている。 拡大
今回の「V40 D4 R-DESIGN」には、パノラマガラスルーフやプレミアムサウンドオーディオシステム、縦列駐車の操作をアシストする「パーク・アシスト・パイロット」などが標準装備される。
今回の「V40 D4 R-DESIGN」には、パノラマガラスルーフやプレミアムサウンドオーディオシステム、縦列駐車の操作をアシストする「パーク・アシスト・パイロット」などが標準装備される。 拡大

ディーゼルホットハッチ!?

R-DESIGNのエンジンは標準と同じというのもお決まりで、V40 D4の場合は2リッターの排気量から最高出力190ps、最大トルク400Nm(40.8kgm)を絞り出す。さらに、この試乗車には「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」と呼ばれるエンジンのコンピューターチューンが施されていた。ポールスター・パフォーマンス・パッケージは正規ディーラーで購入できるオプションで、これが用意されるモデルでは約1割の人が選んでいるという人気のメニューだ。これにより、最高出力が10ps、最大トルクが40Nm高められている。

さっそく走りだすと、車両重量が1550kgと、見た目よりも重たいV40 D4が、発進から力強い動きを見せるのは相変わらず。2000rpm以下で大抵の状況は切り抜けられるし、アクセルペダルを踏み込めば、ドーンと押されるような圧倒的な加速が味わえる。しかも、ポールスター・パフォーマンス・パッケージのおかげで、2000rpmを超えてからのレスポンスが明らかに高まっており、数字以上に力強さも増している印象だ。そのトルクの太さは、紛れもなくホットハッチと呼ぶに値するレベルである。

中速域が充実したぶん、相対的に高回転域の伸びが鈍く感じられるものの、回さず速いのがディーゼルのうま味と思えば、そう目くじらを立てるところではない。D4エンジンが発するノイズや振動が気になることもあったが、この加速と引き換えなら、文句はないだろう。

ボディーカラーは「パッションレッド」「アイスホワイト」「クリスタルホワイトパール」「パワーブルーメタリック」「オニキスブラックメタリック」の全5色が用意されている。
ボディーカラーは「パッションレッド」「アイスホワイト」「クリスタルホワイトパール」「パワーブルーメタリック」「オニキスブラックメタリック」の全5色が用意されている。 拡大
最高出力190ps、最大トルク40.8kgmを発生する2リッターディーゼルターボエンジン。テスト車は「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」の装着により、最高出力が200psに、最大トルクが44.9kgmに高められていた。
最高出力190ps、最大トルク40.8kgmを発生する2リッターディーゼルターボエンジン。テスト車は「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」の装着により、最高出力が200psに、最大トルクが44.9kgmに高められていた。 拡大
センターコンソールには、ブルーのラインがレーシングストライプを思わせる意匠のアルミパネルが採用されている。
センターコンソールには、ブルーのラインがレーシングストライプを思わせる意匠のアルミパネルが採用されている。 拡大

少し硬めがいい感じ

V40 D4 R-DESIGNの足まわりだが、標準でスポーツサスペンションが装着される。デビュー当初のV40に採用されていたちょっと硬めの“ダイナミックシャシー”に比べて、さらにスプリングが前10%、後ろ7%強化されていることに加えて、ダンパーやスタビライザーなどもスポーティーな味付けとなったのが特徴だ。

それでも、快適なレベルを外さないのがR-DESIGNの持ち味。このV40 D4 R-DESIGNでも例外ではなく、少し硬めとはいえ直接的なショックを伝えることはない。やや重たいD4では、ガソリンのR-DESIGNに比べて良い意味で動きが穏やかになり、高速走行時のフラット感もまずまず。ワインディングロードでは鼻先の重さを感じるものの、ロールはよく抑えられていて、コンパクトなボディーと比較的短いホイールベースのおかげで、思った以上に軽快な動きを見せてくれる。

ガソリンエンジンのスポーツモデルと違って、エンジンを高回転まで回す楽しさは持ち合わせていないものの、それさえ除けばあらゆる速度域でスポーティーな走りが楽しめるV40 D4 R-DESIGN。もちろん、実用性や加速性能はノーマルのD4と変わらないが、ディーゼルといえども効率一辺倒ではなく、スタイリッシュで楽しいクルマがほしいという人には、このR-DESIGNは見逃せないはずだ。

それだけに、限定車ではなく、レギュラーモデルとして今後も継続して販売されることを切に願うのである。

(文=生方 聡/写真=高橋信宏)

足まわりには、減衰力の高いダンパーや、バネ定数の高いコイルスプリング、強化バンプストップ、強化リアスタビライザーなどが装備されている。
足まわりには、減衰力の高いダンパーや、バネ定数の高いコイルスプリング、強化バンプストップ、強化リアスタビライザーなどが装備されている。 拡大

足元は、ブラック塗装と切削加工を組み合わせたツートンの18インチ“Ixion II”アルミホイールでドレスアップ。タイヤサイズは225/40R18。


	足元は、ブラック塗装と切削加工を組み合わせたツートンの18インチ“Ixion II”アルミホイールでドレスアップ。タイヤサイズは225/40R18。
	拡大
「V40 D4 R-DESIGN」では、単眼式のデジタル液晶メーターにも専用のテーマカラーやスタートアップ画面などが採用されている。
「V40 D4 R-DESIGN」では、単眼式のデジタル液晶メーターにも専用のテーマカラーやスタートアップ画面などが採用されている。 拡大

リアビュー。ディフューザーや、シルクメタル仕上げの90mm径テールパイプなどでスポーティーに彩られている。


	リアビュー。ディフューザーや、シルクメタル仕上げの90mm径テールパイプなどでスポーティーに彩られている。
	拡大

テスト車のデータ

ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4370×1800×1440mm
ホイールベース:2645mm
車重:1550kg
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:200ps(147kW)/4000rpm
最大トルク:44.9kgm(440Nm)/1750-2250rpm
タイヤ:(前)225/40ZR18 92W/(後)225/40ZR18 92W(ミシュラン・パイロットスポーツ3)
燃費:20.0km/リッター(JC08モード)
価格:459万円/テスト車=488万1000円
オプション装備:クリスタルホワイトパールペイント(10万3000円)/ポールスター・パフォーマンス・パッケージ(18万8000円)

テスト車の年式:2015年型
テスト開始時の走行距離:1368km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(軽油)
参考燃費:--km/リッター
 

ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)
ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車) 拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事