レクサスGS F(FR/8AT)

俊敏でしなやか 2015.12.24 試乗記 5リッターV8エンジンを搭載する、レクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に、サーキットと一般道で試乗。開発陣が「これまでの“F”モデルで培ってきた、全ての技術と知見を注ぎ込んだ」と自信を見せる、走りの質を確かめた。

帰ってきた“4ドアのF”

“F”の称号を冠せられたレクサスの各モデル――その開発のふるさとのひとつが富士スピードウェイ、というのは、よく知られた話だ。

だから……というわけでもないだろうが、そんな開発の故郷にズラリと並べられたGS Fの姿は、そうしたシーンにぴたりとマッチをしているだけではなく、何だか随分と誇らしげに見えるような気がした。

2015年の年頭に開催されたデトロイトモーターショー。そこで初披露された、レクサス久々となる“4ドアのFモデル”GS Fに、ようやく乗れる日がきた。そして、その舞台として富士スピードウェイのレーシングコース(本コース)が選ばれたのだから、それはもう、心は躍らずにはいられない。

そんなテストデイは、夜半からの天気の崩れが予想されたものの、幸いにして日中は「雨の心配はナシ」。
ところで、新世代のFモデルとしては「RC F」が先行デビューしているが、それはモータースポーツ界のFIA GT3カテゴリーに、「2ドアクーペの市販車をベースとすること」という規定があったためであるという。
そもそも、ハイパフォーマンスなレクサス車として最初にローンチされたのは、「IS」ベースの4ドアモデル「IS F」だった。それを考えれば、RC Fベースで開発されたこの4ドアモデルは、あらためて「先祖返りを果たしたF」と表現してもいい一台であろう。

レクサスの高性能スポーツセダンとしては、2007年デビューの「IS F」以来となる「GS F」。日本国内では2015年11月26日に発売された。
レクサスの高性能スポーツセダンとしては、2007年デビューの「IS F」以来となる「GS F」。日本国内では2015年11月26日に発売された。
インテリアのデザインは、基本的に「GS」と共通。ただし、各部の材質や細かな意匠は、「GS F」用のものが採用されている。
インテリアのデザインは、基本的に「GS」と共通。ただし、各部の材質や細かな意匠は、「GS F」用のものが採用されている。
乗員の骨格や筋肉の流れに沿うような縫製パターンとステッチが採用された、ハイバックスポーツシート。表皮は、アルカンターラとセミアニリン本革とのコンビが標準で、セミアニリン本革のみの仕様もオプションとして用意される。
 
乗員の骨格や筋肉の流れに沿うような縫製パターンとステッチが採用された、ハイバックスポーツシート。表皮は、アルカンターラとセミアニリン本革とのコンビが標準で、セミアニリン本革のみの仕様もオプションとして用意される。
	 
「GS F」のリアエンブレム。“F”のマークが象徴的に用いられている。。
「GS F」のリアエンブレム。“F”のマークが象徴的に用いられている。。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GS Fの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2016.3.25 試乗記 477psの5リッターV8エンジンを搭載するレクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に試乗。サーキットで鍛えられた走行性能は、その一方でごく日常的な走りの場面において、どのような味わいをもたらしてくれるのだろうか。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――レクサスGS F(前編) 2016.6.9 mobileCG SUPER GTやD1グランプリなどで活躍中のレーシングドライバー、谷口信輝が本音でクルマを語り尽くす! 今回の試乗車は「レクサスGS F」。レクサスの粋を集めたスポーツセダンは、谷口の心をどう揺さぶったのだろうか。
  • レクサスGS F 2015.11.25 画像・写真 最高出力477ps、最大トルク54.0kgmを発生する、自然吸気の5リッターV8エンジンを搭載。レクサスの高性能スポーツセダン「GS F」が、2015年11月25日にデビューした。その姿を写真で紹介する。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
ホームへ戻る