ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)

“限定”だけが惜しい 2015.12.25 試乗記 クリーンディーゼル搭載の「ボルボV40 D4」に、スポーティーな「R-DESIGN」が200台限定で追加設定。メーカー純正のROMチューン「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」装着車両で、その仕上がりを確かめた。

D4に待望のR-DESIGN

輸入車にとってシェア拡大の切り札となっているクリーンディーゼル。ボルボも2015年7月、主要5モデルに「D4」と呼ばれるクリーンディーゼルを追加し、競合他社やわれわれモータージャーナリストの度肝を抜いたのは記憶に新しい。その後5カ月の販売データを見ると、V40をはじめ、「S60」「V60」では半数がD4、SUV系の「XC60」や「V40クロスカントリー」にいたっては約7割がD4というから、クリーンディーゼル投入の効果は狙いどおりに推移しているといっていいだろう。

ここでV40 D4のラインナップを確認すると、エントリーグレードの「V40 D4」と、装備がグレードアップする「V40 D4 SE」のふたつだけで、ガソリンの「T5」に設定される「R-DESIGN」はこれまで選ぶことができなかった。R-DESIGNといえばスポーティーな内外装が魅力のトップグレードであり、これだけD4比率が高くなると「ディーゼルにもR-DESIGNがほしいぞ!」という声が大きくなるのは自然の成り行きだ。

そんな期待に応えて、200台の限定ではあるが日本市場に投入されたのがV40 D4 R-DESIGNである。いまさらいうまでもないが、R-DESIGNのRが意味するのはRacingではなく、Refinement。なので、見た目はスポーティーになってはいるが、過激なまでに足まわりが鍛え上げられているとか、勇ましいエキゾーストノートが自慢といったクルマではない。洗練されたスポーティーさがウリというのが、他社の「R」とは違うところだ。

専用の内外装デザインやスポーツサスペンションなどを採用した「V40 D4 R-DESIGN」。200台限定で販売される。
専用の内外装デザインやスポーツサスペンションなどを採用した「V40 D4 R-DESIGN」。200台限定で販売される。
各所にアルミの装飾パネルが施された「V40 D4 R-DESIGN」のインテリア。シフトパドル付きの専用スポーツステアリングホイールが装備される。
各所にアルミの装飾パネルが施された「V40 D4 R-DESIGN」のインテリア。シフトパドル付きの専用スポーツステアリングホイールが装備される。
今回のテスト車は、メーカー純正のコンピューターチューニング「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施されており、エンジンの出力とトルクが高められていた。写真はテールゲートに装着された「polestar」リアエンブレム。
今回のテスト車は、メーカー純正のコンピューターチューニング「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施されており、エンジンの出力とトルクが高められていた。写真はテールゲートに装着された「polestar」リアエンブレム。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V40の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第7回:エコランでV40 D4の燃費を確かめる 2015.8.10 特集 すぐれた燃費性能がうたわれる、ボルボのクリーンディーゼル搭載車。では、実際に満タン・無給油で、どれだけの距離を走れるのか? “ミスター・テスター”笹目二朗が、「V40 D4 SE」でテストした。
  • ボルボV40 D4インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.21 試乗記 「ボルボV40」がデザイン変更と装備の強化を中心としたマイナーチェンジを受けた。これを機に、あらためてその実力を検証。新世代プラットフォームが話題を集めるボルボだが、現行世代には現行世代のよさがあった。
  • ボルボV40 D4 R-DESIGN(ポールスター・パフォーマンス・パッケージ装着車)(FF/8AT)【試乗記】 2015.12.25 試乗記 台数限定ではもったいない? 「ボルボV40」のディーゼルモデルにスポーティーな意匠とサスペンションチューニングが特徴の「R-DESIGN」が200台限定で登場。純正ROMチューンの「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」が施された車両に試乗し、その実力を確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
ホームへ戻る